「沈 竟卉」

ごあいさつ

はじめまして。東京中央美容外科の沈 竟卉と申します。

私は外見の問題が改善できれば、生活の質も大幅に向上させることができると考えています。
そう思えるようになったきっかけは、私自身が10代の頃に、傷跡が赤く盛り上がってしまう疾患「肥厚性瘢痕」を発症したことです。
患部は見た目が悪く、人目に触れないよう夏でも長袖を着て過ごしました。
この経験から、患者様の外見のコンプレックスには共感を持って寄り添うことができます。
美容医療によって患者様が美しく、キラキラと輝いていくお手伝いができることが、私の美容外科医としての幸せです。

美容外科医になる前は、大学病院で皮膚科医として幅広い皮膚疾患の治療に携わってきました。
腫瘍切除や皮膚移植、レーザー治療など、外科手術も数多く経験いたしました。
その中で、一般皮膚科では十分な対応が難しい、治療後の跡を綺麗にしたり、加齢に伴うお悩みを改善したりといった美容面の治療の重要性に気付きました。
美容医療では、皮膚科医として培ってきた技術と経験を活かしながら、患者様の「もっと美しくなりたい」という思いに寄り添った施術を心掛けています。

私は中国で育ち、海外での留学経験もあります。日本・中国両方で医師免許を取得しており、多様な価値観を理解した上で患者様の目指すゴールを汲み取ることができると思います。
どのようなお悩みに対しても誠意を持って向き合い、患者様が理想の美に近づくための治療を提案させていただきます。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

経歴

University of Copenhagen(デンマーク) 留学
Southwest Medical University(中国) 卒業
順天堂大学付属順天堂医院
自治医科大学附属病院 皮膚科
東京中央美容外科

備考

日本美容外科学会(JSAS) 会員
日本皮膚科学会 会員
ボトックスビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® 認定医
日本・中国医師免許

診療科目

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中