垂れ下がったまぶたの矯正(眼瞼下垂)

切開しない眼瞼下垂の治療

切開しない眼瞼下垂の治療

まぶたが重く垂れ下がり、目を大きく開くことができない「眼瞼下垂」を治療するメニューです。糸を使った切らない埋没法、または切開による外科的手術を行い、目を大きく開けるように矯正します。

眼瞼下垂治療がおすすめな方

目を大きく開こうとしてもできない方
目つきが悪い、眠たそうと言われる方
まぶたが垂れ下がって視界が遮られている方
上を向かないと前が見えず、肩こりや頭痛がひどい方
まぶたが厚く二重埋没法ができないと言われた方

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)は、目を開けようとしても上まぶたが十分に上がらず、瞳孔の一部がまぶたで隠れてしまう状態のことで、まぶたの機能障害の一種です。
まぶたが垂れ下がって目が小さく見える、眠たそうに見えるなどの外見上の問題だけでなく、視界の上側がまぶたで遮られて視野が狭くなる、顔を上げてものを見なくてはならないので肩こりや頭痛を引き起こすなど、生活にさまざまな支障をきたします。
先天性のほか、加齢による皮膚や筋肉の衰え、コンタクトレンズや目をこするなどの慢性刺激により発症する場合があります。
瞳孔の隠れ具合を目安に、軽度から中程度、重度の下垂に区別され、視野が十分に確保できないなど日常生活に支障をきたすと判断された場合、保険診療の適応となることがあります。

眼瞼下垂の症状の度合い

眼瞼下垂の症状の度合い

眼瞼下垂の治療

埋没式挙筋短縮法(切開しない治療)

切開しない眼瞼下垂治療 埋没式挙筋短縮法

切開しない眼瞼下垂治療 埋没式挙筋短縮法

目を開く筋肉である上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)を折り込んで、糸で縛り留めてしまうことで筋肉を短くし、目を開きやすくする切らない眼瞼下垂治療です。
まぶたの裏側から糸を通して埋没させるため、外からは傷跡はわからず、切開法と比べて腫れも少ないのが特徴で、比較的軽度の眼瞼下垂の方、長期間のダウンタイムが取れない方におすすめの方法です。

埋没式挙筋短縮法のメリット

埋没式のメリットは何よりそのダウンタイムの短さ。切開せず、糸の埋没だけでまぶたを引き上げるため、痛みや腫れは最小限で済み、再来院の必要もありません。長期のお休みは取りにくいという方でも気軽にお受けいただくことができます。

埋没式挙筋短縮法のデメリット

施術の性質上、何らかの要因で糸が外れてしまうとまぶたは元に戻ってしまいます。重度の眼瞼下垂の場合は糸がすぐ外れてしまう、または縛り留めることができず、施術を行えない場合があります。

眼瞼挙筋短縮術切開法(切開する治療)

切開による眼瞼下垂治療 眼瞼挙筋短縮術切開法

切開による眼瞼下垂治療 眼瞼挙筋短縮術切開法

上まぶたのラインに沿って皮膚を切開後、上眼瞼挙筋と腱膜(筋肉が付着する土台となる膜状の繊維組織)を、瞼板(まぶたの内側にある軟骨のような組織)に縫い付けて短縮し、たるんで余った腱膜を取り除いたのちに縫合して縫い縮める治療です。
埋没法に比べて患部への負担は大きく、抜糸での再来院が必要となりますが、効果は半永久的で埋没法では治療できない重度の眼瞼下垂にも対応が可能です。

眼瞼挙筋短縮術切開法のメリット

切開でたるんだ腱膜をしっかりと切除するため、より確実に目を大きくする効果が見込めます。保険診療の眼瞼下垂治療と異なり、症状の改善だけなく、美的観点からも美しい仕上がりを目指すのが美容外科の眼瞼下垂治療です。

眼瞼挙筋短縮術切開法のデメリット

埋没法と比べてダウンタイムは大きく、美しく自然な仕上がりまでに時間を要します。また、余分な組織を切除する不可逆的な治療であり、元に戻すことは困難なため、信頼できる医師に施術を依頼することが重要です。

眼瞼下垂と二重埋没法

「眼瞼下垂を治療したい」と美容クリニックに来院される方は、実はほとんどいません。多くの方が「目を大きく見せたい」という理由でご来院されます。
医師が診療を行った際に、目が小さく見えてしまう原因が眼瞼下垂であることが判明した場合、これらの治療をご提案しています。
そうでない方には同じ埋没法でもまぶたを折り込んで縫い留める二重埋没法(TCB式1dayクイックアイ)をおすすめしており、軽度の眼瞼下垂の場合は二重埋没法で解消できることもあります。

