中野院 院長「橋口 直哉」

橋口 直哉 医師

指導医

中野院 院長

橋口 直哉Naoya Hashiguchi

所属院

中野院

ごあいさつ

はじめまして。東京中央美容外科の橋口直哉と申します。

プチ整形・メンズメイクなど、『美容』には以前と比べてより多くの方が関心を寄せるようになってきています。
SNSの普及で、自分も『見られる』という機会が増加し、どのように見られたいのかを意識する方が増えています。

心理学で同じことをしても、当人の印象によって受け手の捉え方は大きく変わることがわかっています。
第一印象は見た目が8割、話し方や仕草が2割と言われています。
印象次第で皆さんの仕事やしぐさが、ポジティブにとられたり、ネガティブにとられたりするということは、
実生活でも体感されているかと思います。
話し方や仕草は、『自信』によって身につくことが多いと言われており、
『見られる』ことを意識するのは、現代社会では当然と言ってもよいでしょう。

このページを見ている多くの方にも『理想の自分』があることと思います。
理想の自分になることで自信をつけ、『その後一生の印象』を変えることができます。


聞いたことがある方も多いと思いますが、QOL(Quality of life)は医療界でも近年取り上げられ始めた言葉です。
『美容医療』は、皆さんの『理想の自分』を実現することで、QOLの大幅な改善をもたらすものとなっています。
理想の自分に近づく手段としての『美容医療』というのは、徐々に一般的なものとなってきています。

なかなか踏み出せない方も、相談は無料で受け入れておりますので、いつでもご来院ください。
皆さんの『理想の自分』を叶えるために、スタッフ一同、お待ちしております。

中野院 橋口 直哉医師

患者様に提供するサービス

患者様にどのような美容医療の提供を心がけていますか?

患者様のお悩み・体質・理想の姿は人それぞれ異なるため、美容医療に共通の正解はないと思っております。
そのため患者さまの希望に照らし合わせて、医療的な可否も含めおひとりお一人にあった最適な結果を提供できるよう心がけています。

得意分野/こだわり

先生の得意分野/こだわりは何ですか?

眼科としての勤務経験もあるため、目周りの手術が得意です。
特に二重術や目の下のクマ取りは、整容面・機能面ともに満足のいく結果をご提供できるかと思います。
目頭切開や目尻切開なども、希望される目の印象に最大限近づくようデザインいたします。

美容外科医を目指した理由

多くの診療科目がある中で、美容外科を目指した理由は何ですか?

元々手術は好きだったので、自分の手で患者さまの人生をプラスにもっていく実感がモチベーションの一つでした。
多くの診療科目がありますが、その中でも美容医療は患者さまの人生を今まで以上に良くすることができます。ダイレクトに患者さまの喜ぶ顔が見れる、喜んだ声の聞ける科であり、それこそが自分自身のモチベーションに繋がりやすいと考えたからです。

TCBを選んだ理由

数多くある美容外科の中で、TCBを選んだ理由はなぜですか?

働いているスタッフ全員が、生き生きとしていたからです。
大手でありながら現状に満足せず、常に成長している様を感じました。そのような職場でともに働き学ぶことで、自分自身の成長と経験に繋がると思ったためです。

経歴

韓国釜山大学 形成外科 留学
九州大学医学部 卒業
九州大学 眼科
九州医療センター 眼科
東京中央美容外科 中野院 院長

診療科目

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中