鼻の整形

鼻の悩み別施術方法と特徴

鼻のサイズが気になる方

鼻が小さい・低い

日本人に一番多い悩みがこちらです。
お顔を横から見たときに、鼻梁が短い・鼻柱が低い場合はこれに当てはまります。鼻を高くする治療法は、一般的に隆鼻(りゅうび)術と呼ばれています。隆鼻術には、プロテーゼを使う方法とヒアルロン酸注射による方法、医療用の糸を使う方法の3種類があります。


鼻が大きい・小鼻が目立つ

鼻の左右両端の鼻翼部分周辺で、軟骨の張り出しが強いことや小鼻に厚みがあることが原因です。鼻を小さくする整形の特徴としては、軟骨間の組織や鼻翼軟骨の一部を切除するなど、ほとんどが切開を伴う施術ですが、切らない小鼻縮小(鼻翼縮小埋没法)は糸のみでの施術となります。

鼻の形が気になる方

鼻が丸い・団子鼻・にんにく鼻

欧米人と比べ、日本人の鼻は低くて丸い形状でいわゆる団子鼻やにんにく鼻であることが多く、正面からみると鼻筋の下の部分から広がっていき鼻先が丸みを帯びています。鼻先をシャープにする治療法は鼻尖形成と呼ばれ、余分な軟骨や脂肪を除去し、鼻先がツンとした理想的なラインを形成します。


ワシ鼻・段鼻

鼻尖が下向きに垂れているワシ鼻や段鼻は、女性らしいイメージを損ねたり、ゴツゴツとした印象を与えたりします。このような鼻をすっきりとした鼻に整えるには、出っ張った鼻骨の一部を削るか、シリコンプロテーゼやヒアルロン酸を用いることで鼻筋のバランスを調整します。

鼻施術における痛みとリスク

切開を伴う施術において

鼻の整形は目の整形に次いで人気のある施術です。顔の中心にあって顔全体の印象を左右するパーツですので様々なお悩みがあると思います、切開を伴う施術は、半永久的な持続性を持ち、患者様の理想の鼻を形成します。
抜糸を必要とする施術が多いため、経過観察とともに1~3回ほど通院の必要があります。

麻酔とダウンタイム

局所麻酔にて施術を行います。鼻に注射することに抵抗があり、痛みが怖い場合は眼窩下神経ブロックといって鼻横の頬のあたりに麻酔を効かせることで、ほぼ痛みなく施術を終わらせることも可能です。
ダウンタイムはそれぞれ1~2週間ほどでほとんどが落ち着きますが、施術によって自然な仕上がりになるまでに時間がかかる場合もあります。

糸を使用する施術において

切開には抵抗はあるけど、ヒアルロン酸注入よりしっかりした効果を実感したい方に最適な鼻整形です。医療用の糸を使用して鼻を高くしたり、小鼻を小さくしたりします。糸を用いた施術の場合、時間経過によって体内に吸収されたり、切れてしまったりすることで徐々に元の形に戻っていきます。

麻酔とダウンタイム

局所麻酔によって施術を行います。施術が不安な方や痛みに弱い方は、静脈麻酔や笑気麻酔、表面麻酔などで痛みを抑えることができます。
約1週間は腫れがでますが、時間経過とともに徐々に消失します。

ヒアルロン酸を使用する施術において

ヒアルロン酸は柔らかいものから、硬いものまで様々や種類のものがあります。基本的に鼻のラインや高さを整えるときに用いられるヒアルロン酸は形成力の高い硬めのヒアルロン酸が用いられ、当院ではジュビダームビスタ、クレヴィエル、ピネハウルトラを使用します。

麻酔とダウンタイム

細い針を使用し痛みが少ないようにしていますが、痛みに弱い方は表面麻酔により注射のチクッとした痛みを抑えることができます。
切開を伴わないプチ整形になりますので、ダウンタイムはほとんどなく、日常生活に支障をきたしません。お仕事を休めない方や、初めての鼻整形をする方におすすめです。

その他の鼻施術において

対象施術

TCBメッシュは、PCL(ポリカプロラクトン)という溶けるメッシュ状の素材を特殊な針で挿入し、鼻に高さやボリュームを出すことができる施術です。PCLはFDA(アメリカ食品医薬品局)や欧州のCEにて認証済みの安全性が高い素材です。柔軟性と持続性に定評があり、約2年にわたり効果が持続します。
糸を使用する施術と同様、ヒアルロン酸よりもしっかりと効果を実感したい方におすすめです。

麻酔とダウンタイム

局所麻酔にて施術を行いますが、挿入する本数にて施術時間が変わってきます。局所麻酔の痛みを和らげるため、表面麻酔を使用することも可能です。
切開を伴わないプチ整形になりますので、ダウンタイムはほとんどなく、日常生活に支障をきたしません。