TCB式1dayクイックアイ 二重まぶた埋没法

TCB式1dayクイックアイの詳細はこちら

眼瞼下垂治療の流れ

STEP1. 医師のカウンセリング
医師が施術結果をシミュレートまぶたの状態を医師が診療し、眼瞼下垂の治療が必要かどうか判断します。治療が必要な場合、施術後のまぶたの仕上がりをシミュレートし、どのような変化が起こるかを患者様にご確認いただいたのちに施術に取り掛かります。
単なる症状の改善に留まらない、美的観点から見ても美しい仕上がりを目指すのが自由診療の眼瞼下垂治療です。芸能人やモデルの写真など、「こんな目元になりたい」という見本があればぜひお見せください。
STEP2. 施術
医師の技術で負担を最小限に抑えた施術を提供施術時間は埋没法で15~20分、切開法の場合は30~50分ほどです。極細の針を使用して注射の痛みを抑えた局所麻酔のほか、オプションで痛みを感じにくくリラックスした状態を作り出す笑気麻酔、気分を落ち着かせ恐怖を軽減する静脈麻酔などを用意しています。
STEP3. 仕上がりの確認
施術直後から効果を実感鏡の前で、眼瞼下垂が解消し大きな目元となったご自身のお姿をご確認いただけます。
術後は軽度の腫れが発生し、2日~1週間をピークに継続しますが、術直後から目を大きく開くことができることがご実感いただけます。
STEP4. アフターケア
安心のアフターケアと保証制度切開法の場合、施術から1週間を目処に抜糸のための再来院が必要となります。施術方法を問わず、万が一の場合に備えてのアフターケア、保証制度を設けています。術後気になる点、心配な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

眼瞼下垂治療の経過とダウンタイム

施術後の注意点
共通:施術後は麻酔の効果が落ち着き次第、日帰りでご帰宅いただけます。腫れなど周囲の目が気になる方はメガネやサングラスをお持ちいただけると便利です。施術当日は車の運転(自転車も含む)をお控えいただいています。ご家族に送迎いただくか、公共交通機関をご利用ください。
腫れ
埋没法:直後から腫れが発生しますが、数日~1週間でほぼ解消します。患部が馴染んで自然な感じに仕上がるまでは1ヶ月ほど要します。
切開法:埋没法と比べ強い腫れが発生します。翌日が顕著で、5日~1週間ほどで少し引きはじめ、1ヶ月で自然に仕上がります。最初の3日間ほどは患部に痛みや熱感が認められますが、健康への影響はありません。
内出血
共通:稀に内出血が生じ、まぶたが赤紫色になる場合があります。大抵の場合はメイクで隠せる程度で済み、数日~長くとも2週間程度で消失します。
左右差
埋没法:ほとんどが術後の腫れによって生じるもので、1ヶ月ほど経過して完成した際には左右差はほぼなくなっていることがほとんどです。稀にもともとの骨格や目の形により左右差が残る場合がありますので、その際はご相談ください。
角膜損傷
埋没法:発生はごく稀ですが、糸がほどけるなど何らかの要因で結膜側へ糸が露出してしまう場合があります。まばたきするとチクチク痛む、涙が止まらないなどの症状が現れた場合、露出した糸が眼球に影響を与えている可能性がありますので早急に再診してください。放置すると角膜が傷つき、不可逆的な視力低下を引き起こす恐れがあります。
傷跡
切開法:1ヶ月程度は切開部位に赤みが生じますが、抜糸数日後からはメイクで隠せます。赤みは2~3ヶ月かけて白く細い線となり、最終的にはほとんどわからなくなります。
コンタクトレンズ
埋没法:ハード、ソフトを問わずコンタクトレンズは施術後2日目から使用可能です。術後すぐの使用は細菌が入り感染を引き起こすリスクが高いので必ずお守りください。
切開法:ソフト、ハードを問わず、コンタクトレンズは抜糸後(1週間後)から使用可能です。
シャワー・入浴・運動など
共通:短時間のシャワー、患部を濡らさない洗髪は当日から、入浴は2日目から。激しい運動や長時間の入浴は血流が良くなり腫れの悪化につながるため、数日~1週間は控えることをおすすめします。

若年の眼瞼下垂とセルフチェック

眼瞼下垂は加齢によって引き起こされるのが一般的ですが、コンタクトレンズの装着、過度なアイメイクやマツエク、花粉症で目を強くこすってしまうなどの要因により、若年層にも起こりうる症状です。
「もしかして、私も眼瞼下垂かも」そう不安に思ったら、以下のセルフチェックをしてみましょう。

若年性眼瞼下垂チェックリスト

当てはまる項目にチェックを入れてみましょう。

2つ以上当てはまった場合、眼瞼下垂を引き起こしている可能性があります。
「眼瞼下垂の可能性あり」となった方は、下記のリストもチェックしてみてください。

2つ以上当てはまった場合、眼瞼下垂である可能性が極めて高いと思われるため、形成外科または美容外科の受診をおすすめします。

簡単な自己診断法

眼瞼下垂の自己診断を行ってみましょう。

眼瞼下垂の自己診断

眼瞼下垂の自己診断

額に力を入れずに、いつもどおり目を開けることができましたか?
目を開きにくく感じた、額に力がかかって指を押し上げてしまったという方は、眼瞼下垂である可能性が高いといえます。
※ この方法は簡単な自己診断法に過ぎません。該当する方は形成外科または美容外科の受診をご検討ください。

