【初めての二重整形】おすすめの二重の種類やグレードの違いは?

【初めての二重整形】おすすめの二重の種類やグレードの違いは? 【初めての二重整形】おすすめの二重の種類やグレードの違いは?

モデルさんや女優さんを見ていて、「こんなキレイな二重にしたい」、「もっと目を大きくしたい」と思ったことはありませんか?ぱっちりとしたナチュラルな目だったり、二重幅の広いメイクが映える目だったり、理想的な憧れの二重があると思います。
最近では、医療用の糸を使った埋没法で、誰もが簡単に短時間で理想的な二重になれるようになりました。
しかし、二重にも流行りや似合う形があって、ただ二重幅を広くすれば良いという訳ではありません。場合によっては、相性の悪い二重まぶたにしたことで不自然な仕上がりになったり、幅を広くすることで眠たそうな目になってしまったりすることがあります。
また、埋没法は回数を重ねると、まぶたの中に糸が溜まっていき、異物があるような違和感を感じるようになる場合があります。
回数を重ねることなく、ご自身に似合う二重になっていただくために、「元の目のタイプに合う二重の種類」や「グレード内容の違い」をご紹介します。

今の目のタイプに合う二重の種類は?

今の目のタイプに合う二重の種類は? 今の目のタイプに合う二重の種類は?

二重まぶたの種類は、目の形や大きさ、目を開ける力の強弱、まぶたの厚さなどに依存して似合う二重や作りやすい二重が決まります。自分に似合うキレイな二重にするには、まぶたに負担のない自然な二重を作ることが大切です。

蒙古ひだがない”一重”や”奥二重”の人に似合うのは「幅の広い平行二重」

  • BEFORE 蒙古ひだがない”一重”や”奥二重”の人に似合うのは「幅の広い平行二重」 before
  • AFTER 蒙古ひだがない”一重”や”奥二重”の人に似合うのは「幅の広い平行二重」 after

蒙古ひだがない方は、幅の広い平行型の二重が似合うとされています。平行二重は、目頭から目尻まで二重のラインがほぼ同じ幅で、くっきりとした二重が特徴です。日本人には少ない二重まぶたの種類ですが、世界的にはもっとも多い形だといわれています。広い二重幅が目の印象を強くし、他の二重の形よりもアイメイクが映えて、華やかな印象を与えます。

平行二重にしたら、眠たそうな目になってしまった方

幅が広い平行二重にしたことで、眠たそうな顔の印象になってしまった方は、目の開きを良くする方法として、挙筋前転法(クイックデカ目術)があります。眼瞼挙筋という筋肉を縫い縮めることで、しっかりとまぶたが持ち上がり、目を大きく開くことができます。

挙筋前転法(クイックデカ目術)

蒙古ひだがある”一重”や”奥二重”の人に似合うのは「幅の広い末広二重」

  • BEFORE 蒙古ひだがある”一重”や”奥二重”の人に似合うのは「幅の広い末広二重」 before
  • AFTER 蒙古ひだがある”一重”や”奥二重”の人に似合うのは「幅の広い末広二重」 after

蒙古ひだがある方は、末広型の二重が似合うとされています。末広二重は、蒙古ひだの内側から二重のラインが始まり、目尻に向かうにつれて二重幅が広くなっていくのが特徴です。日本人に最も多い二重まぶたの形で、自然で可愛らしい印象を与える、ぱっちりした二重になります。

蒙古ひだがある方でも、キレイな平行二重になれる方法

蒙古ひだがある人は、絶対に平行二重になれないかというと、そうではありません。平行二重は、二重のラインが目頭から離れたところから始まりますので、蒙古ひだが少ない方は平行二重に出来る場合があります。しかし、蒙古ひだが強く張っている方は、そのまま平行二重を作ってしまうと、高い位置に二重のラインを作らなければならず、不自然な二重まぶたが出来上がってしまいます。しかし、蒙古ひだが強く張っている方でも、目頭切開を行い蒙古ひだを除去することで、キレイな平行二重にすることができます。

