いつもアイプチが上手くくっつかないのはどうしてですか?

最も多いのは、患者様ご希望の二重ラインがご自身の目元にアイプチで作るには無理があるというケースです。目元の状態としては、まぶたの脂肪が多くぶ厚い、蒙古ひだの張りが強い、元々の二重ラインが影響している、くぼみ目でいくつもラインがある、皮膚炎などがあります。
まず埋没法での二重手術がおすすめです。目元の状態に合わせて、同時にまぶたの脂肪取り、目頭切開などを行うのがいいでしょう。ときに切開での重瞼術(二重作成術)が必要になることもあります。
皮膚炎(かぶれ)がある場合は、しばらくアイプチは控えて炎症が治まってからの手術がベターです。炎症が強い場合は、皮膚科受診による治療を要することもあります。

このQAを監修したドクター

小野 眞

TCB「技術指導医」。30年以上の外科経験に基づくより安全安心な美容外科医療を提供します。患者様のご要望に沿えるよう 的確なメニューを選択し、ご意見を聞きつつ施術しています。医学博士、外科専門医、循環器専門医、元心臓血管外科専門医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中