保険診療と自由診療の違い

眼瞼下垂の治療は、日常生活に支障をきたしていると判断された場合、保険診療が適用となる場合があります。
具体的には、まぶたが垂れ下がって視野が十分に確保できない状態のほか、目を開こうとする、前を見ようとすることで、眼精疲労や頭痛、肩こりを発症することなどが挙げられます。

眼瞼下垂による頭痛・肩こり

眼瞼下垂による頭痛・肩こり

「保険適用で安く治療できるなら、美容外科に行く必要はないのでは」と思われる方もいらっしゃいますが、保険診療と自由診療では眼瞼下垂の治療に対するアプローチの方法が異なるのです。
保険診療はあくまで機能性の改善を目的としていますので、治療後の目元のデザインまでは保証されません。対して美容外科では治療後の美しさを意識した施術を行います。治療後にどのような結果を望むのか、よく考えて施術を行う病院・クリニックを選択することが大切です。

眼瞼下垂治療 保険診療と自由診療の比較

眼瞼下垂治療 保険診療と自由診療の比較

よくある質問

眼瞼下垂の施術で二重になりますか?
眼瞼下垂治療は、二重まぶたを作るのではなくまぶたを上げるための筋肉を矯正する治療です。埋没法では二重を作ることはできませんが、切開法の場合は二重術と同様の処置を行い「眼瞼下垂治療+二重整形」も可能ですのでご相談ください。
顔のどの部分に麻酔をしますか?
まぶたの表面に局所麻酔を施します。注射の際にチクッとした痛みを少し感じる程度です。施術の不安が大きいという方には気持ちを落ち着かせる笑気麻酔や静脈麻酔をオプションでご用意しています。
施術時間はどれくらいですか?
埋没法で15~20分、切開法の場合は30~50分ほどです。オプションの笑気麻酔などを行った場合、麻酔が切れて落ち着くまで若干の休息時間を要します。
この記事の監修医師
宇都宮院 院長 | 村田 大典 先生

垂れ下がったまぶたの矯正(眼瞼下垂)の料金表

ポイント会員5%OFF、ロイヤル会員10%OFF
学割 二重術35%OFF ニキビ治療5%OFF 医療脱毛 コース内容により優待あり
シニア割 60歳以上の患者様 全施術5%OFF

※ 他の割引サービスとの併用はできません。
※ 一部割引対象外となるメニューがあります。詳しくはお問い合わせください。

カテゴリー 施術名/価格(税込)
垂れ下がったまぶたの矯正(眼瞼下垂)
埋没式挙筋短縮法(切開しない方法) ¥326,000(税込)
眼瞼挙筋短縮術切開法 ¥380,500(税込)
眼瞼挙筋短縮術切開法スーパーナチュラル ¥507,300(税込)

ポイント会員5%OFF、ロイヤル会員10%OFF
学割 二重術35%OFF ニキビ治療5%OFF 医療脱毛 コース内容により優待あり
シニア割 60歳以上の患者様 全施術5%OFF

※ 他の割引サービスとの併用はできません。
※ 一部割引対象外となるメニューがあります。詳しくはお問い合わせください。

匿名、顔出し選択可、事前審査ナシのDr.別モニター募集中! 匿名、顔出し選択可、事前審査ナシのDr.別モニター募集中!

TCBグループは全国29院、各地域・駅前、駅チカで完全個室

各地域・駅前、駅チカで完全個室イメージ画像 東京中央美容外科は【新宿】【池袋】【銀座】【渋谷】【中野】【世田谷】【上野】【高田馬場】【新宿東口】【横浜】【大宮】【宇都宮】【水戸】【川口】【新横浜】【仙台】【福島】【郡山】【浜松】【名古屋栄】【心斎橋】【京都】【枚方】【江坂】【堺】【梅田】【梅田茶屋町】【福岡】【小倉】の各地域で展開しており、仕事帰りでもご相談いただけるように、各最寄り駅の駅前・駅チカで開院しております。

多様なジャンルの専門医が在籍し高いレベルの施術を提供

専門医が在籍画像 TCBでは高い技術を持つ経験豊富なドクターが在籍し、患者様の願いと理想の実現に全力を尽くしております。
所属ドクター達は美容外科医や医療の第一線で腕を磨いた心臓血管外科医など高い技量を持ったドクターで常に高いレベルの施術を提供いたします。

医学博士が在籍

>医学博士が在籍画像 当院では医学研究能力を持つ医学博士が在籍しております。高度最先端医療、新薬開発に携わることで医療の進歩・向上に貢献しています。

こちらの施術内容は当院の医師より監修されております。

医師監修イメージ画像 こちらの施術内容ページは医学的・専門的な内容の為、当院の医師が監修しております。 東京中央美容外科の総括院長は、日本美容外科学会認定の専門医です。 この資格には一定の厳しい基準が設けられており、豊富な実績と経験の証とされています。