まぶたのたるみ予防に効果的なエクササイズはありますか?

まぶたのたるみを引き起こす原因としては、加齢による眼輪筋の筋力低下や組織の弾性低下、スキンケアやメイクなどの物理的刺激による皮膚伸展などがあります。また、眼輪筋が凝っていると、目の周りの血行が悪くなり、たるみやクマ、シワの原因となります。
眼輪筋をほぐし適度に鍛えることで、症状を和らげたり予防したりすることができます。手軽に行えるエクササイズをご紹介しますので、お試しください。

【眼輪筋をほぐすマッサージ】

  1. 1.人差し指を鍵型に折り、平らな面を眉頭にあててゆっくり押します
  2. 2.眉間に近い部分から、目の周りの骨を沿うようにして少しずつ外側に、位置をずらしながら押していきます

ポイントは、あまり強い力で押しすぎないようにすることです。ひじを固定し、頭の重みでかかるくらいの圧が適切です。小さく優しくうなずくように頭を動かしながらマッサージを行うと良いでしょう。

【眼輪筋トレーニング】

  1. 1.まぶたをギュッと閉じて5秒間キープ
  2. 2.まぶたを大きく見開いて5秒間キープ
  3. 3.上記を3セット、1日2回を目安に行いましょう

ポイントは目の周りの筋肉を意識して行うことです。眼輪筋が衰えていると、眉をあげることでまぶたを開こうとしてしまいます。しっかり目の周りの筋肉を使って、まぶたの開閉を行えるようにしましょう。
どうしても眉に力が入ってしまうという方は、両手を額にあてながらトレーニングをすると良いでしょう。両手で額を押さえることで、額と眉の筋肉が固定され、眼輪筋を効果的に鍛えることができます。

まぶたのエクササイズをする際に、まぶたを強く押さえたり引っ張ったりてしまうと、逆にたるみやシワの原因となります。まぶたに触れるときは優しく触るように気をつけましょう。

このQAを監修したドクター

奥村 公貴

ミリ単位の正確な技術で実現する、オーダーメイドの治療。患者様の自信を引き出し、明るく華やかな毎日へと導きます。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中