HIFU(ハイフ)の効果とは?
効果的な使い方と効果のない使い方があるって本当?

HIFU(ハイフ)を受けたお肌

自分の年齢、どう感じていますか?
顔がたるんできたり、しわが増えてしまうと、実年齢より老けて見えてしまいます。顔は人の印象を大きく左右するパーツです。しわやたるみがコンプレックスになることで、周りの視線を必要以上に感じてしまい、次第に自信を失ってしまいます。

そんなお悩みを解消するために、TCBではしわやたるみをお手軽に改善できる「HIFU(ハイフ)」という治療をご用意しております。メスを一切使用しないため、痛みが少なく、ダウンタイムが極めて短い施術です。
この記事では、HIFU(ハイフ)の効果について細かく解説いたします。施術を受ける際に知ってほしいポイントも併せて解説していますので、ぜひ最後まで目をお通しください。

HIFU(ハイフ)の効果

HIFU(ハイフ)の効果

HIFU(ハイフ)は、超音波の熱エネルギーを皮膚の内部に向けて照射することで、しわやたるみ、ほうれい線などを改善できる施術です。切開を行わず、重度なたるみも照射だけで改善することができます。
熱エネルギーを照射し、肌の組織にダメージを与えることで、自己修復する反応(創傷治癒)が起こり、コラーゲンが生成されます。組織を壊し、修復することで真皮層の再構築を図る治療法ですが、お肌の表面にダメージはありませんので、ご安心ください。

しわやたるみは放置していると、年齢とともに目立ちやすくなってしまいます。自分で改善させるのは難しいうえに、間違ったお手入れをしてしまうと、さらに悪化させてしまう可能性も否めません。早期に施術を行うことで、その後の見た目年齢を若々しく変えることができます。

狙った箇所にピンポイントで照射できる

HIFU(ハイフ)の照射範囲

しわやたるみは、皮膚の表面上で発生しているものだと思われがちですが、実は皮膚の層ごとに発生するポイントが異なります。皮膚は、「表皮層」「真皮層」「皮下脂肪層」といった浅い層と、「SMAS層」「筋肉層」といった深い層で構成されています。
HIFU(ハイフ)は、しわやたるみの原因である皮膚の全ての層に、ピンポイントで照射ができます。そのため、患者様一人ひとりのお悩みに合わせた治療が可能です。

HIFU(ハイフ)はどんな人におすすめ?

HIFU(ハイフ)がおすすめな人
  • しわ(小じわ)・たるみを改善したい方
  • 切らない施術でエイジングケアしたい方
  • 肌トラブルが起きる前に予防したい方
  • 自然に小顔になりたい方
  • ほうれい線・マリオネットラインを改善したい方

HIFU(ハイフ)は、上記のような肌トラブルにお悩みの方はもちろんのこと、老化が始まるといわれている20代や、お肌の老化を感じやすくなった40代といった、幅広い年齢層の方におすすめの施術です。
しわやたるみ、ほうれい線は年齢が上がってからの悩みだとお考えの方も多いかもしれません。しかし、若いうちから入念にケアを行っていれば、老化のスピードを遅らせることができ、今後周りと大きく差をつけることができます。数年後に後悔しないためにも、若いうちからのHIFU(ハイフ)をおすすめしています。
また、40代になると、お肌の老化が一気に進んでしまいます。肌にハリや潤いを感じなくなったり、顔全体がたるんできてしまいがちです。もちろん、お肌のお悩みが増えてしまう年齢に差し掛かった方にも、HIFU(ハイフ)はおすすめです。しわやたるみを改善し、若いころのつやのあるお肌を取り戻します。特に小顔効果は即効性が高いため、気になる方はぜひ一度お試しください。