TCB鼻整形の名医 原田 浩光医師より

鼻の印象でお顔のイメージも大きく変わるため、鼻整形は現在非常に人気が高くなっています。昨今では切開以外にも、糸で修正可能な施術やヒアルロン酸注入のみの手軽な施術も可能になりました。ヒアルロン酸の種類も豊富にあるため、切開以外の方法でも患者様の理想の鼻に近づけるようになりました。TCBでは多くの症例がありますので、患者様のお悩みに合わせてご相談に乗らせていただきます。

東京中央美容外科【TCB新宿東口院】
院長 原田 浩光

鼻の整形のお悩み相談一覧

お悩みの種類

お顔の悩み

鼻の悩み

鼻の整形は、プロテーゼかヒアルロン酸注入、どっちの方が良いのでしょうか?昔から鼻がコンプレックスで、整形したいです。
鼻の整形において、プロテーゼのメリットは、一度入れたらそのまま維持されるということです。それに対し、ヒアルロン酸は入れてから徐々に吸収されていきます。そのかわり、プロテーゼよりも気軽に施術が受けれます。プロテーゼのダウンタイムは1週間程かかりますが、ヒアルロン酸ならほぼありません。 鼻先にはヒアルロン酸を注入しません。理由は、血流が悪くなることがあるからです。鼻先が気になる人は鼻尖形成を追加で受けることも可能です。
お悩みの種類

鼻の悩み

私の鼻は団子鼻と言うかぶた鼻というか。 どういう手術を受ければ良いでしょうか?
ご質問ありがとうございます。 鼻の形を整える手術としては、小鼻縮小術や鼻先縮小術などが挙げられます。 小鼻縮小術は、文字通り小鼻を小さくさせて鼻の横幅を小さくするものです。 鼻先縮小術は、鼻の穴の形を整えて細く小さくするものです。 これらの手術は組み合わせて行うことも可能ですので、ご希望やお鼻の状態に合わせて施術を選択されるとよろしいかと思います。
お悩みの種類

お顔の悩み

よくある質問

鼻にメスを入れずに小さくする方法ってあるんですか?
鼻を小さくするには鼻翼(鼻の穴)を小さくする方法と、鼻の先を尖らせる方法があります。 どちらもメスを使って修正する施術と、針から糸を折り返して締める方法があります。 また細かいトゲが付いた糸を入れてトゲの引っ掛かりで締める方法などもあります。 メスを使わない糸を用いた施術は傷もなく腫れも軽度ですが、時間の経過でだんだんと元に戻ってしまうことがあります。 施術を受けられる方の鼻の形状によっても適応が異なることがありますので担当医とよくご相談してみて下さい。
お悩みの種類

お顔の悩み

鼻の悩み

僕の鼻は見事なくらいダサいです。 鼻をなんとかしてアイドルの様な高く整った鼻にしたいのですがなにか方法はありますでしょうか?
高さを出すには手軽なものであればヒアルロン酸があります。半永久的な効果を求めるのであればシリコンプロテーゼ(人工軟骨)を用いる方法もあります。まずは担当医に悩みをぶつけていただき、その人に合った鼻のイメージを一緒に共有するところから始めましょう。 鼻の悩み、理想の鼻のイメージは人それぞれです。もう少し高さがあったら、小鼻が小さければ、鼻先がシャープであれば、、、など、鼻ひとつとっても人により悩みは異なります。 鼻がダサい、鼻を高くしたい。という悩みを、ご相談の医師に対して明確に共有いただけることがより良い方法と言えます。
お悩みの種類

お肌の悩み

お顔の悩み

よくある質問

プロテーゼ・ヒアルロン酸それぞれの違いってなんですか?
プロテーゼとは体内へ入れる人工物の総称を指します。 美容領域では、シリコンまたはゴアテックスという素材が代表的です。取り出さない限りは永久的に体内に残ります。 美容領域においては、鼻や顎に入れるイメージが強いかと思われます。 ヒアルロン酸とはもともと体内にもある物質名を指します。そのため、注入した後は時間とともに体内に吸収されることが一般的です。 美容領域においては、プロテーゼと同様に鼻や顎、ほうれい線や唇、豊胸などにも使用されます。
お悩みの種類

よくある質問

整形のヒアルロン酸注射は一本で 何年ほど持ちますか?
美容整形で用いるヒアルロン酸には様々な種類があり、その持続期間はヒアルロン酸の種類、ヒアルロン酸の使用量、ヒアルロン酸を打つ部位によって幅があります。 一概には言えませんが、ヒアルロン酸の持続期間は1ヶ月から2年の間と考えて下さい。
  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • 画像診断も可能 無料メール相談

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
無料メール相談・Web予約24時間受付中