脂肪溶解注射

脂肪溶解注射の施術一覧

脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射で脂肪が分解されていく様子

脂肪溶解注射とは「部分痩せ」を目的としたダイエット注射のことで、痩せたい部位(二の腕・太もも・お腹・顔など)に注射を打つだけでその部位の皮下脂肪が分解されてなくなり、綺麗にサイズダウンします。
食事制限や運動をしなくても、通常のダイエットでは痩せにくい太ももや二の腕などの「部分痩せ」が実現します。また、脂肪溶解注射は身体への負担が少なく、ダウンタイムが短いため気軽なダイエット治療として人気が高まってきています。

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違い

部分痩せを目的とした医療ダイエットといえば「脂肪吸引」を思い浮かべる方も多いかもしれません。脂肪吸引とは、細い管を皮下脂肪に挿入して余分な脂肪を体外に吸い出す治療方法です。
脂肪吸引は1回で確実にダイエット効果を実感でき、より広範囲の脂肪を除去するのに適しているだけでなく、人の手によって脂肪を除去するため理想の体型に近づけられます。しかし、手術時間が1~3時間と長く、身体に非常に大きな負担がかかり、ダウンタイムが長いのが大きなデメリットとなっています。

一方、脂肪溶解注射は、身体でダイエット効果を実感するまでに施術を3回ほど受ける必要がありますが、注射を打つだけなので施術時間は5~15分と短く、ダウンタイムも短いため気軽に治療を受けることができます。(※顔など、脂肪の量が少ない部位は1回の施術でも効果を実感できます。)また、安全性が高く、副作用やリスクが少ない点も脂肪溶解注射のメリットといえます。

TCBではさまざまな脂肪溶解注射をご用意しています

BNLS neo

BNLS neo

BNLS neoは日本で最もメジャーな脂肪溶解注射で、身体だけでなく顔にも注射することが可能です。
植物成分を主成分としているため、安全性が高くダウンタイムが短いというメリットがあります。他の脂肪溶解注射と比較して脂肪溶解効果はマイルドですが、そのぶん顔への注射に適しており、丸顔や二重あごを解消できるだけでなく、鼻先や小鼻に注射すれば団子鼻も解消できるため汎用性が高い注射といえます。
また、BNLS neoは施術の約3日後に効果が現れ始め、他の注射よりも即効性がある点もおすすめできるポイントです。

メソラインスリム

メソラインスリム

メソラインスリムはボディ専用の脂肪溶解注射で、PPC(ホスファチジルコリン)とデオキシコール酸という成分の相乗効果で余分な脂肪を徹底的に除去します。メソラインスリムは比較的安価なためより多く注入でき、高い効果を実感できるといわれています。
ただし、ダウンタイムが他の脂肪溶解注射に比べて長いため、術後のスケジュール調整が必要になります。

VFDI脂肪溶解注射

VFDI脂肪溶解注射

VFDI脂肪溶解注射は、高濃度のデオキシコール酸(脂肪溶解成分)と植物由来成分を配合した脂肪溶解注射で、身体だけでなく顔にも注射可能です。
従来の脂肪溶解効果が高い注射はダウンタイムが長いというデメリットがありましたが、VFDI脂肪溶解注射は副作用を抑えるように各成分の配合量が調整されているため、高い効果を発揮しながらダウンタイムを短くすることに成功しました。
さらに、コエンザイムQ10やカテキンが美肌効果をもたらすため、より美しい肌・ボディを目指す方におすすめの脂肪溶解注射となっています。

VFDI人参注射

高麗人参

VFDI人参注射は最新の脂肪溶解注射で、デオキシコール酸と高麗人参由来の成分がダイエット効果を発揮します。高麗人参由来の成分が豊富に配合されているため、注射による副作用がほとんどなく、安全性が高い点がVFDI人参注射の大きなメリットです。

脂肪溶解注射の効果・メリット

自力のダイエットでは難しい「部分痩せ」が可能

二の腕の部分痩せ

有酸素運動によって全体的に脂肪を燃焼させることは可能でも、部分的に脂肪が燃えることはないため、通常のダイエットでは、理論的に部分痩せは不可能といわれています。
しかし、脂肪溶解注射の場合、脂肪が気になる部分(二の腕・太もも・お腹など)に脂肪を分解する薬剤を直接注入して、注射を打った部位のみ脂肪が除去されていくため「部分痩せ」が実現します。

リバウンドしにくい

通常のダイエットはリバウンドしやすいのに対し、脂肪溶解注射は一旦サイズダウンすると簡単にリバウンドしないというメリットがあります。
体脂肪を構成している白色脂肪細胞は、大きくなったり小さくなったりします。自力でのダイエットに成功すると白色脂肪細胞が小さくなりますが、細胞自体は生きているので、運動不足やエネルギーの過剰摂取によって、白色脂肪細胞が血液中の中性脂肪を吸収して再び肥大化し、体脂肪の体積が増えてしまいます。これがいわゆるリバウンドです。

太るメカニズム

しかし、脂肪溶解注射は白色脂肪細胞自体を破壊し、減少させることができます。そのため一旦サイズダウンすれば、過剰にエネルギーを摂取し続けない限りリバウンドすることはほとんどありません。

