HAIR
REMOVAL

Oラインの脱毛 不快なにおいやかぶれを防止できるOライン脱毛。
自己処理が難しい部位だからこそ、TCBにお手入れをお任せください。

Oラインの脱毛

Oラインを脱毛することで、肛門周囲を清潔に保つことができ、不快なにおいやかぶれを防ぐことができます。Oラインは自分では見えにくく、自己処理によって傷ができやすいため、プロの手で綺麗にお手入れすることをおすすめします。

  • Oラインの脱毛の所要時間

    15分

    • 上記時間は目安時間になります。毛量・毛質などにより変動する場合がある旨予めご了承ください。
    • カウンセリング等の事前準備に関しては別途お時間が掛かります。

    Oラインの脱毛の痛み

    Oライン

    基本的に強い痛みを伴うことはありませんが、毛が太い方はチクっとした痛みを感じる場合があります。

    Oラインの脱毛の範囲

    Oラインの脱毛範囲

    肛門の周囲が脱毛範囲です。お尻全体は脱毛範囲に含まれないため、お尻全体の脱毛をご希望の方は「全身脱毛プラン」「下半身脱毛プラン」「お好みセレクト部分脱毛プラン」がおすすめです。

    Oラインの脱毛のリスク

    炎症性浮腫
    毛嚢炎
    増毛・硬毛化
    打ち漏れ
    火傷

    Oラインはお尻の奥に隠れているので照射が難しく、打ち漏れする場合があります。また、肌がデリケートな部分なので、痛みを感じる場合があります。痛みが不安な方、痛みに弱い方には麻酔の使用をおすすめしておりますので、遠慮なくお申し付けください。

    Oラインの脱毛時の服装・体勢

    施術室で下着を外し、クリニックでご用意しているガウンに着替えていただきます。照射時には必要な部分のみをめくって照射を行います。

Oラインの脱毛を含むおすすめのプラン

人気の"全身脱毛”では、顔脱毛やVIO脱毛の有無を選択することが可能です。また、ニーズの高い「ひたい・頬・鼻下・あご・首・うなじ・ワキ」などの部位は、全身22部位からお好きな5部位を選べる”お好みセレクト部分脱毛”をご用意しており、あなただけのプランで無駄なく脱毛をすることができます。

蓄熱式脱毛器と熱破壊式脱毛器の選択照射!

Oラインの脱毛のポイント

  1. Oラインを清潔に保てる

    Oライン脱毛のメリットは、肛門周囲を清潔に保てる点です。Oラインのムダ毛には排泄物や経血が付きやすく、汚れを放置するとかぶれや不快なにおいの原因になってしまいます。Oラインを脱毛すると、肛門周りを衛生的に保つことができ、かぶれや不快なにおいを防ぐことができます。

  2. 自己処理によるトラブルがなくなる

    Oラインは、ご自身でお手入れをしない方も多いですが、自分の目で確認できない範囲にあるため自己処理が難しい部位です。自己処理だと綺麗にムダ毛を処理できなかったり、手元が狂って傷ができてしまったりしますが、施術によって肌トラブルを起こすことなく綺麗に脱毛できます。

  3. 施術中も恥ずかしくない

    施術部位以外は、タオルで隠れています。また、熟練した女性スタッフが施術を担当しますのでスムーズに照射が進み、あっという間に施術が終わります。VIOゾーンの脱毛は、始めるまでは勇気がいるかもしれませんが、施術を受けてしまえばあっという間に終了しますので、恥ずかしさはなくなっていきます。

痛み軽減への取り組み

  • 痛みの少ない脱毛器を導入

    痛みの少ない脱毛器を導入

    TCBでは痛みの少ない、最新の蓄熱式脱毛器・熱破壊式脱毛器を導入しています。痛みは太く濃い毛、細く薄い毛など、部位や体質によって人それぞれ差は出ますが、医療脱毛機器の出力が高いと痛みを感じることがあるため、痛みを軽減したい場合、痛みの少ない脱毛器を導入しているクリニックを通うことをおすすめします。

  • 麻酔の使用

    麻酔の使用

    比較的痛みを感じやすい部位に関しては、各種麻酔を使って痛みを限界まで抑えることもできます。TCBでは麻酔注射、笑気麻酔をご用意しておりますので、痛みが不安な場合はお気軽にご相談ください。

  • 無償照射テストが可能

    無償照射テストが可能

    痛みに弱い方や不安な方に対して、脱毛器に空きがある場合は無償の照射テストを実施しています。

脱毛前、後のケア・注意事項

  • 医療脱毛施術後のケア

    医療脱毛施術後のケア

    医療脱毛の痛みは、日頃のセルフケアで軽減可能です。普段から肌のお手入れをしっかり行いましょう。肌は、乾燥をすればするほど痛さを感じる度合いも強くなります。乾燥を防ぐには、化粧水をつけて肌の水分補給をし、保湿クリームや乳液などで水分を閉じ込めることが有効です。

  • 肌をしっかり冷やす

    肌をしっかり冷やす

    医療レーザーの照射時に肌がしっかり冷却されていると、痛みを感じにくくなります。冷やす工程を挟まずに医療レーザーを当てていくと、熱が皮膚に溜まっていき肌が焼けて火傷になってしまうこともあります。特に痛みに敏感な方は、担当の先生に相談することをおすすめします。

  • 炎症を抑える薬を処方してもらう

    炎症を抑える薬を処方してもらう

    痛みには個人差がありますが、中には脱毛後もヒリヒリした痛みが続いてしまう方もいらっしゃいます。この場合は、炎症を抑える薬を処方してもらいましょう。症状によっては痒み止め、抗生剤の内服治療も行うので担当の先生に相談をすることをおすすめします。

VIO脱毛 に関するよくある質問

PAGE TOP