グラマラスライン形成(たれ目形成)

グラマラスライン(タレ目形成)

グラマラスライン(タレ目形成)

欧米人の目元は大きく、二重がくっきりしている人が多くいます。対してアジア人は一重ツリ目の目元が多く、冷たい・きつい印象を与えがちです。

そのようなツリ目をタレ目に変えるだけで、周りからの印象が優しく癒やされ女性らしい印象へと演出できます。

ツリ目でお悩みの方、目をより大きくさせたい方は、タレ目形成でお悩みを解消させましょう。

グラマラスライン(タレ目形成)とは?

グラマラスライン(タレ目形成)とは、目尻側の下まぶた約3分の1を外側に下げることで、白目を露出しタレ目にする手術のことです。

タレ目にすることで、優しく癒やされる印象を作り出すことができます。

タレ目形成は、目尻側を下げてタレ目にできるだけでなく、黒目の下まぶたを中心に下げて、目を大きくぱっちり見せることもできます。

数㎜単位の違いで印象が全く変わりますので、患者様の理想のタレ目を実現できるよう、入念にカウンセリングいたします。

グラマラスライン(タレ目形成)のビフォーアフター写真 グラマラスライン(タレ目形成)のビフォーアフター写真

グラマラスライン(タレ目形成)がおすすめな方

  • タレ目にしたい方
  • ツリ目を解消したい方
  • 優しくみえる目元にしたい方
  • 目をぱっちり大きくしたい方
  • タレ目メイクでは満足できない方
  • カラコンに合う目元にしたい方

手術方法

タレ目形成には、糸のみでできる"切らないタレ目形成(埋没法)"、本格的にタレ目にする"切るタレ目形成(切開法)"、気軽にできる"注射でタレ目形成(ボトックス注射)"の3種類があります。

切らないタレ目形成(埋没法)

  • 1:ご希望のタレ目の形状を確認します 1:ご希望のタレ目の形状を確認します
  • 2:下まぶたの結膜から、CPFと瞼板に糸を通します 2:下まぶたの結膜から、CPFと瞼板に糸を通します
    ※CPF=Capsulopalpebral Fascia
  • 3:通した糸を縛り、瞼板を下に下げます 3:通した糸を縛り、瞼板を下に下げます
  • 4:縛った糸を下げたことで、タレ目になります 4:縛った糸を下げたことで、タレ目になります

切るタレ目形成(切開法)

つり目が強い方・埋没法だと元に戻りやすい方・半永久的な効果がほしい方には、切るタレ目形成が最適です。

●結膜側(下まぶたの裏側)

  • 1:結膜側から切開します 1:結膜側から切開します
  • 2:筋肉と結膜を縫合します 2:筋肉と結膜を縫合します
  • 3:結膜を縫合します 3:結膜を縫合します
  • 4:縫合した糸の結び目を、粘膜の内側に埋め込み終了です 4:縫合した糸の結び目を、粘膜の内側に埋め込み終了です

●皮膚側(下まぶたの表側)

  • 1:切開する部分をマーキングします
  • 2:切開箇所の皮膚を切除します
  • 3:脂肪を下方向へずらします
  • 4:瞼板と筋肉を縫合します
  • 5:希望のタレ目に合わせて、カーブのボトムを調整し糸を結びます
  • 6:皮膚表面を縫合して終了です
  • 1:切開する部分をマーキングします
  • 2:切開箇所の皮膚を切除します
  • 3:脂肪を下方向へずらします
  • 4:瞼板と筋肉を縫合します
  • 5:希望のタレ目に合わせて、カーブのボトムを調整し糸を結びます
  • 6:皮膚表面を縫合して終了です

注射でタレ目形成
(ボトックス注射)

ボトックス注射のタレ目形成
ボトックス注射のタレ目形成

切開や埋没法を施す前に、「タレ目になった自分を確認してみたい!」など、お試しでタレ目になりたい方や、一時的にタレ目になりたい方は、ボトックス注射でのタレ目形成をおすすめします。

