VFDI脂肪溶解注射

VFDI脂肪溶解注射

※当院でのVFDI脂肪溶解注射は、原液を使用した価格となっております。薄めて使用することはございませんので、ご安心ください。

VFDI脂肪溶解注射とは?

VFDI

VFDI脂肪溶解注射とは、注射だけで脂肪細胞を減らし、顔やお腹、二の腕などの部分痩せを可能にしたメソセラピーです。主成分が植物由来となるため、腫れや痛みがほとんどなく、体への負担が少ないのが特徴です。破壊され溶解した脂肪細胞は、体内の老廃物と一緒に排出され、一度排出された脂肪細胞は再生することはありません。VFDI脂肪溶解注射は、リバウンドの起こりづらい、安全で優秀なダイエット注射です。

VFDI脂肪溶解注射

VFDI脂肪溶解注射がおすすめな方

  • 切開を伴う手術や脂肪吸引などに抵抗がある
  • 顔の脂肪を落としてフェイスラインを引き締めたい
  • 二の腕痩せを叶えて腕を引き締めたい
  • リバウンドしたくない
  • 早く効果を実感したい

一般的なダイエットと脂肪溶解注射(メソセラピー)の違い

脂肪細胞溶解によるダイエット

体重の増加や見た目の変化の原因は、脂肪細胞という脂肪のかたまりが肥大化することによって起こります。脂肪細胞は、生後から思春期くらいまでに数が決まり、成人になると変動は少ないとされています。
一般に行われるダイエットは、運動や食事制限により、脂肪細胞に蓄えられたエネルギーを消費することで脂肪細胞が小さくなり、体重の減少や見た目に違いが現れます。しかし、脂肪細胞自体がなくなったわけではないため、ダイエットを辞めてしまい元の生活に戻ると、再び脂肪細胞が肥大化しリバウンドにつながります。
脂肪溶解注射は、脂肪細胞自体を溶解し壊死させて体外へ排出させるため、リバウンドが起きづらく、太りにくい体質にすることができます。

VFDI脂肪溶解注射に含まれる脂肪溶解成分と脂肪燃焼成分

VFDI脂肪溶解注射は、従来の脂肪溶解注射と比べて脂肪溶解成分が高濃度で配合されています。また、脂肪燃焼を助ける植物由来成分や有効成分が相乗効果をもたらし、より高い治療効果を可能にしました。

デオキシコール酸

デオキシコール酸

デオキシコール酸は、アメリカのFDA(食品医薬品局)が「脂肪溶解作用がある」と認可を出している医薬成分です。脂肪細胞の膜を溶解させる高い効果を持っていて、直接脂肪細胞を壊死させて数を減少させることができます。

アーティチョーク

アーティチョーク

アーティチョークとは、和名をチョウセンアザミという、料理にも用いられる多年草です。脂肪燃焼作用で、代謝を上げて脂肪の燃焼を促進し、利尿作用・浄化作用で、溶解され壊死した脂肪細胞の体外への排出を助けてくれます。

カテキン

カテキン

カテキンは、緑茶や紅茶などの茶葉に含まれる、抗酸化物質であるポリフェノールの一種としてよく知られています。カテキンの主な作用は、脂質代謝を高めることで脂肪燃焼量を増加させることができます。また、エイジングケアに重要な抗酸化力により、皮膚の老化を防いでくれます。

L-カルニチン

Lカルニチン

L-カルニチンとは、脂肪燃焼には欠かせないアミノ酸の一種です。脂肪を燃焼させ、エネルギーを生み出す役割を持つミトコンドリアの元に、脂肪を届けることができる唯一の物質です。つまり、L-カルニチンがなければ脂肪を燃焼させることができません。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10

L-カルニチンの働きをサポートし、相乗効果が期待できる成分がコエンザイムQ10です。L-カルニチンが運んできた脂肪を、ミトコンドリアが燃焼するときの効率を上げる作用があります。抗酸化作用もあり、肌や細胞の老化防止にもつながります。

チロシン

チロシン

チロシンとは、タンパク質生合成に使われるアミノ酸の1つで、脂肪の代謝を促進させる効果があります。溶かした脂肪細胞や身体に溜まった老廃物の排出を促すことで、セルライトを落とす働きもあります。

ペルシャグルミ (クルミ)

ペルシャグルミ (クルミ)

