タトゥー除去

最新レーザー治療でお肌の悩みを解決します タトゥー除去 切らずに除去 負担が少ない 目立たず綺麗 短時間

※一部の院では取り扱っておりません、
お問い合わせください。

タトゥー除去
症例写真はこちら

PICO LASER(ピコレーザー)の特徴

そばかすや肌のくすみ、シミにお悩みの方にオススメの治療です。シミやくすみの原因となるメラニン色素へ集中的にレーザーを照射し、色素を粉砕・除去します。

従来のナノ秒レーザートーニングと違い、「ピコ秒」で照射するPICO LASER(ピコレーザー)は、ナノ秒よりも超短時間で照射できます。
照射時間がより短くなったことで熱作用がほぼなく、衝撃波で色素を非常に細かく粉砕することができます。熱作用で粉砕しないので、組織周辺のダメージが減少、炎症後色素沈着も起こりにくくなるといったメリットもあります。
オプションでイオン導入や高濃度ビタミンC点滴、RegenSkinSRSマスクと併用すると効果的です。

PICO LASER(ピコレーザー)の特徴

効果が高いため、少ない照射回数で治療が終了します。
また、痛みや肌への負担が軽いのもピコレーザーの大きな利点です。

ピコレーザーを2回照射したあとの写真

施術名:
タトゥー除去(ピコレーザー)
施術の説明:
レーザー照射でタトゥーの色素を破壊する施術です。
施術の副作用(リスク):
腫れ・内出血・赤み:1日程度
まれに起こる副作用(リスク):
感染症・水ぶくれ・むくみ・色素沈着・色素脱失・かさぶた・ケロイドなど
施術の価格:
8,050円(税込) ~

監修医:仙台駅前院 院長 安本 匠

PICO LASERはシミやそばかすを改善したい方へオススメ!

ピコトーニングとは

そばかすや肌のくすみ、シミにお悩みの方にオススメの治療です。
シミやくすみの原因となるメラニン色素へ集中的にレーザーを照射し、色素を粉砕・除去します。

従来のレーザートーニングと違い、PICO LASERが照射するレーザーは「ピコ秒」という極めて短い波長のもので、周囲の皮膚組織への熱ダメージが少ないのが特徴です。

オプションでイオン導入や高濃度ビタミンC点滴、RegenSkinSRSマスクと併用すると効果的です。

PICO LASERが照射するレーザーは「ピコ秒」という極めて短い波長のもので、周囲の皮膚組織への熱ダメージが少ないのが特徴です。

ピコフラクショナルとは

にきび跡や毛穴の開きなど、肌の凹凸でお悩みの方にオススメの治療です。

従来のフラクショナルレーザー治療は、肌の表面に極小のスポットを開けて肌を再生するものでした。そのため照射の痛みが強く、皮膚へのダメージもありました。ピコフラクショナルは、高密度のレーザーを照射・衝撃波によって表皮の内側に微小な空洞を作り、その刺激によってコラーゲン生成を促します。肌表面へのダメージがないため、痛みが軽く、ほとんどダウンタイムがありません。

オプションでイオン導入や高濃度ビタミンC点滴、RegenSkinSRSマスクと併用すると効果的です。

ピコフラクショナルは高密度のレーザーを照射・衝撃波によって表皮の内側に微小な空洞を作り、その刺激によってコラーゲン生成を促します。

ピコレーザーで最先端タトゥー除去

PICO LASERは全色対応!!

現在はタトゥーがファッションとして一般化され、気軽に入れる人が増えています。しかし安易にタトゥーを入れてしまうことで、結婚・就職・保険加入・MRI・温泉・プールなどタトゥーに対しての制限や偏見が多いのを実感し、除去を希望する患者様も年々増えています。
ピコレーザーは、シミ・そばかすなどの解消だけでなく、難しかったカラータトゥー除去にも効果を発揮します。 レーザー照射でタトゥーをピンポイントで除去しますので、皮膚を切開しません。皮膚を切除する切開法に比べ、傷痕がほぼ目立ちません。
ピコレーザーは、ピコ秒(一兆分の1秒)という短いパルス幅で、皮膚の奥深くにあるタトゥーの色素を破壊します。細かく破壊された色素は、皮膚の新陳代謝で自然に排泄されます。
除去効果が高いため、少ない回数できれいに除去し、お肌への負担を最小限にします。

