人中短縮術

鼻の下を短くしてお顔の印象を変える 人中短縮術 リップリフト・上口唇短縮

人中短縮術
症例写真はこちら

人中短縮術とは

人中短縮術のイメージ図

鼻と唇の間の溝を人中(じんちゅう)といいます。
人中短縮術は「リップリフト」や「鼻下短縮術」ともいわれており、鼻下の皮膚を数mm切除することで鼻と唇の距離を縮め、理想のバランスに近づけます。
その結果、のっぺりとした印象が改善され、華やかな「美人顔」へと生まれ変わります。

すっぴんでも「美人顔」に

「人中が短い=美人顔」というのは一般的に浸透し始めており、メイクで人中を短く見せる「人中短縮メイク」が各メディアで紹介されています。実際の上唇よりもオーバーにリップを塗ることで可愛らしい印象を与えられるだけでなく、唇をぷっくり見せることもできますが、メイクを落とすと「顔がぼんやりするな…」と落ち込んでしまうもの。
しかし、人中短縮術を受けることでぷっくりとした唇が手に入り、常に「美人顔」でいられるためスッピンに自信を持つことができます。

人中の理想の長さ・バランス

美しさの印象は目で決まると思っている方が多くいらっしゃいますが、モデルや女優のようないわゆる「美人顔」かどうかは顔の下半分のバランスが大きく関係しており、特に鼻下~あごまでのバランスは重要です。
日本人の場合、鼻下~上唇までの長さは平均1.5cmといわれていますが、理想的な長さというのは特にありません。あくまで重要なのはバランスで、「鼻下~唇:唇~あご先」の比率が1:2となっているのが理想的です。

人中短縮でバランスを整える

人中短縮術はこんな方におすすめ

  • 鼻の下が長く見えてしまう
  • 面長な印象・老けた印象を解消したい
  • 「のっぺり顔」を改善したい
  • 唇をふっくらとさせたい
  • 毎日の人中短縮メイクを卒業したい

人中短縮術の効果・メリット

老けた印象・間延びした印象が解消される

笑顔の美女

人中が長いと老けて見えてしまったり、間延びした印象を与えてしまいますが、鼻下を短くすることで若々しい印象に生まれ変わり、顔全体が引き締まって見えるようになります。
人中短縮術は「若い人が受けるもの」というイメージがあるかもしれませんが、表情筋の衰えや皮膚のたるみによって鼻下が長くなるため、年齢を重ねた方にもエイジングケアとしておすすめできます。

ふっくらとした上唇になり、女性らしさがアップする

美しい唇

人中短縮術は「リップリフト」ともいわれるとおり、縫合の際に上唇が引き上げられるため唇に立体的な厚みが生まれます。
人中を短くすることで「美人顔」になるだけでなく、女性らしい唇に生まれ変わるため、より魅力的でセクシーな印象を与えることができます。

ボトックス注射による人中短縮よりも持続期間が長い

人中へのボトックス注射

ボトックス注射で人中を短縮する方法もありますが、気軽に施術を受けられる反面、効果の持続期間が短いというデメリットがあります。
しかし、切開を伴う人中短縮術を一度受ければ効果が持続するため、コンプレックスが解消されるだけでなく、半永久的に美人顔をキープすることができます。

人中短縮術の施術の流れ・施術方法

STEP1. カウンセリング

カウンセリング

カウンセリングで患者様のご希望を医師がしっかりとお伺いし、仕上がりのイメージを共有します。
施術についてご不安や疑問な点がありましたら、些細なことでもお気軽にお伝えください。丁寧なカウンセリングで不安を解消します。

STEP2. デザイン・マーキング

人中短縮術の方法

皮膚をどの程度切除するかによって印象が大きく変わるため、施術前のデザインはとても重要です。
鼻下が14~18mmとなるように他のパーツとのバランスをとりながら調整し、鏡を見てイメージの最終確認を行います。

STEP3. 切開・縫合

人中短縮術による切開

施術中に痛みを感じないように麻酔を使用します。麻酔が効いてきたらマーキングした部分を切除し、傷口が目立ちにくくなるよう丁寧に縫合します。施術時間は40~60分ほどです。

