まぶたが薄い一重は二重が定着しやすいですか?
自力で二重になれますか?

まぶたが薄い一重の場合、まぶたが厚い方よりは二重が定着しやすいと考えられます。
まぶたには皮膚、腱板、眼瞼挙筋、脂肪組織などいくつかの構造がありますが、まぶたが薄い方というのはそれらの組織がすべて薄いです。
二重をつくる場合、眼瞼挙筋が薄いのでそこに糸がかかりやすくなり、定着しやすくなると考えられます。また、まぶたが薄い方の場合眼窩脂肪の量が少ないため、埋没法などで二重にした場合脂肪の重みによって埋没の際の組織にかかった糸が外れにくくなるため、二重は定着はしやすいと考えられます。

まぶたが厚い方に比べたら、アイプチやアイテープなどで自力で二重にした場合、定着する方が多い印象はありますが、長期間にわたるアイプチの使用はまぶたのたるみの原因になってしまいます。
ただ、必ずしもまぶたが薄い方が二重の定着がいいというわけではなく、個人差はでてきます。

このQAを監修したドクター

小阪 捺稀

患者様のご理想に少しでも近づけるような提案ができるよう、日々丁寧な診察を心がけております。
日本美容外科学会JSAS会員

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中