Point.1 なりたい二重を考える

末広タイプ 末広タイプ 男女問わず、日本人に最も似合う二重。
好感度の高いとても自然な二重です。
奥二重 奥二重 顔全体の印象をあまり変えずに、一重まぶたより目を大きく丸く見せることができます。キリリとした涼しげな印象もある、さりげないので、男性に人気のある二重術です。
幅の狭い平行二重 幅の狭い平行二重 印象的で涼しげな二重です。男性にもよく似合います。人によっては二重の手術だけでは難しく、目頭切開が必要になることがあります。
幅の広い平行二重 幅の広い平行二重 二重がくっきりしているこのタイプ。目を大きく見せることができ、ハーフの様な印象を出すこともできます。女性がよく憧れる二重です。
パッチリ目 パッチリ目 黒目が90%~100%出ている目。目を開ける力の弱い人は、眼瞼下垂の手術が必要になることがあります。

Point.2 まぶたについて

まぶたは薄い人と厚い人がいます。薄い人はどんな二重も比較的簡単にできます。
逆にまぶたが厚くて腫れぼったい人は二重のラインがつけにくい為、まぶたを厚くしている脂肪をとる必要があります。
また、まぶたにたるみが出ている人も皮膚を切除してからのほうが、美しく自然な二重に仕上がります。
まぶたについて

Point.3 目の理想的なバランス

目を大きくハッキリしたいとき、押さえておきたい2つのポイントがあります。

黒目がどれくらい見えるか?

7割以上見えると、大きな目という印象。
5割以下だと眠たそうな目に見えます。
眠たそうな目
黒目の見える率が少ない
→「眼瞼下垂」

目の横幅→目の間→目の横幅の黄金比率。

目の幅の美しい比率は、1対1対1。
目の横幅の黄金比率

目の間が広いとアンバランスな印象に。
また逆に目の間が狭かったり目尻とこめかみの間隔が広いと、顔の面積が大きく見えてしまいます。
目と目の間が広い
目と目の間が広い
→「目頭切開」

目と目の間が狭い
目と目の間が狭いまたは
目尻とこめかみまでの間隔が広い
→「目尻切開」