食べる物によって目の大きさやまぶたのたるみに影響することはありますか?

飲食物の内容によっては目元にむくみ(浮腫)が生じて、本来の目の大きさよりも狭く小さく見えたり、腫れぼったくたるんだように見えることがあります。

ラーメンやうどんなど塩分を多く含む食事を取りすぎるとむくみやすくなります。過度なダイエットで食事制限を行っても自律神経バランスの乱れの原因となり、むくみやすくなります。また、夜間に過度のアルコール類を摂取すると翌朝のむくみの原因となりやすいのは皆様ご経験があるかと思います。

バランスのとれた食事が好ましいですが、特にむくみやすい方はカリウム(海藻類、ほうれん草など)、クエン酸(柑橘類、酢の物など)、ビタミンB6(まぐろ、レバーなど)、ビタミンE(大豆、アーモンドなど)を含むものを積極的に摂取し、むくみにくい体質にしていきましょう。

このQAを監修したドクター

小島 清登

渋谷東口院 医師

小島 清登

TCB技術認定医として活躍。日本皮膚科学会認定医専門医で幅広く美容皮膚科、美容外科領域に従事。患者様に寄り添い、理想像を理解し、満足度の高い治療を提供できるよう1人1人と向き合っていきたいと思っています。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中