東京中央美容外科
《TCB川口院》

TCB川口院のご案内

川口院内

東京中央美容外科 川口院

東京中央美容外科 川口院

川口院は、川口駅から徒歩2分にある美容外科クリニックです。
じっくりとご希望を伺い十分な説明と同意を経て、しっかり患者様が納得した上での施術を心掛けております。

TCB川口院の口コミを見る

TCB川口院へのアクセス

所在地

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3丁目8-15 太陽サパールビル8F

受付・診療時間/休診日

受付時間
10:00~19:00
診療時間
10:00~19:00
休診日
不定休

お電話でのご連絡 0120-008-335

または048-280-6407まで

(美容外科・美容皮膚科・脱毛に関するご質問のみでも可能です。)

クリニックまでの行き方

JR川口駅からお越しの方

  • 川口院ルート01

    ①JR川口駅の東口からペデストリアンデッキに出ます。

  • 川口院ルート02

    ②正面の通路をまっすぐ進みます。

  • 川口院ルート03

    ③ビルに突き当たりましたら、右折します。

  • 川口院JRルート04

    ④少し進み、階段から地上へ降ります。

  • 川口院JRルート05

    ⑤階段を降りたらそのまま直進します。

  • 川口院JRルート06

    ⑥途中、横断歩道を1回渡ります。

  • 川口院JRルート07

    ⑦横断歩道を通過し少し進むと、左手にショーウィンドウのあるビル「太陽サパールビル」があります。エレベーターで8Fまでお越しください。

場所がわからなくなってしまった場合は、受付スタッフが口頭にてご案内させていただきます。
どうぞお気軽にクリニックまでお電話(0120-008-335)ください。

TCB川口院近くの駐車場

東京中央美容外科グループでは、クリニック滞在中の駐車料金の無料サービスを実施しています。
お車でお越しの患者様は、駐車券をクリニック受付にご提示ください。
TCBの各種優待制度についてはこちらをご覧ください。
※ 上記以外の駐車場をご利用の場合もサービスの対象となります。
※ 駐車料金無料サービスと他の割引サービス(モニターなど)との併用はできません。

5月顧客満足度NO.1川口院

5月顧客満足度NO.1川口院

川口院で人気の美容整形施術一覧

ドクター紹介

川口院院長土門先生

川口院 院長
土門 駿也
Shunya Domon

ごあいさつ

「100点、取ったことありますか?」

この質問を投げかけられたら、「Yes」と答えられる方がほとんどだと思います。小学校までさかのぼれば、100点を取ったことがないという方は、ほぼいないでしょう。

しかし、学年が上がるにつれて徐々に100点を取ることが難しくなります。これは医療・美容の世界においても似たようなことが言えると思います。
若いうちは、暴飲暴食・夜更かし等、多少無理をしても健康上、肉体上(美容上)に大きな変化は表れません。
しかし、加齢とともにその影響は大きくなっていきます。

では、もう一つ質問させてください。

「今現在の自分の状態(健康状態、外見、生活状況等々)は何点ですか?」

今度の質問で「100点」と答えられる人は、ほぼ皆無であると思われます(いらっしゃったらごめんなさい)。
質問にある“今現在の自分の状態”を、QOL(Quality of Life:生活の質)と呼ぶことがあります。1960年代にアメリカの社会経済から生まれた言葉ですが、1980年代には医療の世界では主にがんや慢性疾患の終末期に使われることが多くなりました。
現在、2020年の東京オリンピックを間近とする中で、QOLという言葉は医療現場のみならず、様々な場面で使われるようになり、QOLを向上させることが生活を充実させることにつながるとされています。

「医療とは、患者様のQOLを100点に近づけることである」というのが、私の持つ医療観です。

過去に携わった心臓血管外科でも、現在の美容外科でも、やることは同じだと思っております。

例えば、QOLの0点が死、100点が健康で順風満帆な生活だとして、大動脈解離という病気で今にも亡くなりそうな患者様を救えば、10点のQOLを50点までは戻すことができる。
一重まぶたで悩んでいる患者様を二重まぶたにすれば、80点のQOLを90点、100点まで上げることができる。
前者は命を救っているので、もちろん医師として素晴らしいことだと思いますが、人生を変える=QOLを向上させるという点においてはどうでしょうか。
生命に対する貢献度は違えども、人の生活をより良くするという本質は同じものだと考えています。
医療と美容、保険診療と自由診療などの違いはありますが、あくまで人間が決めた枠組みに当てはめたものです。「患者様のために」ということにおいては、差異はないでしょう。

私は「多くの患者様のQOLを100点に」を信念として日々精進し、これからも邁進していく所存です。ご自身の生活をより良くしたいという方は、ぜひ一度ご相談ください。

経歴

2014年
日本医科大学 卒業
2014年
板橋中央総合病院
2015年
明理会中央総合病院 心臓血管外科
2015年
春日部中央総合病院 心臓血管外科
2015年
イムス葛飾ハートセンター 心臓血管外科
2015年
イムス富士見総合病院 小児科
2016年
帝京大学医学部附属病院 心臓血管外科
2016年
新松戸中央総合病院 心臓血管外科
2017年
新久喜総合病院 心臓血管外科・外科・集中治療・救命救急
2018年
東京中央美容外科 川口院 院長

症例内容

各施術について土門医師の見解|川口院

二重整形・二重まぶた

美容整形のスタンダード、二重術
痛みと腫れを抑えるための徹底的なこだわり

医師写真

人の第一印象はほぼ3秒で決まると言われており、視覚の占める割合は55%もあるといわれています。その中で一番大切なのが目です。人と話をするときには相手の目を見て話すので、目は重要な部分となり、顔の中でも第一印象を印象づけるのにとても大事なパーツです。
糸で二重を作る埋没法は、ダウンタイムも少なく気軽にできるためプチ整形として身近になり、最近ではお子様(中学生以上)や男性も行うのが当たり前のようになってきています。早く行っていれば良かったという声をよく聞かれる施術です。
埋没法には個人差はありますが、数年で糸が取れてしまうことがあります。二重を半永久的に手に入れたいという方には切開法もございますので、ご自身のご希望に合わせた処置内容をお選びいただけます。
また、部分的に1㎜程の小さな傷をつけて形を調整する「ナノカット」を組み合わせたエタニティパーフェクト法は取れにくく、永久保証もついているため当院人気の施術です。
その他にも、数㎜の小さな穴から脂肪を取り出しぱっちり二重にする「瞼の脂肪取り」を組み合わせていただくことで、より希望の二重に近づけることができます。
デザインや幅を変えることでお顔全体の印象が大きく変わるため、ご相談に来る患者様が最も多い施術です。

東京中央美容外科【TCB川口院】
院長 土門 駿也

二重整形・二重まぶたの
詳細はこちら

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • 画像診断も可能 無料メール相談

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
無料メール相談・Web予約24時間受付中