クリスタルトマト

飲む日焼け止めクリスタルトマト

クリスタルトマトがおすすめな人

  • 日焼けをしたくない方
  • 美白、美肌に憧れる方
  • 日焼け止めクリームのアレルギーをお持ちの方
  • 日焼け止めクリームをこまめに塗り直すのが煩わしい方
  • 地黒の肌を透明感のある白い肌に変わりたい方
  • シミ、くすみを内側から改善させたい方

クリスタルトマト®とは

クリスタルトマトの原料である天然の白いトマト

クリスタル・トマト®とは、100%天然(遺伝子組み換え一切なし)の白いトマトを原料にした“美白・シミ改善サプリメント”です。

従来の赤いトマトには、βカロテンやリコピンが入っています。これがトマトの赤やオレンジ色など有色になる元の色素です。

クリスタルトマトはほぼ無色で、特殊なカロテノイド(ホワイトカロテノイド)を多く含んでおり、紫外線を吸収・抗酸化作用があります。
カロテノイドとは、地黒の方でも肌のトーンを明るく白くする作用をもっています。この作用で、美しく透明感のある輝く肌になれるのです。

クリスタルトマトの効果

クリスタルトマトの10の効果

クリスタルトマトの10の効果

クリスタルトマト最大の特徴は、透明感のある美白・美肌効果と、紫外線(UVA+UVB)カット効果です。

また外的環境からの肌ストレスを回避し、メラニン生成の抑制効果で、今あるシミ・くすみの改善だけでなく、飲む日焼け止めなので、日焼け止めを塗り忘れやすい耳の後ろや、塗りにくい頭・目、唇などにも効果があります。

効果を体感するのに、飲み続けて3週間ほどから徐々に変化を感じます。

クリスタルトマトの成分

1錠につき、新鮮なメロン大の天然白トマト3個分が入っています。トマトの栄養成分も摂取することができます。

※クリスタルトマトはあくまで、健康補助食品です。健全な食生活の基本は、主食・主菜・副菜など様々な食品からバランスよく摂取してください。

クリスタルトマトの安全性

クリスタルトマトは、遺伝子組み換え一切なしの天然100%の白いトマト由来のサプリメントです。自然食品なので安全です。

ただしトマトアレルギーの方や、医師によりトマトの摂取にドクターストップがかかっている方は、お控えください。

クリスタルトマトは、お子様など年齢性別問わず幅広くお召し上がりいただけます。また、安全性が高いため妊娠中・授乳中の方でも摂取できますので、ご安心ください。

クリスタルトマトの商品情報

原材料名
Crystal Tomato® カロテノイド(ホワイトカロテノイド)、L-システイン
内容量
30錠(1ヶ月分)×1箱 タブレット
お召し上がり方
1日1錠を水と一緒にお召し上がりください。お好きなタイミングで摂取できます。飲む時間が決まりましたら、毎日同じ時間帯に摂取することをおすすめします。
内容量
1錠で24時間効果が持続します。
保存方法
高温多湿・直射日光を避け、常温で保存してください。
その他
この製品を服用し体に合わなかった場合は、ただちに使用を中止したあと医師に相談してください。

よくある質問

クリスタルトマトに副作用はありますか?
以下に当てはまる方以外に副作用はありません。お子様からご年配の方、妊娠中・授乳中の方でも気軽に摂取できるサプリメントです。

・トマトアレルギーの方
・医師にトマトの摂取を止められている方
クリスタルトマトを摂取するタイミングはいつですか?
クリスタルトマトは薬と違い、野菜のトマトを食べる感覚と一緒なので、いつでもお好きなときに摂取してください。継続して摂取する場合は、決まった時間に摂取すると効果がより高まります。
クリスタルトマトを飲めば、日焼け止めクリームは塗らなくても大丈夫ですか?
クリスタルトマトを摂取だけでも日焼け・紫外線対策になりますが、日焼け止めクリームを併用するだけで、より効果が高まります。紫外線の強い場所では、日焼け止めクリームとクリスタルトマトを併用することをオススメします。
クリスタルトマトを中断すると元の肌の色に戻りますか?
使用を中断すると、お肌のターンオーバーを繰り返して徐々に元のお肌の色に戻っていきます。

クリスタルトマトの料金表

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

カテゴリー 施術名/価格(税込)
クリスタルトマト
30錠(1ヶ月分)×1箱 ¥12,800(税込)

全身医療脱毛クイック

女性限定 VIO脱毛クイック

全身医療脱毛クイック

女性限定 VIO脱毛クイック

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

医療広告ガイドラインについて

TCB東京中央美容外科では、医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

  1. ①体験談の削除
  2. ②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載

患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

医療広告ガイドラインについて

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE