奥二重ですが、マッサージやアイプチなどで二重まぶたになれますか?

幅の狭い二重をマッサージやアイプチなどで幅を広げることはできません。

まぶたにある軟骨のような組織(瞼板)にくっついている筋肉(上眼瞼挙筋)が縮むことで目が開くのですが、この上眼瞼挙筋からつながっている繊維(穿通枝)がまぶたの皮膚にくっついている人がいらっしゃいます。このような場合には、上眼瞼挙筋が縮む際に穿通枝がまぶたの皮膚を一緒に引っ張ってくるので二重となります。穿通枝が皮膚にくっついていない人は一重となります。

穿通枝が皮膚にくっついているのに、脂肪や浮腫が多いことが原因で穿通枝がうまく機能せず一重に見える人は、痩せたりマッサージで浮腫をとることで穿通枝がうまく機能して二重になる人がまれにいらっしゃいます。
奥二重の人は既に穿通枝がうまく機能している状態ですので、マッサージなどで別の二重ラインはできません。奥二重は狭い二重幅を言いますが、穿通枝のくっついている場所によって二重幅が決まるため、奥二重の人はまつげに近い場所に穿通枝がくっついています。

目元のマッサージやアイプチなどはたるみやかぶれの原因となるため、控えることをおすすめします。

このQAを監修したドクター

鎌田 紀美子

八王子院 院長

鎌田 紀美子

天然美人メーカーとして、元から美人であるかのような違和感のない自然な仕上がりを得意としております。
昨日よりも今日が幸せなあなたであるように、お手伝いできる美容外科医を心がけています。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中