「切るフェイスリフト」の後遺症にはどのようなものがありますか?

①顔面神経麻痺、②感染症、③皮膚の壊死といった後遺症が出る場合があります。

「切るフェイスリフト」は皮膚だけではなく、筋膜内部の組織ごと引き上げる施術のため非常に高いリフトアップ効果が期待できます。

ただダウンタイムが長くかかってしまうことや、顔には顔面神経という表情筋を動かす信号を送る神経が走っているため、切開リフトによって顔面神経を傷つけてしまうと、顔が引きつる、痺れ、左右非対称になるといった後遺症が出る可能性があります。
また、皮膚にメスをいれる施術になるため傷口から細菌が入り、感染してしまうリスクがあります。
切開部分周辺が壊死してしまい、皮膚が収縮し引きつる可能性もあります。

以上のリスクを回避するためにも、「切るフェイスリフト」を受ける際は施術経験が豊富な医師に相談することをおすすめいたします。

このQAを監修したドクター

村田 大典

新宿三丁目院 院長

村田 大典

美しい仕上がりはもちろんのこと、施術を受けた患者さんの人生が幸せに変化する事を目指す。
全国から指名が殺到するリピーター率トップクラスの予約困難ドクター。

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中