症例写真

Case1

  • BEFORE 人中短縮術症例写真1BEFORE
  • AFTER 人中短縮術症例写真1AFTER

Case2

  • BEFORE 人中短縮術症例写真2BEFORE
  • AFTER 人中短縮術症例写真2AFTER
手術名:
人中短縮術
手術の説明:
鼻の下の皮膚を切開し、余分な皮膚を除去することで鼻と上唇の間を狭める手術です。
手術の副作用(リスク):
腫れ・痛み・傷跡:2日~1ヶ月程度
まれに起こる副作用(リスク):
出血・違和感・感染症など
手術の価格:
234,300円 ~ 498,000円(税込)

監修医:福岡天神院 院長 村田 将光

治療詳細・注意事項・副作用・リスクなど

治療時間
40~60分
ダウンタイム
2~4週間
腫れ・傷跡
腫れは1週間ほど、傷跡は1ヶ月ほどで目立たなくなっていきます。
メイク・洗顔・運動・シャワー・入浴
  • ・メイクやシャワーは当日から可能ですが、患部を避ける必要があります。
  • ・入浴は、抜糸後から可能です。
通院
施術5~7日後に抜糸のためご来院いただきます。
その他の注意事項
  • ・ごくまれに傷口から細菌が入り、感染症を引き起こすおそれがあります。
  • ・血行が良くなると腫れが強くなるため、抜糸するまで激しい運動や長時間の入浴は控えることをおすすめします。

人中短縮術の合併症とデメリット

術後の出血・痛み・違和感

  • 施術後、1-2日は傷跡から出血する場合がありますが特に心配ありません。清潔なガーゼでふき取ってください。
  • 当日、麻酔が切れてくると痛みが出てくることがありますが、鎮痛剤をお飲みいただくことで抑えられます。
  • 鼻の下・口周りのしびれや動かしにくさなど違和感を感じることがありますが、経過とともに改善していきます。

傷跡

鼻下を横に長く切開する施術であるため、傷跡が残るリスクがないわけではありません。人中部分はケロイドになりやすい傾向があります。
傷跡が残らないようにするために、表皮と真皮の2層縫合を行います。

術後1か月前後は傷跡に赤みが残ります。
また極まれに傷口から細菌が感染して膿んでしまうことがあります。洗浄、抗生剤の投与が必要なためクリニックにご連絡ください。

上唇が厚くなる

人中短縮術は鼻下を縫合するため上唇がめくれ上がり、唇が厚くなります。もともと唇にボリュームのある方は人中短縮術によって「たらこ唇」になる可能性があるため、施術を受けるべきか慎重に判断する必要がありますが、唇をふっくらさせたい方にはむしろ人中短縮術はおすすめです。

唇の厚みにお悩みの方はこちら

人中を短くしすぎると修正できない

人中短縮術においては、人中を短くすることよりも顔全体のバランスに合った仕上がりにすることのほうが大切です。
「とにかく人中を短くしたい」といってご自身に似合わないデザインにしたり、未熟な医師が施術を行ったりすることで仕上がりが不自然になり、患者様が「失敗した…」と後悔するリスクが高まってしまいます。一度鼻下の皮膚を切除すると、元の長さに修正することはできません。
人中短縮術で失敗や後悔をしないためにも、経験豊富な医師に施術を担当してもらいましょう。

ガミースマイルが強調される

口を開けて笑ったときに歯茎が見えることを「ガミースマイル」といいますが、人中短縮術を受けると上唇が少し引き上げられるため、ガミースマイルの方は症状がより一層目立ってしまう可能性があります。
TCBでは、ガミースマイルを解消するメニューもご用意しております。ボトックス注射による気軽な治療も、切開による本格的な治療もご用意しておりますので、気になる方はカウンセリング時に医師やスタッフにお尋ねください。

ガミースマイルにお悩みの方はこちら

術後の痛みも感じたくない方へ

TCBでは、術後痛みが出やすいと言われる約72時間の痛みを抑えることができる麻酔(エクスパレル麻酔)を取り扱っております。(※対象院:渋谷西口院、八王子院、仙台駅前院)

エクスパレル麻酔

人中短縮術の料金

TCB東京中央美容外科では患者様にご満足いただける施術を多数ご用意しております。
施術ごとの詳しい価格については料金表をご覧ください。

料金表を見る

よくあるご質問

失敗しても元に戻すことはできますか?
鼻下の皮膚を切除してしまっているので元に戻すことはできません。
術後の傷跡が心配です。跡が残らないでしょうか?
鼻下の傷跡をどんなにきれいに縫合しても、赤みが残ってしまうことがあります。これに関しては個人差があります。
赤みは長いと2,3か月続く例もございます。
術中術後の痛みが心配です。
各種麻酔を用意しております。点眼麻酔を行ってからさらに局所麻酔をします。怖い方は笑気麻酔(吸入麻酔)を併用されると怖さが少し和らぐでしょう。
術中に痛みはほとんど感じません。
人中短縮術とその他の鼻の整形手術は同時に受けられますか?
可能です。

