まつ毛育毛剤(ルミガン)

※現在取り扱っておりません。

まつ毛育毛剤(ルミガン)

まつ毛育毛剤(ルミガン)とは

まつ毛育毛剤(ルミガン)の画像

短いまつ毛を伸ばす方法を探していませんか?
そんな方には、ルミガンをおすすめします。
まつ毛育毛剤ルミガンとは、まつ毛を伸ばす・太くする・増やす効果のある“まつ毛育毛剤(点眼液)”のことです。
元は緑内障や、高眼圧症の治療のために開発された点眼薬です。アメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を取得しており、全世界で使用されています。
緑内障の点眼薬であるルミガンには副作用があり、点眼を続けるとまつ毛が長く・太く・濃くなっていくという効果が見つかりました。そのまつ毛が伸びる副作用の効果を利用して、今では“まつ毛育毛剤ルミガン”として、正式に点眼液を商品化されました。

まつ毛育毛(ルミガン)がおすすめな人

  • まつ毛が短く・少ない方
  • 睫毛貧毛症と診断された方
  • まつ毛エクステやつけまつ毛が手放せない方
  • まつ毛を長く・太く・密度を濃くしたい方
  • つけまつ毛・マツエクで肌荒れを起こしてしまう方

ルミガンのまつ毛育毛効果

ルミガンの臨床研究の結果、体験者の約80%に効果が認められました

ルミガンの臨床研究の結果グラフ

これらの結果、ルミガンは、まつ毛をふさふさに伸ばすのに、最適な治療薬なのです。

ルミガンの使い方

ルミガンの使い方

ルミガンの使い方はとても簡単です。洗顔したあと寝る前に、1日1回まつ毛の根本にルミガンを塗るだけです。TCBでは、アプリケータ(小さな筆のようなもの)をお渡ししておりますので、アプリケータの筆部分に1滴垂らし染み込ませたあと、液が目の中に入らないようにしながら、まつ毛の生え際に塗ってください。

アプリケータは、片目に1回使用できる使い捨ての専用ブラシです。一度使用しましたら再使用せず、必ず捨ててください。

ルミガンの塗り方の注意点

  • ・塗る前にメイクを必ず落とし、清潔な状態にしてからルミガンを塗ってください。
  • ・塗る前にコンタクトレンズは外してください。再度装着する際は、15分経過後に行ってください。
  • ・1日1回以上は塗らないでください。多く塗っても効果は変わりません。
  • ・まつ毛以外についてしまった場合は、清潔なティッシュやコットンで拭いてください。
  • ・皮膚の傷を防ぐためにも、ゴシゴシ強くこすらず優しく塗ってください。
  • ・目のまわりなど他の皮膚についてしまうと、そこから毛が生えてしまいます。事前に目の周りをワセリンで塗る方法もあります。

ルミガンと同時治療できる人気施術セット

人気No.1の施術セットは【二重術+涙袋形成】

ルミガンと埋没法二重術と涙袋形成の組み合わせ
施術名:
1dayクイックアイ(埋没法)
施術の説明:
医療用の特殊な糸でまぶたの皮膚と瞼板を結ぶことで二重まぶたにする施術です。
施術の副作用(リスク):
内出血・感染症・腫れ・左右差・角膜損傷・糸が取れるなどが生じることがあります。
施術の価格:
140,800円~398,000円(税込)
施術名:
涙袋形成(ヒアルロン酸注射)
施術の説明:
目の下にヒアルロン酸を注入して、涙袋をふっくらさせる施術です。
施術の副作用(リスク):
内出血・アレルギー・腫れ・左右差が生じることがあります。
施術の価格:
19,200円~69,800円(税込)
治療名:
まつ毛育毛剤(ルミガン)
治療の説明:
上まつ毛に薬剤を塗布することで、まつ毛を長く太くする治療です。
治療の副作用(リスク):
アレルギー・色素沈着・痒み・充血・目の乾き・ゴロゴロ感・眩しくみえるなどが生じることがあります。
治療の価格:
8,580円~15,200円(税込)

ルミガンでまつ毛を伸ばすと、目元が華やかになります。そのため、まつ毛が伸びるたびに、「今度は目元全体を大きくぱっちりさせたい!」という患者様のご要望を多くいただくようになりました。
そんなご要望にお応えするべく、TCBではルミガン処方と同時に施術できる、人気のデカ目施術セット(二重まぶた埋没法)+(ヒアルロン酸を注入する涙袋形成)をご用意しております。どちらも、施術時間が10分前後・ダウンタイム・痛みがほぼなく、術後メイクも可能です。ルミガン処方日の当日に、2つの施術もついでにできます。SNSの影響もありこのデカ目施術セットも一緒に選択される方が、増加傾向にあります。
目元をとにかく大きくしたい方は、人気のデカ目施術セットをおすすめします。

埋没法による二重術「TCB 式1dayクイックアイ」

  • BEFORE埋没法による二重術「TCB 式1dayクイックアイ」 症例写真 BEFORE
  • AFTER埋没法による二重術「TCB 式1dayクイックアイ」 症例写真 AFTER

