鼻の整形

鼻の整形のお悩み相談一覧

お悩みの種類

お顔の悩み

鼻の悩み

鼻の整形は、プロテーゼかヒアルロン酸注入、どっちの方が良いのでしょうか?昔から鼻がコンプレックスで、整形したいです。
鼻の整形において、プロテーゼのメリットは、一度入れたらそのまま維持されるということです。それに対し、ヒアルロン酸は入れてから徐々に吸収されていきます。そのかわり、プロテーゼよりも気軽に施術が受けれます。プロテーゼのダウンタイムは1週間程かかりますが、ヒアルロン酸ならほぼありません。 鼻先にはヒアルロン酸を注入しません。理由は、血流が悪くなることがあるからです。鼻先が気になる人は鼻尖形成を追加で受けることも可能です。

TCB新横浜美容外科 血管外科クリニック
医師 真鍋 秀明

お悩みの種類

鼻の悩み

私の鼻は団子鼻と言うかぶた鼻というか。 どういう手術を受ければ良いでしょうか?
ご質問ありがとうございます。 鼻の形を整える手術としては、小鼻縮小術や鼻先縮小術などが挙げられます。 小鼻縮小術は、文字通り小鼻を小さくさせて鼻の横幅を小さくするものです。 鼻先縮小術は、鼻の穴の形を整えて細く小さくするものです。 これらの手術は組み合わせて行うことも可能ですので、ご希望やお鼻の状態に合わせて施術を選択されるとよろしいかと思います。

TCB郡山院
医師 樅山 真紀

お悩みの種類

お顔の悩み

よくある質問

鼻にメスを入れずに小さくする方法ってあるんですか?
鼻を小さくするには鼻翼(鼻の穴)を小さくする方法と、鼻の先を尖らせる方法があります。 どちらもメスを使って修正する施術と、針から糸を折り返して締める方法があります。 また細かいトゲが付いた糸を入れてトゲの引っ掛かりで締める方法などもあります。 メスを使わない糸を用いた施術は傷もなく腫れも軽度ですが、時間の経過でだんだんと元に戻ってしまうことがあります。 施術を受けられる方の鼻の形状によっても適応が異なることがありますので担当医とよくご相談してみて下さい。

TCB世田谷院
医師 山崎 智徳

お悩みの種類

お顔の悩み

鼻の悩み

僕の鼻は見事なくらいダサいです。 鼻をなんとかしてアイドルの様な高く整った鼻にしたいのですがなにか方法はありますでしょうか?
高さを出すには手軽なものであればヒアルロン酸があります。半永久的な効果を求めるのであればシリコンプロテーゼ(人工軟骨)を用いる方法もあります。まずは担当医に悩みをぶつけていただき、その人に合った鼻のイメージを一緒に共有するところから始めましょう。 鼻の悩み、理想の鼻のイメージは人それぞれです。もう少し高さがあったら、小鼻が小さければ、鼻先がシャープであれば、、、など、鼻ひとつとっても人により悩みは異なります。 鼻がダサい、鼻を高くしたい。という悩みを、ご相談の医師に対して明確に共有いただけることがより良い方法と言えます。

TCB横浜院
医師 大西 雅樹

お悩みの種類

お肌の悩み

お顔の悩み

よくある質問

プロテーゼ・ヒアルロン酸それぞれの違いってなんですか?
プロテーゼとは体内へ入れる人工物の総称を指します。 美容領域では、シリコンまたはゴアテックスという素材が代表的です。取り出さない限りは永久的に体内に残ります。 美容領域においては、鼻や顎に入れるイメージが強いかと思われます。 ヒアルロン酸とはもともと体内にもある物質名を指します。そのため、注入した後は時間とともに体内に吸収されることが一般的です。 美容領域においては、プロテーゼと同様に鼻や顎、ほうれい線や唇、豊胸などにも使用されます。

TCB川口院
医師 土門 駿也

お悩みの種類

よくある質問

整形のヒアルロン酸注射は一本で 何年ほど持ちますか?
美容整形で用いるヒアルロン酸には様々な種類があり、その持続期間はヒアルロン酸の種類、ヒアルロン酸の使用量、ヒアルロン酸を打つ部位によって幅があります。 一概には言えませんが、ヒアルロン酸の持続期間は1ヶ月から2年の間と考えて下さい。

TCB新横浜美容外科 血管外科クリニック
医師 真鍋 秀明

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • 画像診断も可能 無料メール相談

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
無料メール相談・Web予約24時間受付中