目頭切開

まぶたが黒目にかかっている”一重”や”奥二重”の人に似合うのは「幅の狭い平行二重」

  • BEFORE まぶたが黒目にかかっている”一重”や”奥二重”の人に似合うのは「幅の狭い平行二重」 before
  • AFTER まぶたが黒目にかかっている”一重”や”奥二重”の人に似合うのは「幅の狭い平行二重」 after

まぶたが黒目にかかっている方は、幅の狭い平行二重が似合うといわれています。まぶたの形は、幅の広い平行二重と同じですが、二重の幅が狭い分、クールで大人っぽく品のある印象を与えます。そして、アイメイクをしない状態でも、目が大きく見えるという特徴があります。

まぶたがたるんで黒目にかかっている方には、目の上のたるみ取りが効果的

加齢による筋力の低下などでまぶたがたるみ、元々は二重まぶたたったのに、一重まぶたや奥二重になってしまっている場合があります。その場合は、目の上のたるみ取りを行うことで、元の二重まぶたに戻したり、一重まぶたを二重まぶたに形成することができます。

目の上のたるみ取り(上眼瞼除皺術)

挙筋法と瞼板法はどっちがいいの?

二重整形の埋没法には、挙筋法と瞼板法と呼ばれる2種類の術式があります。どちらも糸と針を使った施術ですが、それぞれにメリットとデメリットがありますので、どのような違いがあるか、検討する際の参考にしてください。

挙筋法のメリットとデメリット

挙筋法のメリットとデメリット 挙筋法のメリットとデメリット

メリット

目を開いた時に二重まぶたになるように、まぶたの筋肉を糸で締め付けて留めるので、本来の二重まぶたと同じ構造で、ごく自然な二重まぶたになります。また、糸がまぶたの中に埋め込まれているので、眼球を傷つけるリスクが少ないという特徴があります。

デメリット

柔らかい挙筋(筋肉)に固定するため、糸が緩んでしまったり、術後の二重幅が予定とは異なった仕上がりになる場合があります。また、腫れなどのダウンタイムが長引きやすく、まれに眼瞼下垂の症状が現れ、まぶたが開けづらくなる可能性があります。

瞼板法のメリットとデメリット

瞼板法のメリットとデメリット 瞼板法のメリットとデメリット

メリット

瞼板法は、挙筋法と比べると術後の腫れが少なく、眼瞼下垂を引き起こす可能性も低いです。瞼板という硬い箇所に糸を留めて二重を形成しているので、安定していてデザインの違いが出にくい二重になります。また、埋没した糸を取りたいとなった場合に、挙筋法の癒着よりも取りやすいという特徴があります。

デメリット

糸が眼球側に近いため、一時的にゴロゴロした感じが出る場合があります。持続的に糸へテンションがかかっていて遊びがない状態なので、糸が取れて二重のラインがなくなるリスクがあります。また、眼球側に糸が出てしまった場合、角膜を傷つける可能性があります。

各種グレード内容

  • TCB二重術

    挙筋法2点留め

    29,800円

  • 1dayクイックアイ
    ナチュラル

    瞼板法2点留め

    140,800円

  • 1dayクイックアイ
    エタニティ

    瞼板法2点留め

    298,000円

  • 1dayクイックアイ
    プレミアムエタニティ

    線留め1本

    398,000円

TCB二重術

挙筋法2点留め

29,800円(税込)

TCB二重術

術式 2点留め トライアングル
留める箇所 挙筋
保証期間 3年保証

従来から二重を作る時に使用されている手技になります。
とてもシンプルな埋没方法で瞼の表面から糸を2点かけて糸を固定することで自然な二重のラインを作ることができます。ほとんどのクリニックはこの術式をされています。
挙筋に優しく結びます。

1dayクイックアイ
ナチュラル

NATURAL

瞼板法2点留め

140,800円(税込)

1dayクイックアイ
ナチュラル

NATURAL

術式 2点留め スクエア
留める箇所 瞼板
保証期間 5年保証

従来から二重を作る時に使用されている手技になります。
とてもシンプルな埋没方法で瞼の表面から糸を2点かけて糸を固定することで自然な二重のラインを作ることができます。ほとんどのクリニックはこの術式をされています。
瞼板に優しく結びます。