切らないプチ整形の一つで、人気・満足度No.1の二重術がTCB式1dayクイックアイです。糸を使って二重にするため、施術時間が約10分と短く・ダウンタイムがほぼないため、みなさま術後すぐメイクをして帰られます。気軽に二重にできるため、予定のある日でもメイク感覚の様なわずかな時間で施術することができます。

施術名:
1dayクイックアイ(埋没法)
施術の説明:
医療用の特殊な糸でまぶたの皮膚と瞼板を結ぶことで二重まぶたにする施術です。
施術の副作用(リスク):
内出血・感染症・腫れ・左右差・角膜損傷・糸が取れるなどが生じることがあります。
施術の価格:
140,800円~398,000円(税込)

埋没法の二重術・TCB式1dayクイックアイ

涙袋形成(ヒアルロン酸注入)

  • BEFORE涙袋形成(ヒアルロン酸注入) 症例写真 BEFORE
  • AFTER涙袋形成(ヒアルロン酸注入) 症例写真 AFTER

ルミガン・二重術に涙袋も合わさることで、目元全体に立体感が出て、華やかな印象を作れます。涙袋がぷっくりすると、女性らしさや優しい印象ができます。施術方法は、目の下まぶたにヒアルロン酸を注入するだけですので、5分ほどで終了します。もちろんダウンタイム・痛みはほぼなく、術後メイクをして帰ることができます。
涙袋ができることで、女優・モデルのような愛されモテ系目元へと変化していきます。

施術名:
1dayクイックアイ(埋没法)
施術の説明:
医療用の特殊な糸でまぶたの皮膚と瞼板を結ぶことで二重まぶたにする施術です。
施術の副作用(リスク):
内出血・感染症・腫れ・左右差・角膜損傷・糸が取れるなどが生じることがあります。
施術の価格:
140,800円~398,000円(税込)
施術名:
涙袋形成(ヒアルロン酸注射)
施術の説明:
目の下にヒアルロン酸を注入して、涙袋をふっくらさせる施術です。
施術の副作用(リスク):
内出血・アレルギー・腫れ・左右差が生じることがあります。
施術の価格:
19,200円~69,800円(税込)

涙袋形成

まつ毛育毛剤(ルミガン)の注意点・リスク

注意事項
・1日に片目1滴以上、または1日に2回以上は塗らないでください。
・妊娠または妊娠している可能性のある方は、使用できません。
・個人差はありますが、効果を実感するのに約16週間程度かかります。
・使用を継続することで効果が現れますが、中断してしまうと少しずつ元のまつ毛の長さに戻っていきます。
・まぶたに異変を感じたら、すぐ中止し医師にご相談ください。
副作用
・他の皮膚に塗ってしまうと、黒ずんだり毛が生えて濃くなる場合があります。
・ルミガンの成分に、アレルギーのある方はお控えください。
・目の中に入ったとき、以下の症状がでる場合があります。
結膜充血・眼瞼色素沈着・目の痒み・充血・目の乾き・目がゴロゴロ・虹彩色素沈着・眩しくみえる

よくある質問

ルミガンは誰でも使用可能ですか?
高齢の方、妊娠・授乳中の方、目に病気がある方、喘息持ちのある方は、ルミガンの使用をお控えください。
ルミガンと他の点眼液を併用して大丈夫ですか?
大丈夫です。ただし、ルミガンを塗ったあと10分~15分ほど時間を空けてから、他の点眼薬を点眼してください。
マツエクをしたままルミガンを塗っても大丈夫ですか?
マツエクをしたままですと、まつ毛を伸ばす効果が減少します。マツエクとの併用はお控えください。
ルミガンの使用をやめると、まつ毛はどうなりますか?
ルミガンの使用を中止すると、約1ヶ月ほどで元のまつ毛に戻ります。

二重整形

まぶたの脂肪

涙袋整形・まつ毛育毛

目元の整形(目頭・目尻切開・グラマラスライン)

眼瞼下垂・黒目整形

本ページの監修医師

若い方を中心に、気軽に二重まぶたになれる二重整形埋没法などのプチ整形、加齢による影響が出やすい目元をエイジングケアのために治療する目元の整形など、美容医療が身近になるにつれ、患者様のニーズに応えられる幅も広がってまいりました。もちろん、医療である以上、どのような施術にもリスクやデメリットが伴うので、施術を受ける前にどれだけ患者様とドクターとの間でイメージ共有ができるか、信頼がおけるかというのが非常に大切になります。なりたい二重、なりたい目元がありましたら、とことんご相談ください。患者様のお力になれる医師がきっと見つかります。

東京中央美容外科【TCB広島院】
院長 山内 崇史

山内 崇史 医師

詳しいプロフィールを見る

経歴

2011年
金沢医科大学医学部 卒業
2011年
泉大津市立病院
2013年
関西医科大学附属病院 形成外科
2015年
河内総合病院 形成外科 副医長
2021年
東京中央美容外科
2021年
東京中央美容外科 梅田大阪駅前院 部長
2022年
東京中央美容外科 広島院 院長

備考

日本形成外科学会(JSPRS) 専門医
日本美容外科学会(JSAPS) 会員
日本頭蓋顎顔面外科学会 会員
日本創傷外科学会 会員
日本熱傷学会 会員

医療広告ガイドラインについて

TCB東京中央美容外科では、医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

  1. ①体験談の削除
  2. ②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載

患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

医療広告ガイドラインについて

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE