妊娠中の美容整形について

妊娠中の美容整形について

妊娠中はホルモンバランスが不安定になりがちで、体質や体調が変化し、自分自身の身体が思う通りに動かなくなって驚くこともあります。
妊娠中は時間の都合もつきやすく、空き時間に美容整形を考える方も少なからずいらっしゃると思います。
しかし、心身ともに不安定な妊娠期間中に美容整形を受けても問題ないのでしょうか?
今回は、妊娠中の美容整形・施術の可否について、お話しさせていただきます。

妊娠中の美容整形は可能?

妊娠中の美容整形は可能?

結論からお話しすると、妊娠中は整形手術を受けることはおすすめしません。そのため、患者様の万が一を考えて、TCBでは施術をお断りしております。
妊娠中は心身ともに不安定な時期なので、手術で身体に負担をかけてしまう恐れがあるためです。
手術後は痛みや腫れなどの違和感を感じることもあり、妊娠中のストレスは胎児の発育に悪影響を及ぼす可能性があります。
妊娠中・出産後の女性の身体は特に繊細なので、身体を休ませることが第一です。

美容整形の前に気を付けること

妊娠していることが美容整形後に発覚してしまうと、妊娠期によっては胎児にストレスを与えてしまっている可能性も十分にあり得ます。
受精後2週~8週(妊娠4週~10週)は育児発達上、大事な時期ですので、施術を受ける前は妊娠しているかどうかをしっかり確認しておいてください。

妊活中も避ける

いつ妊娠するか分からない状態での美容整形・施術は避けましょう。
施術のカウンセリング日には問題なくても、施術日に妊娠している可能性もあります。
これから生まれてくる赤ちゃんが安全に生まれてこられるよう、日を改めて予定を考えてみてください。

妊娠中でもできる美容とは?

妊娠中でもできる美容とは?

妊娠中はプロゲステロンという皮脂の分泌を促す作用のホルモンが活発になり、肌が荒れることがあります。また、つわりの影響で偏った食事になってしまうことも、肌荒れの原因となります。
妊娠前のように、化粧品でスキンケアを使用しても良いのか悩まれる方も多いはずです。
しかし、有機栽培された原料のオーガニック化粧品は、デリケートになっている肌に優しく馴染み、ケアしてくれます。
赤ちゃんを抱きかかえた際に、顔と赤ちゃんが触れることもあると思いますが、赤ちゃんが口にしても安心な製品が多く販売されているため、安全性が非常に高いオーガニック化粧品を推奨します。

美容院でカラー剤やパーマ剤は大丈夫?

妊娠中でもカラーやパーマ剤は基本的に問題はありません。頭皮から浸透して胎児に悪影響を及ぼすことも、医学的根拠がないからです。
しかし、市販のカラー剤やパーマ剤は比較的刺激が強いものが多く、頭皮に合わない場合があります。
また、妊娠中はホルモンバランスの乱れにより体調や状況が変化することがあり、妊娠中のときだけ頭皮に合わなくなる場合もあり得ます。
予め医師に相談し、美容院にも妊娠中であることを伝えておきましょう。
痛みや痒みなどが現れ、ストレスの原因にもなりかねないので、市販のものは避ける方が良いでしょう。

まとめ

妊娠・授乳が終わり、落ち着いてから美容整形を受けましょう

ストレスによって胎児に与える悪影響は心配の種です。妊娠初期だけでなく、妊娠中の胎児の発育について不安に思うのは当然のことだと思います。
だからこそ赤ちゃんのことを考え、美容整形を受けるのは控えておいた方が安心といえます。
妊娠中のリスクを考えて、本当に今このタイミングで美容整形・施術が必要なのか、事前に医師と対話を重ねて、しっかりとカウンセリングを受けておくと納得もできるかと思います。
TCBでは、妊娠中の美容整形・施術を基本お受けすることはできませんが、「どうしてもこのタイミングで美容整形・施術をしたい」「部位的に身体に負担がかからないので大丈夫ではないか」など強い希望や質問がある場合、まずは医師への相談をご案内していますのでご理解の程よろしくお願いいたします。

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中