ボトックスは筋肉の緊張を和らげる働きがあり、下まぶたに注入することで筋肉を弛緩させタレ目にする効果があります。

効果は3~4ヶ月ほどで追加注入をしなければ元に戻りますので、気軽にタレ目形成をすることができます。

ボトックス注射のタレ目形成

ボトックス注射のタレ目形成

3パターンのタレ目形成方法

タレ目形成には主に3種類の手術方法があります。

  •  目尻側の下まぶたを中心に下げてタレ目を強調するパターン
  •  目尻と黒目両方の下まぶたを下げて、目をぱっちり大きくしタレ目にするパターン
  •  黒目のすぐ下を中心に下げることで、ぱっちり縦に長い目元にするパターン

上記以外でも、細かい単位で手術することができます。カウンセリング時に、理想の目の形状・タレ目の下げ度合いなど、デザインを入念に話し合い決めていきます。

タレ目形成術3パターンの手術方法

タレ目形成術3パターンの手術方法

グラマラスライン(タレ目形成)の
症例写真

Case1.グラマラスライン

  • BEFOREグラマラスライン形成症例写真01BEFORE
  • AFTERグラマラスライン形成症例写真01AFTER
医院名
池袋院
担当医
井上医院長

Case2.グラマラスライン(TCB式1dayクイックアイと目頭切開併用)

  • BEFOREグラマラスライン形成症例写真02BEFORE
  • AFTERグラマラスライン形成症例写真02AFTER
医院名
池袋院
担当医
井上医院長

埋没法・切開法・
ボトックス注射の詳細・比較表

  埋没法 切開法 ボトックス注射
施術時間 30分 40分~60分 5分
麻酔 局所麻酔
※オプション麻酔あり
局所麻酔
※オプション麻酔あり
なし
※オプション麻酔あり
ダウンタイム 1-3日 1週間 ほぼなし
腫れ ほぼなし 白目がむくんだり、血が目立つことがあります ほぼなし
傷跡 なし 下まぶたの裏側 なし
通院 なし なし あり
※タレ目を維持したい場合
洗顔・メイク・シャワー 当日から 翌日から 当日から
入浴 翌日 1週間後 当日から
コンタクトレンズ 3日後 1週間後 当日から
効果の持続性 10年
※個人差あり
半永久的 3~4ヶ月
※定期的に注入することで、持続期間が6ヶ月~1年と伸びていきます。
喫煙 特になし 手術2週間前と、術後1ヶ月間はタバコをお控えください 特になし
メリット
  • 切らない
  • 元に戻せる(※一ヶ月以内)
  • ダウンタイムが少ない
  • 安価
  • 理想のタレ目が実現
  • 生まれつきタレ目にみえる
  • 半永久的な効果
  • 注射のみ
  • ダウンタイムがほぼなし
  • 術後すぐに日常生活を送れる
  • 安価
  • 追加注入しなければ元に戻る
デメリット
  • 年月が経つと、後戻りのリスクあり
    ※ツリ目の方ほど後戻りしやすい
  • ダウンタイムが長引く
  • 傷跡がうっすらと残る
     ※ほぼ目立ちません
  • 高価
  • 持続期間が短い
  • 維持したい場合は、定期的に注入する必要がある
施術時間
埋没法 30分
切開法 40分~60分
ボトックス注射 5分
麻酔
埋没法 局所麻酔
※オプション麻酔あり
切開法 局所麻酔
※オプション麻酔あり
ボトックス注射 なし
※オプション麻酔あり
ダウンタイム
埋没法 1-3日
切開法 1週間
ボトックス注射 ほぼなし
腫れ
埋没法 ほぼなし
切開法 白目がむくんだり、血が目立つことがあります
ボトックス注射 ほぼなし
傷跡
埋没法 なし
切開法 下まぶたの裏側
ボトックス注射 なし
通院
埋没法 なし
切開法 なし
ボトックス注射 あり
※タレ目を維持したい場合
洗顔・メイク・シャワー
埋没法 当日から
切開法 翌日から
ボトックス注射 当日から
入浴
埋没法 翌日
切開法 1週間後
ボトックス注射 当日から
コンタクトレンズ
埋没法 3日後
切開法 1週間後
ボトックス注射 当日から
効果の持続性
埋没法 10年
※個人差あり
切開法 半永久的
ボトックス注射 3~4ヶ月
※定期的に注入することで、持続期間が6ヶ月~1年と伸びていきます。
喫煙
埋没法 特になし
切開法 手術2週間前と、術後1ヶ月間はタバコをお控えください
ボトックス注射 特になし
メリット
埋没法
  • 切らない
  • 元に戻せる(※一ヶ月以内)
  • ダウンタイムが少ない
  • 安価
切開法
  • 理想のタレ目が実現
  • 生まれつきタレ目にみえる
  • 半永久的な効果
ボトックス注射
  • 注射のみ
  • ダウンタイムがほぼなし
  • 術後すぐに日常生活を送れる
  • 安価
  • 追加注入しなければ元に戻る
デメリット
埋没法
  • 年月が経つと、後戻りのリスクあり
    ※ツリ目の方ほど後戻りしやすい
切開法
  • ダウンタイムが長引く
  • 傷跡がうっすらと残る
     ※ほぼ目立ちません
  • 高価
ボトックス注射
  • 持続期間が短い
  • 維持したい場合は、定期的に注入する必要がある

