逆さまつげを治す方法はありますか?

逆さまつげを治すにはグラマラスライン(タレ目形成)や二重整形が有効です。

逆さまつげ(睫毛内反症)とは、通常は外側に向かって生えているまつ毛が、内側(眼球側)に向かって生えてしまっている状態をいいます。特に症状がなければそのままの状態でも問題ありませんが、眼球に触れてしまう状態ですと、目の表面に傷がついてしまう恐れがあります。

逆さまつげを施術で治すとなれば、グラマラスライン(タレ目形成)や、二重まぶたにすることで、まつ毛の向きを変える方法などがあります。特に埋没法だと、メスを使用せず、まぶたに糸を通すだけで二重になれるため、とてもお手軽な施術です。二重整形を行うことで、逆さまつげを改善しつつ二重まぶたへと生まれ変わることができます。

ただし、まぶたに脂肪が多いと、埋没法では二重にすることが難しい場合があります。そのような場合は、切開法で内部の脂肪を除去することで二重まぶたを形成することができます。
切開による二重整形を選択しても、事前に医師に逆さまつげの改善を希望しなければ、逆さまつげの治療は不十分になる可能性があります。もし二重整形で逆さまつげを治したい方は、予め逆さまつげであることを医師にお伝えください。

このQAを監修したドクター

村田 大典

新宿三丁目院 院長

村田 大典

美しい仕上がりはもちろんのこと、施術を受けた患者さんの人生が幸せに変化する事を目指す。
全国から指名が殺到するリピーター率トップクラスの予約困難ドクター。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中