埋没法後、抜糸をしても癒着が強くもとに戻らないと言われましたがどうしたらいいですか?

抜糸後数ヶ月は経過観察、それでももとに戻らない場合は切開法が必要な例もあります。

埋没法単独で広範囲に強い癒着を起こす例は少ないですが、脂肪取りやマイクロ切開、最近の複雑な埋没法においては癒着例が存在します。多くの場合、大きな二重を作るにおいて癒着はプラスに作用しますが、小さい二重に戻したい(奥二重に戻したい)場合はマイナスに作用します。抜糸後数ヶ月でもとに戻る例も存在しますが、なかなかもとに戻らない場合は切開法で癒着部分を除去し、修正することが必要になります。

このQAを監修したドクター

岡 ひかり

TCB技術認定医。
丁寧なカウンセリングと確かな技術で、患者様の希望を叶えます。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中