1dayクイックアイ
エタニティ

ETERNITY

瞼板法2点留め

298,000円(税込)

1dayクイックアイ
エタニティ

ETERNITY

術式 2点留め スクエア
留める箇所 瞼板
保証期間 10年保証

従来から二重を作る時に使用されている手技になります。
とてもシンプルな埋没方法で瞼の表面から糸を2点かけて糸を固定することで自然な二重のラインを作ることができます。TCB二重術に比べ、糸を留めている範囲が広がる為、取れにくい方法になります。
その分手間がかかり、難易度の高い手術になります。

1dayクイックアイ
プレミアムエタニティ

PREMIUM ETERNITY

線留め1本

398,000円(税込)

プレミアムエタニティ

PREMIUM ETERNITY

術式 線留め1本
留める箇所 瞼板と挙筋の移行部
保証期間 永久保証

1本の糸を挙筋と瞼板の間にある「瞼板と挙筋の移行部」に 4箇所、あやとりのように複雑に通すことで通常の埋没法の「点」ではなく、「線」で留めていきます。
4箇所にすることで瞼にかかる負担が均等に分散し、まるで切開のような滑らかで自然な理想の二重ラインをつくることができます。
また、複雑に編み込むことで、糸を強く結ぶ必要がないので腫れを極限まで抑えることができます。
持続に関しては切開と同程度の持続力を実現しました。

グレード内容の違いについて

グレード内容の大きな違いは、”挙筋法や瞼板法などの術式の違い”と”保証期間の違い”となります。埋没法は、短時間で理想的な二重まぶたが手に入るので、とても人気の高い施術ですが、糸を使った施術である以上、糸が取れて元に戻ってしまう可能性もあります。
何年で糸が取れてしまうか、取れる確率はどれくらいなのかなどは、様々な要素が起因となりますので一概には言えませんが、「術式とまぶたの相性」と「術後のまぶたへの負担」が効果の持続時間に大きく影響してきます。そのため、「ご自身のなりたい二重」との兼ね合いを考慮したグレード選びが大切です。

二重シミュレーション

施術後に後悔しないために、グレード選びと並んで重要となるポイントが、担当医師とのイメージ共有です。患者様が理想とする二重まぶたはどのような形なのか、実際に二重まぶたになったらどういう印象になるのかなど、カウンセリングを通して患者様の現状のお悩みやイメージを共有させていただき、二重シミュレーションを行います。カウンセリングや二重シミュレーションは何度でも無料ですので、お気軽にお越しください。

カウンセリングフロー カウンセリングフロー

アイプチやアイテープなどの二重を作るメイクのやりすぎに注意

アイプチやアイテープなどの二重を作るメイクのやりすぎに注意 アイプチやアイテープなどの二重を作るメイクのやりすぎに注意

自分で手軽に二重を作る方法として、アイプチやアイテープ、メザイクといった方法がありますが、長期間の使用はまぶたへの負担となるため、やりすぎには注意が必要です。
二重のりやテープを使って二重を作るには、まぶたの皮膚を引っ張って二重を作っているため、過度な使用はまぶたの皮膚を伸ばしてしまい、たるみとなる可能性があります。一度たるみとなってしまうと、目元が老けた印象になったり、視界が狭まったり、自力ではなかなか解消できない状態となってしまいます。
また、肌に合わない場合は、かぶれや炎症を起こしたり、かゆみなど伴うことで掻いたり擦ったりしてしまうと、たるみを進行させる原因となってしまいます。使用はなるべく短時間にして、肌に合わない場合は使用を中止してください。

関連リンク

もっと埋没法について詳しく知りたい方はこちらから

もっと埋没法について詳しく知りたい方はこちらから もっと埋没法について詳しく知りたい方はこちらから

症例写真から参考にしたい二重を探したい方はこちらから

症例写真から参考にしたい二重を探したい方はこちらから 症例写真から参考にしたい二重を探したい方はこちらから

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中