ニキビ治療

ニキビ治療

ニキビ治療

ニキビの発生原因

ニキビとは皮脂腺から出る皮脂(油状の液体)が毛穴に詰まり、炎症を起こしてニキビが出来る原因となります。皮脂は汗と異なり油であり、毛穴に詰まりやすく、そして汚れやすいため毛穴にダメージを与え炎症を起こしてしまいます。
しかし、皮脂には本来、皮膚に潤いを与えて保護する作用もあり、皮脂を過剰にとりすぎるとかえって肌を守ろうとして皮脂を過剰分泌し、更にニキビを発生させてしまう原因ともなってしまいます。
皮膚を清潔に保つ・皮脂代謝のコントロールがニキビ治療に欠かせない要素となります。

なぜ皮脂が詰まりやすくなるか

主な原因は毛包開口部と呼ばれる毛穴の閉塞が起こり、皮脂が毛穴に詰まり炎症を起こします。
この毛穴の閉塞を起こす原因は、

  • ・新陳代謝の低下
  • ・便秘などよる胃腸障害
  • ・紫外線や乾燥による刺激
  • ・化粧品などでの代謝の低下
  • ・ホルモンによる皮脂増加

などがあります。特に思春期に多いホルモン増加は不規則な生活や偏食・生理など様々な原因で引き起こされます。
ニキビには進行段階にともない様々な種類があり、早い段階での対応が理想的です。

主なニキビの種類

白ニキビ

毛穴に皮脂が詰まった状態。

黒ニキビ

通称いちご鼻の状態・毛穴の角質が黒く酸化した状態。

赤ニキビ

皮脂がたまりアクネ菌が繁殖して炎症を起こした状態。一般的に言われるニキビ。

膿疱(のうほう)黄色ニキビ

毛穴のに溜まった皮脂をアクネ菌が酸化させ膿になって膨れ上がる。

ニキビ跡・色素沈着

ニキビの炎症の際に肌が細胞を守る為メラニンを生成する。ニキビ後の代謝の弱い部分では代謝が上手くいかず色素沈着を起こす。

ニキビ跡・クレーター

皮膚の真皮(コラーゲンと繊維分質)が破壊され陥没した状態。乾燥肌などの肌の硬い方に起こりやすい。

治療法

当院では、内服療法をはじめとして、お肌の状態やお悩みに合わせた治療法をお選びいただけます。

<内服療法>

⚫️美容内服 美白内服 ニキビセット
一般的な皮膚科でニキビの内服治療というとビタミンCと抗生剤しか処方しないクリニックもありますが、当院では長年の経験に基づき以下の4つの内服薬を処方しています。

・シナール配合錠
ビタミンCとパントテン酸を配合した複合ビタミン剤です。メラニン色素の形成を抑え、皮膚の色素沈着の改善にも用いられます。肌のターンオーバー促進効果もあり、お肌を正常に保ってくれます。
・トラネキサム酸
メラニン生成を抑制する作用、炎症を抑える作用で肌荒れ・ニキビ跡などの色素沈着を改善し、予防する効果があります。
・ピドキサール
脂肪の代謝や皮脂のターンオーバーを促進する働きがあり、ニキビを予防します。また、湿疹やニキビによる色素沈着にも効果があります。
・リボフラビン酪酸エステル
抗炎症作用の効果があります。ビタミンB2(リボフラビン)は皮膚や粘膜を健康に保つ働きがありますので、肌が荒れたり鼻の周りに脂肪のブツブツができるのを予防します。
他にも口内炎を予防・改善、ニキビの予防にも効果があります。
ビタミンB2(リボフラビン)は老化防止にも働きます。

<トレチノイン療法>

⚫️ニキビトレチノイン療法

・トレチノイン
皮脂腺の活性化を抑制することで皮脂分泌を減らし、更に毛穴に蓋をしている角質層を剥がれやすくすることによってニキビを治す効果があります。
また、肌内部のコラーゲン分泌を高め、肌水分量の多い健康的な肌になります。ニキビによる色素沈着にも効果があります。
・Dr.sローション
ドクターが肌質に合わせて保湿成分を配合した、あなただけのオリジナル化粧水です。
専用の装置を使用しイオンレベルで不純物を取り除いた、精製水よりも高度な純水を使用しています。更に肌の奥まで浸透できるようナノレベルのスチームにし、その蒸気を冷却してできたものです。
ファンデーションより粒子が細かいので、お化粧した上からスプレーすることもできます。
<効果>

肌質改善・肌荒れ改善・アトピーの痒み改善・くすみ改善・美白効果・化粧ノリ良好など…当院のスタッフも愛用しています。

☆上記2点がセットになった、お得なセットです!!

ゼオスキン

ゼオスキン

ニキビ治療の料金表

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

カテゴリー 施術名/価格(税込)
ニキビ治療
ニキビ内服セット ¥4,590(税込)
ニキビ治療 トレチノイン+Dr'sローションセット ¥12,000(税込)

全身医療脱毛クイック

女性限定 VIO脱毛クイック

全身医療脱毛クイック

女性限定 VIO脱毛クイック

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

スキンケア(美白・しみ・肝斑)

医療広告ガイドラインについて

TCB東京中央美容外科では、医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

  1. ①体験談の削除
  2. ②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載

患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

医療広告ガイドラインについて

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE