メーラーファット除去

メーラーファット除去

※一部の院では取り扱っておりません、
お問い合わせください。

メーラーファットとは?

メーラーファットとは

メーラーファットとは、ほうれい線の上(頬骨の周辺)にある頬の脂肪を指します。メーラファットが多い方は、笑った時に頬のふくらみが目立ち、顔が大きく見えてしまうことがあります。また、加齢や紫外線の影響によって、肌のコラーゲンが減少し弾力が失われることで、たるみとなってしまいます。メーラーファットを除去することで、ほうれい線やゴルゴラインなどの深いシワ、口元のたるみに影響するといわれています。

こんな方におすすめ

  • 頬のたるみが気になる
  • ほうれい線を薄くしたい
  • 老けて見られるようになった
  • 笑った時の頬のふくらみが気になる
  • 将来の頬のたるみの予防をしたい

メーラーファット除去の手術方法

メーラーファット除去の手術方法

メーラーファット除去は、口角の内側からカニューレ(脂肪吸引器具)を挿入して、脂肪を吸引する小顔手術です。
顔の脂肪は、ダイエットでは落としにくい上に、せっかく努力して顔痩せに成功したと思っても、ダイエットを辞めた瞬間にリバウンドということも多々あると思います。
メーラーファット除去は、脂肪細胞そのものを除去するため、リバウンドが起きる可能性が少なく、努力をせずに引き締まった顔痩せが可能です。

メーラーファット除去が適応しない場合も

メーラーファット除去が適応しない場合も

頬には、皮膚の層や頬の箇所によっていくつかの脂肪が混在していて、ふくらみやたるみの原因となります。ふくらみやたるみがひどいと感じる方は、メーラーファットだけでなく、他の脂肪の影響を受けている可能性があります。その場合、メーラーファットの除去に加えて、バッカルファットやジョールファットを除去することで、より高い顔痩せ効果やエイジングケアを期待できます。

バッカルファット

バッカルファット

メーラーファットが皮膚に近い浅層脂肪であるのに対し、筋肉の奥にある深層脂肪のことをバッカルファットといいます。同じ頬にある脂肪ですが、除去した場合に得られる効果にも違いがあります。メーラーファット除去だけでは改善しにくい頬のたるみの場合は、バッカルファット除去もあわせて治療することで、ほうれい線やマリオネットラインをより薄くすることができます。

バッカルファット除去

ジョールファット

ジョールファット

ジョールファットは、頬の脂肪が口角の横まで下がってきて、ふくらみの原因となっている脂肪のことを指します。ジョールファットがさらに垂れ下がると、口元のたるみとなり、ブルドッグ顔の原因となります。ジョールファットを除去することで、フェイスラインのゆるみやマリオネットラインが改善され、すっきりして引き締まった輪郭になります。

ジョールファット除去

手術詳細・注意事項・副作用・リスクなど

手術時間
約30分~40分
麻酔
局所麻酔 ※オプションで笑気ガスや表面麻酔を追加できます。
通院
なし
腫れ・内出血・ダウンタイム
腫れや内出血、違和感が出る場合がありますが、2週間程度で解消されます。
メイク・洗顔
翌日から可能
シャワー
当日から可能
入浴
翌日から可能
副作用・リスク・注意点
・術後に30分程度、圧迫固定が必要です。
・ごく稀に、麻酔によるアレルギー反応が起きる場合があります。

よくある質問

傷は目立ちますか?
口角の内側から脂肪吸引器具を通し治療を行うため、傷跡はほとんど見えません。
メーラーファット除去かバッファルカット除去のどちらを受けるべきか悩んでいます。
どちらが患者様にとって最適な手術か、カウンセリングにて判断させていただきます。お気軽にご相談ください。
ダウンタイム中は仕事を休む必要がありますか?
個人差はありますが、腫れや内出血が出る場合があります。ダウンタイム中のお休みは2~3日程度あると尚良いでしょう。

メーラーファット除去の料金表

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

セレネHIFU
カテゴリー 施術名/価格(税込)
メーラーファット除去
メーラーファット除去 ¥216,000(税込)
圧迫バンド ¥15,000(税込)
眼窩下神経ブロック ¥50,000(税込)
対象院について
※一部の院では取り扱っておりません、
お問い合わせください。

全身医療脱毛クイック

女性限定 VIO脱毛クイック

全身医療脱毛クイック

女性限定 VIO脱毛クイック

来院前にLINE友達登録でお得に施術が受けられる!毎週お得なキャンペーン配信中

糸リフト・リフトアップ・たるみを取る

お顔の肉を落とす

お顔の脂肪を減らす・顔やせ

フェイスラインをシャープに

医療広告ガイドラインについて

TCB東京中央美容外科では、医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

  1. ①体験談の削除
  2. ②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載

患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

医療広告ガイドラインについて

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE