50代で二重整形しても問題ないですか?
加齢とともにまぶたが重くなってきているので、若々しい目元にしたいです。

もちろん可能です。二重整形には、おもに4つの施術パターンがございます。それをさらにおおまかに分けると2通りの方法になります。

1つ目は「糸」を用いて行う二重埋没法です。糸で二重を作るため、まぶたへの負担も少なく、いろいろな施術バリエーションをお選びいただけます。手軽でもっとも普及している方法です。ただし、年齢とともにくる皮膚のたるみが強い場合には通常、2つ目の方法である「切開」をおすすめしています。切開は後戻りができないため、慎重に検討しなければいけません。しかし、逆に元に戻ることがないため、二重が外れるという不安がほとんどありません。

二重ラインを作り、なおかつまぶたの脂肪もしっかり取れる「二重切開術」や、まぶたのたるみや脂肪を直接取ることができ、さらに、新しく二重幅を作ることが可能な「目の上のたるみ取り(上眼瞼除皺術)」という方法がございます。また、眉の下の余分な皮膚を取り除くことで、奥二重とまぶたのはれなどの悩みを同時に解決できる「眉下リフト」もございます。正確に言えば二重整形ではありませんが、この施術も二重を改善する方法になります。眉下リフトの傷は眉毛のすぐ下にできるため、かなり目立ちにくくなる上、お化粧でより一層わかりにくくなります。

このように、TCBには様々な二重整形の種類がございます。患者様に最適の施術を綿密なカウンセリングにてご提案させていただきます。

このQAを監修したドクター

真鍋 秀明

TCBの指導医および外科学会専門医。
外科歴20年以上の経験と技術を生かして、日々美容施術に携わっています。
患者様に寄り添い、最高の感動と経験をしていただけるように日々信頼できるスタッフとともに診療を行っております。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中