合併症とデメリットについて

下まぶたを下げすぎるリスク

タレ目形成で一番注意したいのは、"まぶたを下げすぎる"、あるいは"変わらなさすぎる"ことです。
特に下げすぎる場合には、見た目の違和感が強くなってしまいます。

目安としてはどんなに下げたとしても三白眼にならないようにすることです。三白眼気味くらいが限界です。

  • 普通の目
    黒目の上下に
    白目が見えていない
  • 三白眼
    黒目の下側の
    白目が見えている
  • 三白眼気味
    少し上の方に
    黒目がある
  • 普通の目
    黒目の上下に
    白目が見えていない
  • 三白眼
    黒目の下側の
    白目が見えている
  • 三白眼気味
    少し上の方に
    黒目がある

また、下げすぎるほど下まぶたは逆さまつげになりやすくなります。

ダウンタイム・リスク

術後の痛み・違和感・腫れ
麻酔を使用するため、術後に違和感(ごろごろする)と腫れがでます。通常は数日で収まりますが、白目にむくみができた場合、1週間前後続くことがあります。すべて時間経過と共に、徐々に消失します。
傷跡が残るリスク
粘膜側の手術の場合、下まぶたの裏側の粘膜にうっすらと白っぽい傷跡が残ります。皮膚側の手術の場合、下まつ毛の直下にうっすらと傷跡が残りますが、メイクで隠せますしほぼ目立ちません。
後戻り(埋没法)
術直後は最も下がった状態になりますが、1-2週間かけて若干もとに戻ります(術後は少し後戻りがあることを見積もって施術しています)。つまり2週間後が完成の形になります。
埋没法ではその後の後戻りのリスクはいくらかあります(もともとのつり目の具合にもよります)が、まったく元に戻ることは極めてまれです。
※切開法においては余分な組織を除去したうえでしっかり結紮しますので後戻りのリスクはほとんどなくなるように行っています。

よくある質問

元に戻すことはできますか?
"ボトックス注射のタレ目形成"でしたら、効果が3~4ヶ月ですので、追加注入しなければ自然に元に戻ります。
"埋没法のタレ目形成"でしたら、術後1ヶ月でしたら元に戻すことができます。1ヶ月以上経過しますと、糸と組織が癒着してしまい完全に元に戻すのは難しくなります。
"切開法のタレ目形成"は、完全に元に戻すのは難しいので、再手術となります。
マツエク中でも手術できますか?
はい、手術できます。ただし、マツエクが何本か取れてしまう可能性がありますので、なるべくマツエクがない状態での手術をおすすめしております。
術中・術後は痛みますか?
術中は点眼麻酔をしたあと、局所麻酔(埋没法・切開法)を施しますので、痛みはありません。痛みに弱い方は,各種麻酔をご用意しております。恐怖心が強い方には、笑気麻酔(吸入麻酔)を併用されると、怖さが少し和らぐでしょう。
術後は痛み止めを処方しますので、痛みが気になる際にお飲み下さい。
再修正できますか?
はい、再修正できます。手術中は患者様に仕上がりのご確認頂いており、術後は戻りを想定し、希望のタレ目よりさらに下に下げています。
それでも、5%の確率で術後3ヶ月以降に再手術を希望される患者様もいらっしゃいます。少しでも気になることがありましたら、まずはご相談ください。
※ボトックス注射の場合は、追加注入を行わなければ自然に元に戻ります。
この記事の監修医師
池袋院 院長 | 井上 真梨子 先生

グラマラスライン形成(たれ目形成)の料金表

ポイント会員5%OFF、ロイヤル会員10%OFF
学割 二重術35%OFF ニキビ治療5%OFF 医療脱毛 コース内容により優待あり
シニア割 60歳以上の患者様 全施術5%OFF

※ 他の割引サービスとの併用はできません。
※ 一部割引対象外となるメニューがあります。詳しくはお問い合わせください。

カテゴリー 施術名/価格(税込)
グラマラスライン形成(たれ目形成)
スタンダード 埋没法 ¥201,700(税込)
パーフェクト 埋没法 ¥354,500(税込)
※パーフェクトは細かい調整が可能なオーダーメイド施術となります。
スタンダード 切開法 ¥354,500(税込)
パーフェクト 切開法 ¥507,300(税込)
※パーフェクトは細かい調整が可能なオーダーメイド施術となります。

ポイント会員5%OFF、ロイヤル会員10%OFF
学割 二重術35%OFF ニキビ治療5%OFF 医療脱毛 コース内容により優待あり
シニア割 60歳以上の患者様 全施術5%OFF

※ 他の割引サービスとの併用はできません。
※ 一部割引対象外となるメニューがあります。詳しくはお問い合わせください。

匿名、顔出し選択可、事前審査ナシのDr.別モニター募集中! 匿名、顔出し選択可、事前審査ナシのDr.別モニター募集中!

TCBグループは全国31院、各地域・駅前、駅チカで完全個室

各地域・駅前、駅チカで完全個室イメージ画像 東京中央美容外科は【新宿】【池袋】【銀座】【渋谷】【中野】【世田谷】【高田馬場】【町田】【上野】【新宿三丁目】【池袋東口】【銀座有楽町】【横浜】【大宮】【宇都宮】【水戸】【川口】【新横浜】【仙台】【福島】【郡山】【浜松】【名古屋栄】【梅田】【梅田茶屋町】【心斎橋】【京都】【枚方】【江坂】【堺】【福岡】の各地域で展開しており、仕事帰りでもご相談いただけるように、各最寄り駅の駅前・駅チカで開院しております。

多様なジャンルの専門医が在籍し高いレベルの施術を提供

専門医が在籍画像 TCBでは高い技術を持つ経験豊富なドクターが在籍し、患者様の願いと理想の実現に全力を尽くしております。
所属ドクター達は美容外科医や医療の第一線で腕を磨いた心臓血管外科医など高い技量を持ったドクターで常に高いレベルの施術を提供いたします。

医学博士が在籍

>医学博士が在籍画像 当院では医学研究能力を持つ医学博士が在籍しております。高度最先端医療、新薬開発に携わることで医療の進歩・向上に貢献しています。

こちらの施術内容は当院の医師より監修されております。

医師監修イメージ画像 こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院の医師が監修しております。 東京中央美容外科の総括院長は、日本美容外科学会認定の専門医です。 この資格には一定の厳しい基準が設けられており、豊富な実績と経験の証とされています。