埋没法をすると、まぶたに糸のボコボコが目立たないか心配です。

TCBで行う埋没法ではさまざまなプランがあり、糸玉でまぶたにボコボコができる可能性のあるものとそうでないものがあります。

ベーシックやナチュラル、エタニティなどの2点留め法では糸玉をまぶたの表面に作りますので、まぶたの表面が糸玉でボコボコする可能性はたしかにあります。どうしてもボコつきが気になる場合は抜糸をするという選択も可能です。
一方、プレミアムエタニティのシークレット法はまぶたの裏側で糸玉を作るのでまぶた表面がボコつく心配はありません。

また、まぶたののボコボコは糸玉である可能性が高いですが、まれに感染や脂肪腫などの糸玉以外の原因で生じることがあるので、痛みがあったりボコボコが大きくなってくるなどの症状がありましたら診察にお越しいただければと思います。

このQAを監修したドクター

村田 大典

新宿三丁目院 院長

村田 大典

美しい仕上がりはもちろんのこと、施術を受けた患者さんの人生が幸せに変化する事を目指す。
全国から指名が殺到するリピーター率トップクラスの予約困難ドクター。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中