二重まぶたにしたいのですが、
食い込まなくて二重にならないのは何故ですか?

まぶたの皮膚の厚み、たるみ、脂肪の多さ、蒙古襞、目を開く筋力、骨格など様々

二重まぶたになるには、まぶたの皮膚があるラインで食い込んで折りたたまれなくてはいけませんので、まぶたの皮膚が厚かったり、皮膚がたるんでいたり、まぶたの脂肪(眼窩脂肪)が多かったりすると上手く二重になりません。

蒙古襞といって、目頭にひだがある場合も、そのひだに引っ張られて二重ラインが食い込みにくくなります。

特に日本人をはじめ東洋人はこれらの傾向が強いようです。

また、目を開くときに二重ラインが食い込みますので、目を開く筋肉(強さや、筋の瞼板への付着部)の問題であることもあります。

一方、日本人では少ないですが、骨格の問題で眉毛と目の距離が近かったり、くぼみ目であることも上手く食い込みにくい要因となります。

自力で二重ラインを食い込ませる方法

自力で二重の食い込みをつくるとすれば、一時的にはアイプチが良いでしょう。つけまつげも同様です。

希望のラインに、物理的に食い込みを作ることが可能です。

二重まぶたの食い込みを癖づける方法

一方、二重の食い込みの癖付けのためよく相談を受けるのは以下の方法ですが、残念ながらほとんど意味はありません。

  • アイプチ・二重のりをつけて眠る
  • 指で目頭から目尻、こめかみへむかって脂肪・リンパを流すマッサージ
  • プッシャーやヘアピンなどで二重ラインをなぞりくっきりさせる
  • 指で目の両端を押さえてラインを作り、数分間固定
  • 高速で瞬きしてまぶたの運動

アイプチは一時的には有効ですが、癖付けのために不必要に長くつけることはリスクです。長期的にはまぶたの皮膚が厚くなりかえって二重になりにくくなることすらあります。

またマッサージで強く目の周りをこすりすぎると、刺激で目回りの皮膚のくすみ(肝斑の一種)が発生するリスクもあります。

確実に二重の食い込みを作るなら二重整形(埋没法・切開法)

まぶたが食い込みにくい要因として、まぶたの厚さ・たるみ、眼窩脂肪の多さ、蒙古襞、上眼瞼挙筋(目を開く筋肉)、骨格などあげましたが、いずれも二重整形の施術や目頭切開などで解決できます。

ただし骨格要因の場合は、二重の食い込みは作れたとしても食い込みラインの選択余地があまりないこともあります。

このQAを監修したドクター

安本 匠

TCBの「特別指導医」として活躍。
患者様の理想に近づけるための治療プランを複数提案し、術式や予算、リスクについてご納得いただいた上でお選びいただけるよう、丁寧な説明を心がけています。
日本外科学会認定専門医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中