太ると二重まぶたが一重になったり、
二重の幅が変化する理由と対策とは?

太るとまぶたに脂肪が増えることで、分厚くなり二重まぶたから一重になることがあります。太って脂肪がついたことが原因で、二重から一重になってしまった場合、ダイエットするとまた二重に戻る可能性がありますが、時間が立っている場合、難しいこともあります。
太ってまぶたの脂肪が増えて厚くなれば、二重のラインに被さるまぶたのボリュームが増えるので、開眼時の二重の幅は少し狭く見えるようになります。逆に痩せると開眼時のの二重のラインに被さるボリュームが減るので、目を開けたときの二重の幅は少し広くなります。
対策としては、まぶたに脂肪が付きやすい傾向が考えられるため、切らずに施術が可能な埋没二重術を行うことが有効です。さらに二重術にまぶたの脂肪取りを併用することで、一重に戻ってしまうリスクを限りなくゼロに近づけることが可能です。まぶたの脂肪をしっかり除去した場合は、後に太っても、まぶたに少し脂肪がつく程度で済みます。

このQAを監修したドクター

安本 匠

TCBの「特別指導医」として活躍。
患者様の理想に近づけるための治療プランを複数提案し、術式や予算、リスクについてご納得いただいた上でお選びいただけるよう、丁寧な説明を心がけています。
日本外科学会認定専門医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中