HIFU(ハイフ)には火傷・水ぶくれのリスクがあるって本当ですか?

火傷、水ぶくれのリスクはあります。

ハイフとは、体内の特定部位に超音波を集中させて加熱し、深さの異なる脂肪や筋膜に熱を加え、施術直後・治癒過程で筋膜や皮膚の引き締め効果を期待するものです。
目標部位の深さに合わせて超音波発生装置(カートリッジ)を交換して使用しますが、患者様の皮膚の厚み・脂肪の厚み、骨までの距離はさまざまです。そのため、ごく稀ではありますが、処置の際に照射焦点の深度に誤差が生じて火傷、程度によっては水ぶくれ、ときにしびれや痛みがみられたりすることがあります。
TCBではハイフの知識と技術を十分に持った看護師のみが施術を担当し、できる限りリスク低減できるよう配慮していますのでご安心ください。

このQAを監修したドクター

小野 眞

TCB「技術指導医」。30年以上の外科経験に基づくより安全安心な美容外科医療を提供します。患者様のご要望に沿えるよう 的確なメニューを選択し、ご意見を聞きつつ施術しています。医学博士、外科専門医、循環器専門医、元心臓血管外科専門医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中