きつい運動・無理な食事制限なしで痩せられる

パフェを食べる女性

体内のエネルギーが不足すると、リパーゼという分解酵素が脂肪を分解してエネルギーが生み出されます。これが脂肪燃焼の仕組みです。通常のダイエットの場合、脂肪燃焼のために運動や食事制限によってエネルギーを減少させる必要があります。
しかし、脂肪溶解注射の場合、有効成分を皮下脂肪層に直接注入して脂肪を分解していくため、無理な食事制限やエネルギーを消費するための運動をしなくても、簡単に痩せることができます。

顔に対するお悩みを解消できる

笑顔で鏡を見る女性

脂肪溶解注射の中には、BNLS neoのように顔に注射できるものもあります。フェイスラインに注射をすれば顔痩せが実現するだけでなく、他にもさまざまなお悩みを解消することができます。

顔へのBNLS注射(脂肪溶解注射)で解決できるお悩み

  • ・丸顔(フェイスラインへの注射)
  • ・団子鼻(鼻先や小鼻への注射)
  • ・まぶたの腫れぼったさ(上まぶたへの注射)
  • ・二重あご(あご下への注射)

体脂肪が蓄積する原因

体脂肪とは

お腹の断面(皮下脂肪と内臓脂肪)

体脂肪は「内臓脂肪」と「皮下脂肪」に分類できます。
内臓脂肪は胃や腸などの臓器につく脂肪のことで、蓄積しやすいですが、食事の改善や運動で簡単に減らせるという特徴があります。内臓脂肪は男性につきやすく、内臓脂肪が蓄積しているとポッコリとしたお腹になります。

一方、皮下脂肪は文字どおり皮下につく脂肪のことで、お腹周りだけでなく全身に蓄積します。女性につきやすく、いったん皮下脂肪がついてしまうとなかなか落とすことができません。自力でのダイエットで皮下脂肪を減らすのは難しいですが、脂肪溶解注射であれば簡単に皮下脂肪を減らすことができます。

皮下脂肪・内臓脂肪が増える原因

食べすぎ(エネルギーの過剰摂取)

大量にジャンクフードを食べる女性

食事量が多すぎたり、カロリーの高いものをたくさん食べたりしていると、食事で取り入れたエネルギーは消費しきれません。飲食によって摂取するエネルギーが消費するエネルギーよりも多くなってしまうと、余ったエネルギーは体脂肪として蓄積されていきます。

筋肉の減少・衰え

ソファーにうつ伏せで寝ている女性

運動不足・加齢・偏った食事などによって筋肉は減少し、基礎代謝(意識的に動かなくても、生きているだけで消費されるエネルギー)が低くなってしまいます。基礎代謝が低くなると、今までと同じ食生活をしていても摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、体脂肪が増えてしまいます。

睡眠不足

オフィスであくびをする女性

筋肉の減少だけでなく、睡眠不足も基礎代謝を低下させる一因となっています。睡眠中は成長ホルモンが分泌されますが、成長ホルモンには基礎代謝を上げる働きや、脂肪燃焼を促進する働きがあります。睡眠不足の状態が続くと十分に成長ホルモンが分泌されないため、基礎代謝が低下し、脂肪分解が行われにくくなり、脂肪が蓄積しやすくなります。

また、質の良い睡眠を取れている場合は、食欲抑制効果のあるホルモン「レプチン」が分泌されますが、睡眠不足の状態だと食欲を増進させるホルモン「グレリン」の分泌が盛んになるため、脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

TCBグループは全国54院、各地域・駅前、駅チカで完全個室

各地域・駅前、駅チカで完全個室 東京中央美容外科は【新宿三丁目】【新宿東口】【高田馬場】【池袋東口】【池袋西口】【銀座有楽町】【銀座二丁目】【秋葉原】【渋谷西口】【渋谷東口】【中野】【世田谷】【町田】【上野】【立川】【八王子】【品川】【横浜駅前】【横浜西口】【新横浜】【大宮】【宇都宮】【水戸】【川口】【千葉】【柏】【川越】【川崎(9/3 OPEN)】【高崎】【札幌(8/29 OPEN)】【仙台】【福島】【郡山】【名古屋栄】【名古屋駅前】【浜松】【静岡】【梅田大阪駅前】【梅田茶屋町】【心斎橋御堂筋】【心斎橋筋】【京都駅前】【枚方】【江坂】【堺】【神戸】【姫路】【岡山】【広島】【福岡天神】【福岡博多】【小倉】【熊本】【鹿児島】の各地域で展開しており、仕事帰りでもご相談いただけるように、各最寄り駅の駅前・駅チカで開院しております。

TCBの施術内容は当院の医師より監修されております

多様なジャンルの専門医、医学博士が在籍し高いレベルの施術を提供しております

TCBでは高い技術を持つ経験豊富なドクターが在籍し、患者様の願いと理想の実現に全力を尽くしております。

日本形成外科学会 専門医・日本頭蓋顎顔面外科学会 専門医・日本美容外科学会(JSAPS)専門医・日本創傷外科学会 正会員・日本形成外科手術手技学会 会員・日本マイクロサージャリー学会 会員が在籍。

また、医学研究能力を持つ医学博士が在籍しており高度最先端医療、新薬開発に携わることで医療の進歩・向上に貢献しています。

TCBグループの所属ドクター達は美容外科医や医療の第一線で腕を磨いた外科医など高い技量を持ったドクターで常に高いレベルの施術を提供いたします。