ソノクイーン(SONO QUEEN)とは

ソノクイーン(SONO QUEEN)とウルセラの比較

TCBでは、ソノクイーン(SONO QUEEN)という、皮膚の薄い層にも照射できる最新機器を導入しています。皮膚の浅い箇所に照射できることによって目元や眉下、口周りなどの、従来の機器(ウルセラ)では照射ができなかったデリケートな部分の小じわにも対応できるようになりました。
また、痛みが限りなく少ないのも特徴の1つです。以前までは、しっかり効果はあるものの痛みが強く、お肌への負担が大きいことがデメリットでした。しかし、ソノクイーン(SONO QUEEN)は、痛みが大幅に軽減され、ダウンタイムも短くなりました。
「痛みが怖くて施術に踏ん切りがつかない方」はもちろんのこと、「メスを使った施術に抵抗がある方」や「長いダウンタイムを避けたい方」にもおすすめです。
また、従来に比べて安価で治療を受けることができるため、多くの患者様から大変ご好評をいただいております。

HIFU(ハイフ)の効果的な使い方と、効果のない使い方

HIFU(ハイフ)の効果を感じるお肌と効果のないお肌

HIFU(ハイフ)は、熱エネルギーが真皮に伝わることで、効果を得ることができます。たるみ改善効果は治療後1ヶ月を過ぎてから効果を発揮し、小顔効果に関しては、治療後すぐに実感できるほどに即効性のある施術です。しかし、ただ照射しただけでは、筋膜などの肌の深い部分まで熱エネルギーは伝わりません。

HIFU(ハイフ)の効果的な使い方

HIFU(ハイフ)の効果的な使い方

肌に少し押し付けながら、ゆっくりと照射することで、熱エネルギーが皮膚の深い層に届き、効果をより発揮することができます。同じ箇所を撫でるように5往復ほど照射いたします。その後、別の箇所にも繰り返し行うことで、最大の効果を得られます。
また、施術直後から3ヶ月ほどかけてコラーゲンが生成されます。その後、引き締め効果やリフトアップ効果が6ヶ月~1年ほど持続します。引き締め効果・リフトアップ効果を維持したい方は、3ヶ月~6ヶ月毎に1回を目安に治療を行うと、より効果的です。

HIFU(ハイフ)の効果のない使い方

HIFU(ハイフ)の効果のない使い方

余程のことがない限り効果を実感できないことはありません。ただし、考えられる理由があるとすれば、「まだ効果を実感できるほど時間が経っていない」「施術回数が足りていない」といった場合がほとんどです。
また、医療機関などの設備が整っているところで行っていない場合は、HIFU(ハイフ)の恩恵を上手く得られない可能性があります。エステサロン等でも施術を受けることはできますが、医療用のHIFU(ハイフ)の方が、皮膚の深い層にまで熱エネルギーを照射できるため、より高い効果を得られる医療機関で施術を受けることをおすすめします。

HIFU(ハイフ)は医療機関で受けた方が安心

ソノクイーンHIFU(ハイフ)公認クリニックの証1

ソノクイーンHIFU(ハイフ)公認クリニックの証2

医療知識を持っていない方が施術を行ったことで、やけどや神経損傷などのトラブルが発生した事例もありますので、最新の機器と確かな技術を兼ね備えた医療機関で、施術を受けることをおすすめします。

TCBは、韓国Newpong社よりソノクイーン・HIFU(ハイフ)公認クリニックとして認定をいただきました。フェイスリフティング術を熟知した医師が、HIFU(ハイフ)の効力を最大限に引き出し、患者様にご満足いただける結果をご提供いたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
HIFU(ハイフ)の効果について解説させていただきました。
従来の機器は痛みが強く、そして価格も高かったため、患者様に大きな負担がかかっていました。しかし、ソノクイーン(SONO QUEEN)は痛みが大幅に軽減され、安価な金額でお受けいただけます。今まで切開や痛みに対して抵抗があった方や、金額面で通院をためらっていた方からも、大変ご満足いただいております。

TCBでは、患者様のお肌がHIFU(ハイフ)に適しているかどうか、医師が正確に判断いたします。少しでも興味を持っていただいた方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。肌トラブルを解消して、若々しいお肌を目指しませんか?

無料カウンセリング予約

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中