HAIR
REMOVAL

お腹の脱毛 おへそ周りの細かいムダ毛を、少ない痛みでしっかりと脱毛できます。

お腹の脱毛

お腹は柔らかく、デリケートな部位ですので、自己処理を行うと肌トラブルを招く原因になります。安全な医療脱毛できれいなお肌に改善すれば、へそ見せコーデや水着姿に自信が付きますし、ジムやヨガなどの自宅以外で着替える際も周りの目を気にせず楽しめます。

  • お腹の脱毛の所要時間

    15分

    • 上記時間は目安時間になります。毛量・毛質などにより変動する場合がある旨予めご了承ください。
    • カウンセリング等の事前準備に関しては別途お時間が掛かります。

    お腹の脱毛の痛み

    お腹

    お腹は痛みを感じにくい部位ですが、脇腹や腰骨周りは若干の痛みを感じる場合があります。

    お腹の脱毛の範囲

    お腹の脱毛の範囲

    胸のアンダーラインから、へそ下までの部分(一般的な下着の上のライン)までが照射範囲です。
    脇腹(側面)も含まれます。

    お腹の脱毛のリスク

    炎症性浮腫
    毛嚢炎
    増毛・硬毛化
    打ち漏れ
    火傷

    お腹の毛は細く、毛質が産毛に近いため「増毛化」もしくは「硬毛化」を引き起こしてしまう可能性があります。ただし、治療を重ねていくことで改善される場合がほとんどですので、ご安心ください。

    お腹の脱毛時の服装・体勢

    上下に分かれてる服であれば、着替えを行わずにトップスをめくって照射いたします。お洋服のしわが気になる場合は、ブラジャーを付けた状態でタオルを巻いていただくか、もしくはガウンに着替えていただきます。

お腹の脱毛を含むおすすめのプラン

人気の"全身脱毛”では、顔脱毛やVIO脱毛の有無を選択することが可能です。また、ニーズの高い「ひたい・頬・鼻下・あご・首・うなじ・ワキ」などの部位は、全身22部位からお好きな5部位を選べる”お好みセレクト部分脱毛”をご用意しており、あなただけのプランで無駄なく脱毛をすることができます。

蓄熱式脱毛器と熱破壊式脱毛器の選択照射!

お腹の脱毛のポイント

  1. 水着や下着の試着が恥ずかしくない

    普段人目につかない分、お腹のムダ毛をうっかり処理し忘れていたという経験はありませんか?しっかりとお手入れをしていれば、水着や下着の試着時に、店員さんの視線が気になることもありません。

  2. 夏場のあせも予防に効果的

    汗ばむ季節になると、あせもができてしまい、痒みや赤みにお悩みの方も多いはずです。お腹の脱毛をすることで、毛によって汗がお肌に留まることがなくなるため、夏でもお肌を衛生的に保ちつつ、あせも予防に繋がります。

  3. 色素沈着を回避

    お腹の皮膚はとてもデリケートですので、カミソリやシェーバーを使用した自己処理の場合、皮膚を傷付けてしまい、お肌がくすんでしまうことがあります。医療脱毛を行えば、くすみや黒ずみのない滑らかなお肌に改善できます。

痛み軽減への取り組み

  • 痛みの少ない脱毛器を導入

    痛みの少ない脱毛器を導入

    TCBでは痛みの少ない、最新の蓄熱式脱毛器・熱破壊式脱毛器を導入しています。痛みは太く濃い毛、細く薄い毛など、部位や体質によって人それぞれ差は出ますが、医療脱毛機器の出力が高いと痛みを感じることがあるため、痛みを軽減したい場合、痛みの少ない脱毛器を導入しているクリニックを通うことをおすすめします。

  • 麻酔の使用

    麻酔の使用

    比較的痛みを感じやすい部位に関しては、各種麻酔を使って痛みを限界まで抑えることもできます。TCBでは麻酔注射、笑気麻酔をご用意しておりますので、痛みが不安な場合はお気軽にご相談ください。

  • 無償照射テストが可能

    無償照射テストが可能

    痛みに弱い方や不安な方に対して、脱毛器に空きがある場合は無償の照射テストを実施しています。

脱毛前、後のケア・注意事項

  • 医療脱毛施術後のケア

    医療脱毛施術後のケア

    医療脱毛の痛みは、日頃のセルフケアで軽減可能です。普段から肌のお手入れをしっかり行いましょう。肌は、乾燥をすればするほど痛さを感じる度合いも強くなります。乾燥を防ぐには、化粧水をつけて肌の水分補給をし、保湿クリームや乳液などで水分を閉じ込めることが有効です。

  • 肌をしっかり冷やす

    肌をしっかり冷やす

    医療レーザーの照射時に肌がしっかり冷却されていると、痛みを感じにくくなります。冷やす工程を挟まずに医療レーザーを当てていくと、熱が皮膚に溜まっていき肌が焼けて火傷になってしまうこともあります。特に痛みに敏感な方は、担当の先生に相談することをおすすめします。

  • 炎症を抑える薬を処方してもらう

    炎症を抑える薬を処方してもらう

    痛みには個人差がありますが、中には脱毛後もヒリヒリした痛みが続いてしまう方もいらっしゃいます。この場合は、炎症を抑える薬を処方してもらいましょう。症状によっては痒み止め、抗生剤の内服治療も行うので担当の先生に相談をすることをおすすめします。

PAGE TOP