団子鼻を解消する鼻のお悩み別施術方法

切らない鼻中隔延長

切らない鼻中隔延長

鼻の低さでお悩みの方へ

糸を用いた鼻先を伸ばす団子鼻解消治療で、伸縮性に富む突起のついた糸を鼻に挿入し、周囲組織を引っ張り上げて鼻中隔を引き伸ばします。 鼻自体が低く小さい方という方に向いている治療法です。

切らない鼻中隔延長へ

鼻尖形成

鼻尖形成

鼻先の丸みが気になる方へ

糸を用いた鼻先を尖らせる団子鼻解消治療で、鼻の穴の中をわずかに切開し、医療用糸で軟骨と皮下組織を縛り上げて鼻先をシャープにします。鼻先が丸い団子鼻、にんにく鼻タイプの方に特に効果的です。

鼻尖形成へ

TCB式鼻先尖鋭術

TCB式鼻先尖鋭術

医療用素材で団子鼻をスッキリ解消

医療用素材を鼻腔内から挿入して鼻先をデザインする、伸ばす効果と尖らせる効果を両立させた、TCBの名を冠する最新の団子鼻治療です。 自己組織が入り込み置き換わることで効果が長期間持続します。

TCB式鼻先尖鋭術へ

団子鼻・小鼻・鼻の穴を小さく

鼻を高く・隆鼻術

本ページの監修医師

鼻の大きさ、形、高さは顔の印象を大きく変える重要な要素です。美容整形で鼻の大きさや高さを少し整えるだけで、可愛らしい、美しい印象を与えることができます。TCBでは一人ひとりのお悩みに合わせて、切開して半永久的な持続性を持たせる手術や医療用の糸を使用して鼻を高くする施術など幅広い治療法をご用意しております。カウンセリングを通し、患者様のお悩みを解決するための適切なプランをご提案いたしますので、一度クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

東京中央美容外科【TCB福岡天神院】
院長 村田 将光

村田 将光 医師

詳しいプロフィールを見る

経歴

熊本大学医学部 卒業
熊本大学病院 第一外科
人吉総合病院 外科
済生会熊本病院 心臓血管外科
榊原記念病院 心臓血管外科
新山手病院 心臓血管外科 医長
JR東京総合病院 心臓血管外科 主任医長
東京中央美容外科 福岡天神院 院長

備考

ボトックスビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® バイクロス 認定医
日本美容外科学会(JSAS) 正会員
日本心臓血管外科学会 専門医

さまざまな学会の専門医・会員が在籍

TCB東京中央美容外科は、日本美容外科学会(JSAS)正会員、日本形成外科学会(JSAPS)専門医・正会員、日本形成外科手術手技学会会員、日本外科学会会員・専門医、日本整形外科学会会員・専門医、日本皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会正会員、日本アンチエイジング外科学会会員、乳房再建エキスパンダーインプラント責任医師、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会正会員、日本静脈学会会員、日本脈管学会専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医、日本創傷外科学会会員・専門医、日本熱傷学会会員・専門医、日本創傷治癒学会会員、皮膚腫瘍外科分野指導医・領域指導医、日本Acute Care Surgery学会会員、日本整容脳神経外科学会会員、日本頭蓋額顔面外科学会正会員、日本口蓋裂学会正会員、日本ペインクリニック学会正会員、日本マイクロサージャリー学会会員、日本麻酔科学会正会員、麻酔科認定医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医、日本臨床外科学会会員、医学博士、などの資格を持つ医師が在籍しています。

医師紹介はこちら

医療広告ガイドラインについて

TCB東京中央美容外科では、医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

  1. ①体験談の削除
  2. ②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載

患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV・CM放映情報

TCB東京中央美容外科がTVやCMで放映された
情報についてご紹介します。

2022/9/7 テレビ

石川テレビ2022/9/7放送「みるこっちゃ」に金沢院院長の伊藤先生が出演しました。

2022/9/7 テレビ

テレビ静岡2022/9/7放送「ウレセン」に静岡院院長の吉井先生が出演しました。

2022/9/3 テレビ

北海道文化放送2022/9/3放送「いっとこ!」に札幌院院長の篠永先生が出演しました。

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE