HAIR
REMOVAL

うなじの脱毛 アップヘアやショートヘアの似合う後ろ姿美人に。
うなじを自然にスッキリと整えます。

うなじの脱毛

うなじは目の届かない範囲にあるので自己処理が難しい部位ですが、案外人から見られています。脱毛することで、ポニーテールやショートヘアが似合う「後ろ姿美人」になります。患者様のお好みに合わせてうなじをデザインいたします。

  • うなじの脱毛の所要時間

    15分

    • 上記時間は目安時間になります。毛量・毛質などにより変動する場合がある旨予めご了承ください。
    • カウンセリング等の事前準備に関しては別途お時間が掛かります。

    うなじの脱毛の痛み

    うなじ

    うなじ脱毛は基本的に強い痛みを伴いませんが、太めの毛が生えている部分は痛みを感じる場合があります。

    うなじの脱毛の範囲

    うなじの脱毛範囲

    首の付け根からえりあしまでが脱毛範囲となります。
    ※髪の毛部分は照射範囲に含みません。

    うなじの脱毛のリスク

    炎症性浮腫
    毛嚢炎
    増毛・硬毛化
    打ち漏れ
    火傷

    うなじやえりあしは、脱毛によるトラブル・リスクはほとんどありません。照射後に赤みが出ることが稀にありますが、ほとんどの場合、数時間で落ち着きます。

    うなじの脱毛時の服装・体勢

    照射の際に髪の毛が邪魔にならないようタオルでまとめて、うつぶせになっていただきます。ご希望のデザインに合わせてジェルを塗布し、照射を行っていきます。

うなじの脱毛を含むおすすめのプラン

人気の"全身脱毛”では、顔脱毛やVIO脱毛の有無を選択することが可能です。また、ニーズの高い「ひたい・頬・鼻下・あご・首・うなじ・ワキ」などの部位は、全身22部位からお好きな5部位を選べる”お好みセレクト部分脱毛”をご用意しており、あなただけのプランで無駄なく脱毛をすることができます。

蓄熱式脱毛器と熱破壊式脱毛器の選択照射!

うなじの脱毛のポイント

  1. ムダ毛を気にせずに、さまざまな髪型・服装を楽しめる

    うなじのムダ毛が目立っていると、ポニーテールやショートヘアなどの可愛いヘアスタイルも垢抜けない印象になってしまいます。うなじ脱毛をすると、えりあしがスッキリするので首の後ろが開くヘアスタイルが似合うようになります。また、浴衣・着物やドレスもより一層美しく着こなすことができます。

  2. うなじを美しく整えられる

    うなじはご自身の目で確認しながら自己処理できない部位なので、自己処理だとうなじの形がいびつになってしまったり、必要な部分を剃ってしまうこともあります。うなじ脱毛をすると、プロの手によってお好みのデザインに整えられるので、美しくスッキリとしたえりあしを手に入れることができます。

  3. 首が長く見え、後ろ姿が美しくなる

    うなじを脱毛すると首周りがスッキリとするため、首が長く見える効果があります。首周りがスッキリすることで、垢抜けない印象が爽やかな印象になり「後ろ姿美人」になります。

痛み軽減への取り組み

  • 痛みの少ない脱毛器を導入

    痛みの少ない脱毛器を導入

    TCBでは痛みの少ない、最新の蓄熱式脱毛器・熱破壊式脱毛器を導入しています。痛みは太く濃い毛、細く薄い毛など、部位や体質によって人それぞれ差は出ますが、医療脱毛機器の出力が高いと痛みを感じることがあるため、痛みを軽減したい場合、痛みの少ない脱毛器を導入しているクリニックを通うことをおすすめします。

  • 麻酔の使用

    麻酔の使用

    比較的痛みを感じやすい部位に関しては、各種麻酔を使って痛みを限界まで抑えることもできます。TCBでは麻酔注射、笑気麻酔をご用意しておりますので、痛みが不安な場合はお気軽にご相談ください。

  • 無償照射テストが可能

    無償照射テストが可能

    痛みに弱い方や不安な方に対して、脱毛器に空きがある場合は無償の照射テストを実施しています。

脱毛前、後のケア・注意事項

  • 医療脱毛施術後のケア

    医療脱毛施術後のケア

    医療脱毛の痛みは、日頃のセルフケアで軽減可能です。普段から肌のお手入れをしっかり行いましょう。肌は、乾燥をすればするほど痛さを感じる度合いも強くなります。乾燥を防ぐには、化粧水をつけて肌の水分補給をし、保湿クリームや乳液などで水分を閉じ込めることが有効です。

  • 肌をしっかり冷やす

    肌をしっかり冷やす

    医療レーザーの照射時に肌がしっかり冷却されていると、痛みを感じにくくなります。冷やす工程を挟まずに医療レーザーを当てていくと、熱が皮膚に溜まっていき肌が焼けて火傷になってしまうこともあります。特に痛みに敏感な方は、担当の先生に相談することをおすすめします。

  • 炎症を抑える薬を処方してもらう

    炎症を抑える薬を処方してもらう

    痛みには個人差がありますが、中には脱毛後もヒリヒリした痛みが続いてしまう方もいらっしゃいます。この場合は、炎症を抑える薬を処方してもらいましょう。症状によっては痒み止め、抗生剤の内服治療も行うので担当の先生に相談をすることをおすすめします。

PAGE TOP