どういった原理で奥二重になりますか?

そもそも奥二重の定義は人によって異なりますが、一般的には眼を完全に開いた状態で二重まぶたの幅が見えない、もしくは1mm程度ぐらいの状態であることを呼ぶことが多いです。原理としては、まぶたの重瞼線(二重の食い込みの線)がまつ毛から近い場所にあり、開眼したときに上の皮膚が被さって、二重幅が狭く見えます。加齢やアイプチなどで皮膚がたるみ二次的に奥二重になってくる方もいます。

このQAを監修したドクター

若佐 卓矢

池袋東口院 副院長

若佐 卓矢

大学病院皮膚科で研鑽を積んだあと美容外科になりました。ヒアルロン酸やボトックスなどの注入系の施術、二重埋没法などがおすすめの施術です。丁寧な説明を心がけています。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中