埋没法が戻ってしまっても二重の癖がついた状態になっているものでしょうか?
また、アイプチで変な二重の癖がついていても埋没法できれいなラインを作ることはできますか?

二重の癖はついた状態になりますが、目頭に規定されたラインでとどまります(小さめの二重のことが多い)。また、アイプチ後の変な癖に対してもきれいなラインを作ることは可能です。

基本的に埋没法が取れるというのは糸が切れることをいいますが、これまでの経験上本当に糸が切れる例はあまり多くはありません。ほとんどの場合、目頭の蒙古ひだに規定されるラインに戻ってしまう、あるいはまぶたの脂肪が多く、食い込みが浅くなって戻ってしまうかのどちらかです。したがって、当初の埋没法による二重のラインで癖づけはされません。ただし、もともとの二重より大きいラインで維持されることがありますので、そういう意味では二重の癖がついた状態と言っても過言ではありません。

アイプチで作られた二重の癖のラインよりも埋没法で作ったラインのほうが強いため、そちらの二重で固定はされます。しかし、アイプチを長くしている場合、皮膚のたるみや皮膚のかぶれ(苔癬化)によって埋没法による強いラインが作れない場合があります。この場合は切開法をおすすめします。

まれに、埋没法に合わせて脂肪取りやマイクロカットを加えていた場合、まぶたの組織内で癒着が起こって作ったラインで癖づけされる場合があります。ただしこういった症例では、逆に元のラインに戻したいという相談のなかで発覚するものであり、逆に元に戻ってしまった人にとっては皮肉な内容になります。

このQAを監修したドクター

村田 大典

新宿三丁目院 院長

村田 大典

美しい仕上がりはもちろんのこと、施術を受けた患者さんの人生が幸せに変化する事を目指す。
全国から指名が殺到するリピーター率トップクラスの予約困難ドクター。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中