従来のタトゥー除去レーザーとピコレーザーの比較

これまでナノ秒照射では除去できなかったタトゥーを、ピコ秒で照射できる最新機器ピコレーザーが、皮膚の奥深くにあるタトゥー色素を砕くことができます。
難しかったカラータトゥーに対して、肌を切開することなく素早くきれいに除去します。ピコレーザーは短い照射時間でタトゥーを除去できますので、やけどがしづらく痛みやダウンタイムも従来のレーザーに比べ少なくなりました。
そのため、今では気軽に入れてしまったタトゥーも、気軽に除去できるようになりました。

ピコレーザーだとカラータトゥーも除去できます

タトゥーのこんなお悩みに最適

  • 子どもと一緒にプールや温泉に入りたい
  • 結婚・就職が決まった
  • 保険加入ができない
  • 昔付き合っていた恋人のタトゥーを消したい
  • MRI検査ができない

タトゥー除去(ピコレーザー)の症例写真

ピコレーザーを使用すれば、タトゥーを素早く綺麗に除去することができます。除去後、しばらくは傷痕が残りますが、時間経過と共に自然な皮膚に戻ります。皮膚を切ってタトゥーを除去するのが怖い方、少しでも早くタトゥーを除去したい方、切開で傷痕を残したくない方に適した治療です。

  • 照射前
  • 一回照射後
  • before
  • after
  • before
  • after
  • before
  • after
  • before
  • 一回照射後
  • before
  • 一回照射後
  • before
  • 一回照射後
  • before
  • 一回照射後
  • before
  • 一回照射後
  • before
  • 一回照射後
  • before
  • 一回照射後
  • before
  • 一回照射後
施術名:
タトゥー除去(ピコレーザー)
施術の説明:
レーザー照射でタトゥーの色素を破壊する施術です。
施術の副作用(リスク):
腫れ・内出血・赤み:1日程度
まれに起こる副作用(リスク):
感染症・水ぶくれ・むくみ・色素沈着・色素脱失・かさぶた・ケロイドなど
施術の価格:
8,050円(税込) ~

監修医:仙台駅前院 院長 安本 匠

タトゥー切開法

レーザーに反応しない特殊なタトゥーは、切開法で完全除去

タトゥーを最も完全除去できる方法は、切開法になります。ピコレーザーで大体のタトゥーは除去できますが、範囲や深さによっては照射回数が増えたり、タトゥーが薄く残ってしまう場合もあります。また、レーザーでは反応しにくい特殊なインクを使用したタトゥーの場合も、ピコレーザーでは除去できないことがあります。
切除法とは、タトゥーが入っている皮膚をメスで切り取り、切除後残った皮膚で縫い合わせてタトゥーを除去する方法です。
切開法の難点は、傷痕が少し残ってしまうことです。
タトゥーの大きさによっては、一度で切除する範囲が限られているため、数回に渡り切開しなければなりません。
TCBではピコレーザーも切開法も、経験豊富なドクターが担当いたします。患者様にとって少しでも皮膚の負担が減らせるよう切開範囲を見極め、W形成術(傷をしわの方向に寄せ、より目立たせなくする技法)で切除します。

切開法の手術方法

タトゥーを完全になくしたい方は、切開法によるタトゥー除去が適しています

タトゥー除去(切開法)の症例写真

  • before
  • after
手術名:
タトゥー除去(切開法)
手術の説明:
レーザーに反応しない特殊なタトゥーを切開して完全切除する手術です。
手術の副作用(リスク):
腫れ・痛み・内出血・赤み:1~2週間程度
まれに起こる副作用(リスク):
感染症・水ぶくれ・むくみ・色素沈着・色素脱失・かさぶた・ケロイドなど
手術の価格:
10,200円(税込)~

監修医:仙台駅前院 院長 安本 匠

ピコレーザーと切開法の詳細

ピコレーザー

施術時間
数分~30分
通院回数
タトゥーの範囲、深さにより変動
麻酔
基本的に不要 ※オプションで麻酔クリーム・局所麻酔が可能
施術できない方
皮膚内に金の糸を入れている方、授乳中・妊婦の方、光線過敏症の方
日常生活の注意事項
患部が日光に当たらないようにしてください。

