HIFU(ハイフ)は危ないですか?医療ハイフ・エステハイフのリスクを教えてください。

危なくはないですが、リスクはあります。

①エステハイフと医療ハイフで共通するリスク
熱エネルギーを加えることで、肌が赤くなることや、腫れ、火傷、水ぶくれ、浮腫み、神経損傷等のリスクはハイフに関しては共通しています。

②エステハイフのリスク
価格がお手頃な分、医療ハイフに比べると効果が低くなってしまいます。
当てられる層も違えば、医療資格を持った人がいないことも含めて、ハイフの出力も低く設定されています。また、エステティシャンの技量により効果があまり実感できないことや、火傷などのトラブルが起こりやすく、その後のアフターケアは医師がいないため、何かあったときに対応ができないことがあげられるので医療ハイフのほうが安心です。

③医療ハイフのリスク
熱を発生させる治療なので、出力が高すぎれば美容効果以上に不必要なほどに熱を発生させてしまい、火傷を起こす危険性があります。
また、個人差はもちろんありますが、一時的に肌の感覚が鈍ったり、輪ゴムを弾かれるような軽度のお痛み、かゆみ、かさぶた、色素沈着、発赤、乾燥、軽度の浮腫み、つっぱり感、筋肉痛、湿疹や水ぶくれになることもあります。

このQAを監修したドクター

橋本 祥平

名古屋栄院 院長

橋本 祥平

TCB技術指導医。
二重、小顔整形に定評があり、多くの指名、リピーターがいる。
患者様に明るく自信溢れる人生を歩んでいただくことをモットーとし、日々診療に取り組んでいる。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中