ペルシャグルミは、イランを原産地とするクルミの代表格で、一般的にクルミといえばペルシャグルミのことを指します。美容成分が豊富に含まれているため、肌のターンオーバーの正常化や、肌の引き締め効果を得ることができます。

ヒバマタ (海藻)

ヒバマタ (海藻)

ヒバマタは、ヨウ素や亜鉛などのミネラル類や、豊富な食物繊維を含んだ海藻です。代謝を活性化させ、蓄積した脂肪を分解して溶かす脂肪分解作用があります。また、新陳代謝を活発にする効果もあり、肌や髪をきれいに保つことができます。

セイヨウトチノキ(マロニエ)

セイヨウトチノキ(マロニエ)

セイヨウトチノキ(マロニエ)は、ヨーロッパ南東部が原産のハーブです。血液の循環を促すことで代謝を活性化させ、むくみの減少作用や毛細血管の弾力性向上の働きがあります。むくみが改善されることで、肌の引き締め効果が期待できます。

VFDI脂肪溶解注射の治療部位

ダイエット注射の脂肪溶解成分には、アメリカのFDA(食品医薬品局)で、脂肪溶解作用の承認を得ているデオキシコール酸(DOC)と、認可までには至っていませんが、脂肪溶解作用があるとされる、フォスファチジルコリン(PPC)という医薬成分が基本的には用いられます。ただ、メソセラピーの中には、どちらの医薬成分も含まれず、植物由来成分(メディカルハーブ)を使用し、脂肪細胞は破壊せずに小さくするだけのダイエット注射もあります。
デオキシコール酸(DOC)とフォスファチジルコリン(PPC)は、濃度により効果と副作用が大きく変わり、濃度が濃いものは副作用の影響で、目元などに注射することができません。
VFDI脂肪溶解注射は、従来の脂肪溶解注射と比べてデオキシコール酸の濃度を高めながらも、副作用が起きにくい範囲で濃度を調整しているので、治療可能部位も多く、痩身効果を最大限に発揮することができます。

顔治療部位

体前面治療部位

体背面、足治療部位

VFDI脂肪溶解注射の特徴まとめ

特徴.1

脂肪溶解成分であるデオキシコール酸が、従来品より濃い濃度で配合され、植物由来の脂肪燃焼成分が相乗効果を生み出し、より効果を高めてくれます。

特徴.2

VFDI脂肪溶解注射に含まれる植物由来成分や有効成分が、肌の引き締めや老化防止などの美肌効果を発揮します。

特徴.3

副作用が出づらい濃度で調合されていて、治療可能部位も多く腫れや痛みがほとんどないので、痩身効果を最大限に発揮できます。

特徴.4

切開をしない注射での治療なので、ダウンタイムもほぼなく、当日からのメイクも可能です。1回の治療でも効果が期待でき、即効性が高い小顔・部分痩せ治療です。

特徴.5

TCBでは、高品質な治療ながらも、全国的な価格調査を行い他のクリニックと比較して、低価格で提供しています。

VFDI脂肪溶解注射の注意点・リスクなど

施術時間
約5分~15分
麻酔
なし  ※オプションで笑気ガスや表面麻酔を追加できます。
通院
なし  ※1回の治療でも効果が期待できますが、施術箇所によっては3~5回ほど行うことで、より確実な効果を実感できます。
腫れ・内出血・ダウンタイム
ごく稀に、腫れや内出血が出る場合があります。
シャワー
当日から可能
入浴
当日から可能
その他の注意事項
運動は軽い運動であれば当日から、激しい運動は翌日から可能です。

よくあるご質問

どれくらいで効果がでますか?
治療後、早ければ3日程度で脂肪減少効果が現れます。
リバウンドはしませんか?
基本的にリバウンドはありません。偏った食生活や運動不足などの生活環境により、リバウンドする可能性はあります。
施術後は何もしなくていいですか?
リンパの流れを良くするために、治療翌日からの3日間は有酸素運動やマッサージを推奨します。
注射は1回だけで大丈夫ですか?
1回でも十分に効果を実感できますが、治療箇所や十分な結果を出すためには、複数回受けられた方がより効果を得ることができます。

VFDI脂肪溶解注射の料金表

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

セレネHIFU
カテゴリー 施術名/価格(税込)
VFDI脂肪溶解注射
VFDI 原液 1ccあたり ¥2,980(税込)
10cc以上 マイクロカニューレ付き
VFDIパーフェクト 原液 初回 1ccあたり ¥3,980(税込)
10cc以上 マイクロカニューレ付き
VFDIパーフェクト 原液 2回目以降 1ccあたり ¥4,980(税込)
10cc以上 マイクロカニューレ付き
VFDI セット ¥498,000(税込)
1パーツ×5回分(※1パーツあたり原液36cc)
VFDIパーフェクトセット ¥598,000(税込)
1パーツ×5回分(※1パーツあたり原液36cc)
VFDIプレミアム(GLP-1ダイエット付き) ¥798,000(税込)
1パーツ×5回分(※1パーツあたり原液36cc)

全身医療脱毛クイック

女性限定 VIO脱毛クイック

全身医療脱毛クイック

女性限定 VIO脱毛クイック

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

糸リフト・リフトアップ・たるみを取る

お顔の肉を落とす

お顔の脂肪を減らす・顔やせ

フェイスラインをシャープに

本ページの監修医師

年齢を重ねるにつれて、目元や頬、口元のたるみが気になる方は多いかと思います。顔のたるみは実年齢よりも老けて見えるだけではなく、不機嫌に見えるといったネガティブな印象を与えることに繋がります。TCBでは、糸リフトや医療用HIFU、ヒアルロン酸注射など豊富な治療プランをご用意しております。顔のたるみを取りたい、小顔になりたい方はぜひ一度ご相談ください。患者様にご納得いただける結果が得られるよう、担当医師が全力でサポートいたします。

東京中央美容外科【TCB大宮院】
院長 樅山 真紀

樅山 真紀 医師

詳しいプロフィールを見る

経歴

2003年
福島県立医科大学 形成外科
2010年
日本形成外科学会 専門医 取得
2010年
寿泉堂綜合病院 形成外科 科長
2012年
福島県立医科大学 形成外科学講座 助手
2017年
東京中央美容外科
2018年
東京中央美容外科 福島院 院長
2018年
東京中央美容外科 郡山院 院長
2020年
東京中央美容外科 大宮院 院長
2021年
東京中央美容外科 郡山院 院長
2022年
東京中央美容外科 大宮院 院長

備考

ボトックスビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® バイクロス 認定医
日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科分野指導医
日本形成外科手術手技学会 正会員
日本マイクロサージャリー学会 正会員
日本創傷外科学会 専門医
日本頭蓋顎顔面外科学会 正会員

さまざまな学会の専門医・会員が在籍

TCB東京中央美容外科は、日本美容外科学会(JSAS)正会員、日本形成外科学会(JSAPS)専門医・正会員、日本形成外科手術手技学会会員、日本外科学会会員・専門医、日本整形外科学会会員・専門医、日本皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会正会員、日本アンチエイジング外科学会会員、乳房再建エキスパンダーインプラント責任医師、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会正会員、日本静脈学会会員、日本脈管学会専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医、日本創傷外科学会会員・専門医、日本熱傷学会会員・専門医、日本創傷治癒学会会員、皮膚腫瘍外科分野指導医・領域指導医、日本Acute Care Surgery学会会員、日本整容脳神経外科学会会員、日本頭蓋額顔面外科学会正会員、日本口蓋裂学会正会員、日本ペインクリニック学会正会員、日本マイクロサージャリー学会会員、日本麻酔科学会正会員、麻酔科認定医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医、日本臨床外科学会会員、医学博士、などの資格を持つ医師が在籍しています。

医師紹介はこちら

医療広告ガイドラインについて

TCB東京中央美容外科では、医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

  1. ①体験談の削除
  2. ②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載

患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV・CM放映情報

TCB東京中央美容外科がTVやCMで放映された
情報についてご紹介します。

2022/6/27 テレビ

テレビ西日本2022/6/27放送「ももち浜ストア」に小倉院院長の圓田先生が出演しました。

2022/6/18 テレビ

TBSテレビ2022/6/18放送「カバン持ちさせてください!」に新宿三丁目院院長の川島先生、八王子院院長の鎌田先生が出演しました。

2022/6/17 テレビ

テレビ新広島2022/6/17放送「満点ママ!!プラス」に広島院院長の山内先生が出演しました。

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE