糸リフト
(スレッドリフト・フェイスリフト糸)

糸リフト施術一覧

糸リフトとは

糸リフトは、頬やフェイスラインのたるみやもたつき、ほうれい線やマリオネットラインといったシワの原因となっているたるみを根本的に改善させる治療です。

TCB式小顔美肌再生のイメージイラスト

TCBの糸リフトは大きく【TCB式小顔美肌再生】・【TCB小顔リフト】・【クリアファインリフト】の3種類があります。

・【TCB式小顔美肌再生】
糸の持続性や張力が強いのが特徴で、オーダーメイドプランとなります。適応に応じて溶ける糸、または溶けない糸をご提案させていただきます。
・【TCB小顔リフト】
リフトアップ、美肌効果ともに期待できますが、エントリープランとなるため持続期間が短く、オーダーメイド範囲が狭いプランとなります。
・【クリアファインリフト】
糸自体が短く効果範囲は狭いのが特徴ですが、上記リフトで補えない範囲を調整するのに使用されます。もちろん、安価なので糸リフトのエントリープランでもあります。

糸リフトの効果

小さなコグ(棘)のついた医療用糸を、お顔の皮下組織に挿入し、皮膚や筋肉を直接引き上げてリフトアップすることで小顔効果・アンチエイジング効果が期待できます。

糸リフトを入れた女性

また、糸が挿入されたことの刺激でコラーゲンが増生、肌のハリツヤをアップさせる美肌効果も表れます。

糸リフトを入れた皮膚組織の断面図

溶ける糸・溶けない糸の違いと特徴

糸リフトで使用する糸は、溶けない素材と溶ける素材とがあります。

溶ける糸
(TCB式小顔美肌再生ソフト、TCB小顔リフト、クリアファインリフトなどで使用)

溶ける糸(TCB式小顔美肌再生ソフト、TCB小顔リフト、クリアファインリフトなどで使用)

溶ける糸は、PDO(ポリジオキサン)やPCL(ポリカプロラクトン)・PLLA(ポリ-L-乳酸)といった、もともと血管に使用する医療分野で広く使用されている素材でできています。

吸収には個人差があるものの、多くはPDOは6ヶ月~12ヶ月ほどかけて、PCL+PLLAは18ヶ月~36ヶ月かけて徐々に吸収されてなくなります。

PDOは吸収スピードが早く美肌効果がメイン、PCL+PLLA素材の糸は伸縮性もあり、リフトアップ効果と美肌効果がバランスよく期待出来るのが特徴です。

糸の素材 持続時間 リフトアップ効果 糸の特徴
PDO
(ポリジオキサノン)

6ヶ月~12ヶ月

普通

細かいシワなどに有効で、
自然にリフトアップできる

PCL
(ポリカプロラクトン)

24ヶ月~36ヶ月

高い

柔らかく強度に優れた糸で、
持続力も高い

PLLA
(ポリ-L-乳酸)

18ヶ月~24ヶ月

とても高い

他の糸と比べると硬いため、
引き上げる力が強い

溶けない糸
(TCB式小顔美肌再生ストロングで使用)

溶けない糸(TCB式小顔美肌再生ストロングで使用)

溶けない糸は、芯はポリエステル、外面とコグ(棘)はシリコンでできており、このコグが4方向に密度高く設置されているのが特徴です。また、糸そのものの伸縮性が高いため溶ける糸に比べ直接のリフトアップ力が高く、主に40代以降のアンチエイジング目的に使用します。

吸収されず糸はそのまま残りますので、引き上げる力はそのまま働き続けます(ただし老化によりたるみは再発はします)。

溶ける糸 溶けない糸
素材・施術名
  • TCB式小顔美肌再生(ソフト)
  • TCB小顔リフト
  • クリアファインリフト
  • TCB式小顔美肌再生(ストロング)
おすすめの方
  • 年齢20~30代
  • 主に小顔目的
  • 異物を体内に残したくない方
  • 今後もメンテナンス治療を考慮している方
  • 年齢40代以降
  • アンチエイジング目的
  • 大きなリフトアップ効果を期待する
  • たるみが強い方
  • リフトアップ効果を持続させたい方
持続性

最長3年

3~5年以上
※5年を過ぎても引き上げ効果は持続しますが、加齢とともにたるみの進行はあります

メリット
  • やがては吸収され糸はなくなる
  • ダウンタイムがほぼないか軽い
  • 糸が吸収される過程で、コラーゲンが増生し美肌効果を期待できる
  • 溶ける糸に比べて、リフトアップ効果が強く、長期間維持可能
  • 糸挿入の刺激で美肌効果を期待できる
デメリット
  • 術後時間経過すると糸の抜去自体は難しい
  • 糸が吸収される過程で、徐々にリフトアップ効果も減少する
  • 長期の経過の中で糸が露出するリスクがある
  • 持続性は一生ではないため、効果を保つには何回も繰り返し糸を入れる必要がある
ダウンタイム

※どちらの糸も共通
<直後~1、2週間>突っ張り感、口の開けづらさ、違和感、腫れ、笑った時などの痛み、内出血

挿入直後1、2週間は皮膚のひきつれが残ることがある

【参考文献】
Mini-midface Lift Using Polydioxanone Cog Threads
Combined press cog type and cog PDO threads in comparison with the cog PDO threads in facial rejuvenation
Outcomes in Thread Lift for Facial Rejuvenation: a Study Performed with Happy Lift™ Revitalizing

症例写真

糸リフトのダウンタイムと合併症

ダウンタイム

一番多いのは、引っ張られている感じの違和感と、口の開けづらさ、触れた時の痛みです。
この症状は、個人差はあるものの通常1週間以内に消失します。

翌日、若干腫れぼったさ(特にこめかみ付近)は出ますが、数日で改善します。

数%の頻度で、刺入部(糸または麻酔注射による)の内出血が起こることがあります。この場合、あざのようになるというよりは黄色い色素沈着が目立ちます。これも2週間程度で完全に消失します。

特に、吸収されない溶けない糸を使用した場合に多いのですが、引き上げ効果が強いため、リフトアップの程度によっては最長で1ヶ月程度、フェイスライン~ほほにかけてひきつれの線が出てしまうことがあります。この線が陰になり目立つことがありますが、これも時間経過で改善します。

よくあるダウンタイム中の症状

痛みや腫れ
1週間程度で改善
口が開けづらい
2週間で改善
皮膚の引きつれ
1ヶ月程度で自然に改善
糸刺入部の凹み
2~3ヶ月の経過になることがあるが自然に改善はする
糸刺入部の内出血
2週間以内に完全に消失

合併症

糸リフトの合併症については、糸の溶ける・溶けないに関わらず共通して発生することがあります。

引きあがりすぎて目つきが変わってしまっている
引きあがりすぎに関しては、直後修正可能です。ただ溶けない糸を使用した、特にアンチエイジング目的では、皮膚の引き連れを逆にあえて許容して引き上げすぎくらいで終了するのも悪い方法ではありません。この場合、ダウンタイムは1ヶ月以上かかることはありますが、その後のリフトアップ効果を期待できます。
左右差が著しい
左右差に関しては、引き上げが不足した場合、もともとたるみの程度に左右差がある場合などで発生することがあります。不足分を追加で施術し治療が必要になる場合もまれにあります。また、直後は麻酔の作用で顔面神経が麻痺していたり、翌日以降では腫れの程度により左右差があるように見えることがあります。
糸の飛び出し
刺入部位もしくは、フェイスラインあたりから糸が飛び出してくることがあります。出てきた部分をカットして処置が必要になりますので、触れる場合などは受診していただく必要があります。
感染症
髪の毛が生えている部位から刺入するため、その際一緒に髪の毛を巻き込むなどしてしまうと刺入部の炎症を起こします。巻き込んだ髪を除去し、必要に応じて抗生剤を処方いたします。
これとは別に最も重篤な合併症は、何らかの原因で挿入した糸に沿って感染を起こした場合(蜂巣織炎)です。この場合は抗生剤が必要で、挿入した糸も抜去しなくてはいけない可能性があります。

糸リフト・リフトアップ・たるみを取る

お顔の肉を落とす

お顔の脂肪を減らす・顔やせ

フェイスラインをシャープに

本ページの監修医師

年齢を重ねるにつれて、目元や頬、口元のたるみが気になる方は多いかと思います。顔のたるみは実年齢よりも老けて見えるだけではなく、不機嫌に見えるといったネガティブな印象を与えることに繋がります。TCBでは、糸リフトや医療用HIFU、ヒアルロン酸注射など豊富な治療プランをご用意しております。顔のたるみを取りたい、小顔になりたい方はぜひ一度ご相談ください。患者様にご納得いただける結果が得られるよう、担当医師が全力でサポートいたします。

東京中央美容外科【TCB大宮院】
院長 樅山 真紀

樅山 真紀 医師

詳しいプロフィールを見る

経歴

2003年
福島県立医科大学 形成外科
2010年
日本形成外科学会 専門医 取得
2010年
寿泉堂綜合病院 形成外科 科長
2012年
福島県立医科大学 形成外科学講座 助手
2017年
東京中央美容外科
2018年
東京中央美容外科 福島院 院長
2018年
東京中央美容外科 郡山院 院長
2020年
東京中央美容外科 大宮院 院長
2021年
東京中央美容外科 郡山院 院長
2022年
東京中央美容外科 大宮院 院長

備考

ボトックスビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® バイクロス 認定医
日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科分野指導医
日本形成外科手術手技学会 正会員
日本マイクロサージャリー学会 正会員
日本創傷外科学会 専門医
日本頭蓋顎顔面外科学会 正会員

さまざまな学会の専門医・会員が在籍

TCB東京中央美容外科は、日本美容外科学会(JSAS)正会員、日本形成外科学会(JSAPS)専門医・正会員、日本形成外科手術手技学会会員、日本外科学会会員・専門医、日本整形外科学会会員・専門医、日本皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会正会員、日本アンチエイジング外科学会会員、乳房再建エキスパンダーインプラント責任医師、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会正会員、日本静脈学会会員、日本脈管学会専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医、日本創傷外科学会会員・専門医、日本熱傷学会会員・専門医、日本創傷治癒学会会員、皮膚腫瘍外科分野指導医・領域指導医、日本Acute Care Surgery学会会員、日本整容脳神経外科学会会員、日本頭蓋額顔面外科学会正会員、日本口蓋裂学会正会員、日本ペインクリニック学会正会員、日本マイクロサージャリー学会会員、日本麻酔科学会正会員、麻酔科認定医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医、日本臨床外科学会会員、医学博士、などの資格を持つ医師が在籍しています。

医師紹介はこちら

医療広告ガイドラインについて

TCB東京中央美容外科では、医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

  1. ①体験談の削除
  2. ②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載

患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV・CM放映情報

TCB東京中央美容外科がTVやCMで放映された
情報についてご紹介します。

2022/6/27 テレビ

テレビ西日本2022/6/27放送「ももち浜ストア」に小倉院院長の圓田先生が出演しました。

2022/6/18 テレビ

TBSテレビ2022/6/18放送「カバン持ちさせてください!」に新宿三丁目院院長の川島先生、八王子院院長の鎌田先生が出演しました。

2022/6/17 テレビ

テレビ新広島2022/6/17放送「満点ママ!!プラス」に広島院院長の山内先生が出演しました。

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE