HIFU(ハイフ)はニキビ・ニキビ跡に照射できますか?ニキビ・ニキビ跡は改善されますか?

ニキビは炎症していなければ照射可能で、ニキビ跡はハイフによって改善が期待できます。

ニキビは炎症している部分を避ければハイフ照射は可能ですが、全体的に炎症を起こしている場合は照射できません。

ニキビ跡にもハイフを照射することができ、照射によってニキビ跡の改善が期待できます。
ニキビ跡には以下の種類があります。
①炎症が赤く残っているもの
②炎症のダメージが肌の真皮にまで達することが原因で発生する凹み
③炎症から肌を守ろうとメラニンがつくられ色素沈着になっているもの

このようにニキビ跡には原因はいくつかありますが、どの原因もターンオーバーを整え、色素沈着した部分を生まれ変わらせることで改善される可能性があります。
ハイフは熱のダメージを受けた内部組織を修復するために、コラーゲンが生成される仕組みになっています。それによりターンオーバーを整え、肌の生まれ変わりを促進する効果があるといわれているため、ハイフ照射はニキビ跡改善も期待できます。

このQAを監修したドクター

山崎 智徳

皮膚科、形成外科の臨床を経験したのち美容外科医になり20年のキャリアをもつ。丁寧な説明と患者様に合った施術プランを提供しています。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中