切開法

施術時間
15分~
通院回数
3日後、7日後(抜糸)
麻酔
局所麻酔
メイク・洗顔
お顔のタトゥー除去でなければ、当日から可能
シャワー
3日後から可能 ※患部は濡らさないでください。
入浴
10日後から可能
日常生活の注意事項
患部が日光に当たらないようにしてください。

ピコレーザーと切開法の副作用・リスク

ピコレーザー

感染・水ぶくれ・赤み・腫れ・むくみ・内出血・色素沈着・色素脱失・かさぶた・ケロイド

切開法

感染・水ぶくれ・赤み・腫れ・内出血・むくみ・色素沈着・かさぶた・ケロイド・手術痕・ひきつり・血腫・掻痒感・つっぱり感

アートメイクへのタトゥー除去の適応

  • ■眉 ○可能 ※毛の生えてない部位
  • ■アイライン ✕不可
  • ■唇 ✕不可

タトゥー除去の料金

TCB東京中央美容外科では患者様にご満足いただける施術を多数ご用意しております。
施術ごとの詳しい価格については料金表をご覧ください。

料金表を見る

粉瘤・脂肪腫・ケロイド・タトゥー

本ページの監修医師

若い時に入れたタトゥーや損傷を受けたあとの皮膚にできたケロイドに対して、悩んでいる方も多いでしょう。
現在では、技術力の向上や治療機器が改良された結果、タトゥーやケロイドをきれいに取り除くことが可能となりました。
TCBのタトゥー除去は切開だけでなく、ピコレーザーと呼ばれるレーザーを使用した治療法も存在します。
効果が高く、少ない照射回数で改善できる点や、痛みや肌への負担が軽い点が特徴です。
TCBでは患者様とのカウンセリングを通して、一人ひとりに適した治療の提案が可能です。
ぜひ一度カウンセリングへお越しください。

東京中央美容外科【TCB仙台駅前院】
院長 安本 匠

安本 匠 医師

詳しいプロフィールを見る

経歴

2010年
山形大学医学部 卒業
2010年
山形大学医学部附属病院 循環器病センター
2011年
山形大学医学部附属病院 救命救急センター
2011年
日本海総合病院 外科
2012年
山形大学医学部附属病院 心臓血管外科
2013年
日本海総合病院 心臓血管外科 副医長
2014年
山形大学医学部附属病院 心臓血管外科 病院助教
2015年
東京中央美容外科
2016年
東京中央美容外科 福島院 院長
2017年
東京中央美容外科 仙台駅前院 院長

備考

ボトックスビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® バイクロス 認定医
日本美容外科学会(JSAS) 正会員
日本外科学会 専門医
日本脈管学会 専門医
下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医

さまざまな学会の専門医・会員が在籍

TCB東京中央美容外科は、日本美容外科学会(JSAS)正会員、日本形成外科学会(JSAPS)専門医・正会員、日本形成外科手術手技学会会員、日本外科学会会員・専門医、日本整形外科学会会員・専門医、日本皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会正会員、日本アンチエイジング外科学会会員、乳房再建エキスパンダーインプラント責任医師、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会正会員、日本静脈学会会員、日本脈管学会専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医、日本創傷外科学会会員・専門医、日本熱傷学会会員・専門医、日本創傷治癒学会会員、皮膚腫瘍外科分野指導医・領域指導医、日本Acute Care Surgery学会会員、日本整容脳神経外科学会会員、日本頭蓋額顔面外科学会正会員、日本口蓋裂学会正会員、日本ペインクリニック学会正会員、日本マイクロサージャリー学会会員、日本麻酔科学会正会員、麻酔科認定医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医、日本臨床外科学会会員、医学博士、などの資格を持つ医師が在籍しています。

医師紹介はこちら

医療広告ガイドラインについて

TCB東京中央美容外科では、医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

  1. ①体験談の削除
  2. ②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載

患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV・CM放映情報

TCB東京中央美容外科がTVやCMで放映された
情報についてご紹介します。

2022/11/11 テレビ

フジテレビ2022/11/15放送「激談ひとり」に梅田大阪駅前院院長の寺西先生が出演します。

2022/11/11 テレビ

テレビ東京2022/11/15放送「ありえへん∞世界」に新宿三丁目院院長の川島先生が出演します。

2022/11/4 テレビ

北海道文化放送2022/11/4放送「のりゆきのトークDEお悩み解決!」に札幌院院長の篠永先生が出演しました。

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE