顔の脂肪吸引

TCB式小顔脂肪吸引

TCB式小顔脂肪吸引動画
ダウンタイムほぼなし 切開をしない小顔治療 低価格医療ダイエット 痛みを抑えた脂肪吸引

顔の脂肪吸引とは

顔(頬・頬骨上・顎下)の脂肪吸引とは、顔を大きくする原因の1つである皮下脂肪を吸引して除去する小顔整形です。適切な量を部分的に取り除くことで、自然で美しいフェイスラインを作ることができます。脂肪細胞そのものを取り除くため、リバウンドしにくいのも特徴です。

  • 顔(頬・頬骨上・顎下)の脂肪吸引の症例写真メイン 術前
  • 顔(頬・頬骨上・顎下)の脂肪吸引の症例写真メイン 術後
施術名:
顔の脂肪吸引
施術の説明:
極細の吸引管を挿入して、顔の皮下脂肪を吸引し顔を細くする施術です。
施術の副作用(リスク):
腫れ・痛み・内出血・傷跡:1~2週間程度
まれに起こる副作用(リスク):
むくみ・感染症・アレルギー・たるみ・凸凹など
施術の価格:
1部位 45,000円(税込) ~

監修医:大宮西口院 院長 樅山 真紀

web予約ボタン

顔の脂肪吸引は
こんなお悩みの方におすすめ

Recommended

  • 顔の脂肪吸引に向いている人

    脂肪が原因で顔が大きい

    丸顔からVラインフェイスにしたい

    頬・二重あごなど部分的に脂肪を除去したい

    短期間で顔痩せしたい

    ダイエットが続かず小顔になれない

  • 顔の脂肪吸引に向いていない人

    筋肉や骨格が原因で顔が大きい

    脂肪が極端に少ない

    顔のたるみが酷い

TCBの脂肪吸引が選ばれる理由

業界最大手の実績と安全性
  • 1,000件以上の症例実績
  • 高い手技を持つ医師だけが
    施術を担当
  • 術後のアフターケアも充実
理想のフェイスラインを
徹底追及
  • デザイン性にこだわった脂肪除去
  • ダウンタイムを短くする技術
  • 施術後すぐに
    顔痩せ効果を実感

顔の脂肪吸引の特徴

脂肪吸引と聞くとダウンタイムが長い印象がありますが、TCB式小顔脂肪吸引は、身体に負担の少ない施術方法や吸引器にこだわったTCBオリジナルの脂肪吸引です。

シリンジ法による脂肪吸引

TCB式小顔脂肪吸引は、注射器型の吸引器で行うシリンジ法で皮下脂肪を吸引していきます。従来の脂肪吸引は専用の器具を使い、組織を剥離しながら脂肪を吸引していくのに対し、TCB式小顔脂肪吸引はより細い注射針を使用しピンポイントで脂肪を吸引するため、短いダウンタイムで施術後すぐに小顔効果が実感できます。

手作業だからできるオーダーメイドデザイン

患者様の脂肪の量に合わせて手作業で丁寧に脂肪を取り除くことで、組織を必要以上に傷つけることがなく、余分に脂肪を取ってしまうという心配もありません。医師のスキルとデザイン力があるからこそ可能なオーダーメイド施術です。

顔の脂肪吸引の症例写真

施術名:
顔の脂肪吸引
施術の説明:
極細の吸引管を挿入して、顔の皮下脂肪を吸引し顔を細くする施術です。
施術の副作用(リスク):
腫れ・痛み・内出血・傷跡:1~2週間程度
まれに起こる副作用(リスク):
むくみ・感染症・アレルギー・たるみ・凸凹など
施術の価格:
1部位 45,000円(税込) ~

監修医:大宮西口院 院長 樅山 真紀

顔(頬・頬骨上・顎下)の脂肪吸引
症例写真はこちら

web予約ボタン

TCB式小顔脂肪吸引と通常の顔の脂肪吸引との違い

TCB式小顔脂肪吸引 通常の顔の脂肪吸引
メリット
  • ・リバウンドしにくい
  • ・細かいデザインが可能
  • ・ダウンタイムが少ない
  • ・リバウンドしにくい
  • ・脂肪を除去できる量が多い
デメリット
  • ・注射跡ができる可能性がある
  • ・吸引できる脂肪の量が少ない
  • ・ダウンタイムが長い
  • ・傷跡が目立つ可能性がある
特徴
  • ・手作業で施術を行う
  • ・注射器を使用
  • ・切開をする
  • ・圧迫バンドが必要

顔の脂肪吸引を受けるときに注意するべきポイント!

通常の脂肪吸引だと圧迫バンドが必要

狭い範囲をピンポイントに
吸引できない

術式により
値段に幅がある

  • 圧迫バンドをする女性

    通常の脂肪吸引では、術後24時間は必ず圧迫バンドで顔を固定する必要があります。
    当院のTCB式小顔脂肪吸引は、ダウンタイムを抑えられるため患部を創部パッチで保護するだけで済み、人の目が気になりません。

  • 狭い範囲をピンポイントに吸引できない

    多くの患者様から「脂肪を取れるだけ取りたい」とご相談を受けますが、ただ脂肪を取るだけでは理想の小顔にはなれません。
    通常の脂肪吸引では、針が太いため吸引範囲が広くなります。脂肪を取りすぎると皮膚がたるみ、頬がこけて顔が老けた印象になってしまう可能性があります。
    TCB式小顔脂肪吸引では、細い針でピンポイントに脂肪除去するためデザイン調整ができます。
    顔の脂肪吸引は、ドクターのセンスや技術が試される施術の1つです。患者様にご満足いただける施術が提供できるよう、TCBのドクター達は、定期的に解剖学や正しいデザイン設計の勉強会を行い知見を深め、日々技術力向上に取り組んでいます。

  • 術式により値段に幅がある

    一般的に顔の脂肪吸引は、クリニックによって10~30万円以上と幅広い値段設定がされています。二重あごや頬肉が気になっても、予算が足りずに脂肪吸引を断念される方も多くいらっしゃいます。
    TCB式小顔脂肪吸引では、頬・頬骨上・顎下それぞれ4万円台の脂肪吸引プランのご用意があり、顔の脂肪でお悩みの方に施術を受けていただきやすくなっています。

脂肪吸引のスペシャリスト

畑山 知輝 医師
銀座有楽町院 院長

畑山 知輝

Tomoki Hatayama
  • TCB施術予約数
    都内エリア
    脂肪吸引部門
    No.1※1

症例写真

  1. 脂肪吸引予約数2023年1月調べ
大見 貴秀 医師
横浜駅前院 院長

大見 貴秀

Takahide Omi
  • TCB施術予約数
    関東エリア
    脂肪吸引部門
    No.1※1

症例写真

  1. 脂肪吸引予約数2023年1月調べ

顔の脂肪吸引のリスク・ダウンタイム

施術時間 20分程度
通院 なし
洗顔・シャワー 当日から可能 ※当日は患部を避けてください。
メイク 傷口以外は施術後すぐに可能
腫れ・内出血 腫れ:3日程度
内出血:1週間程度
痛み 熱感や筋肉痛のような痛み
麻酔 局所麻酔
※笑気麻酔も含まれています。
副作用・リスク むくみ、感染、傷跡、アレルギー、たるみ、凸凹、バランスが不自然
※通常は1~2週間程度で落ち着きます。
術後の過ごし方 固定の必要はなし

顔の脂肪吸引の施術の流れ

STEP1 カウンセリング

患者様が気にされているお顔の部位を確認し、一人ひとりに合ったデザインをご提案します。

カウンセリング予約はこちらから

STEP2 消毒・麻酔

患部を消毒し、必要に応じて麻酔をします。
※オプションとして笑気麻酔などの各種麻酔もご用意しております。

STEP3 施術

適切な量の皮下脂肪を吸引して除去します。

STEP4 アフターケア

鏡を見ながら、ドクターと一緒に仕上がりを確認していただきます。

顔の脂肪吸引の料金

施術名 料金
TCB式小顔脂肪吸引 ¥45,000(税込)

web予約ボタン

顔の脂肪吸引に関するよくある質問

回答者:TCB東京中央美容外科
大宮西口院 院長 樅山 真紀

TCB式小顔脂肪吸引では、どれぐらい脂肪を除去しますか?

個人差があるため、患者様一人ひとりに合わせて適切な脂肪の除去量をドクターが見極めます。脂肪の取りすぎや取り残しがないよう、丁寧なカウンセリングを心がけています。

痛みが心配です。

施術時には局所麻酔を行い、術後も痛み止めの内服薬を処方いたします。個人差はありますが、痛みはほとんど感じずに完治していく方がほとんどですので、ご安心ください。

傷は目立ちますか?

TCB式小顔脂肪吸引の傷跡は2ミリ以下程度のため、ほぼ目立ちません。

顔が大きく丸いのですが、脂肪吸引で小顔になれますか?

脂肪が原因で顔が大きい場合は小顔効果が期待できます。筋肉が原因の場合は、エラボトックス注射など筋肉にアプローチする治療の方が効果的な可能性があります。

TCB式小顔脂肪吸引を行うと皮膚がたるみますか?

脂肪は痩せやすく浅い脂肪層と、太りやすく脂肪を溜め込みやすい深い脂肪層に分かれています。脂肪吸引では深い脂肪層を中心に除去するため、過剰に除去した場合、皮膚がたるむ恐れがあります。
TCBでは経験・知識・技術力の高いドクターが、適切な脂肪量を除去しますので、皮膚がたるむといった心配はありません。

顔の脂肪吸引の治療後、適切な寝方はありますか?

患部を圧迫するような寝方はむくみや腫れ、痛みを誘発するため避けてください。

顔の脂肪吸引後、リバウンドしますか?

脂肪細胞を除去するため、リバウンドの可能性は低いです。著しく体重が増加した場合は、顔の大きさにも影響が出るため注意が必要です。健康的な食事や定期的な運動を心がけてください。

顔の脂肪吸引後、ボコボコするのは何故ですか?

除去した脂肪の空洞を埋めるため、皮下組織同士がくっつこうとする過程で拘縮と呼ばれるボコつきが現れます。ただし時間の経過とともに改善されます。

術後の腫れが気になるのですが、お休みは必要ですか?

術後のダウンタイムは、腫れは3日程度をピークに徐々に消失していきます。内出血は1週間程度で落ち着きますが、メイクやマスクで隠せる程度であれば、翌日から外出いただけます。

顔の脂肪吸引後、食事をとっても大丈夫ですか?

麻酔が切れるまでは、口を動かしにくくなる可能性があるため、小さく切った食べ物や、柔らかく飲み込みやすい食事を推奨します。

本ページの監修医師

年齢を重ねるにつれて、目元や頬、口元のたるみが気になる方は多いかと思います。顔のたるみは実年齢よりも老けて見えるだけではなく、不機嫌に見えるといったネガティブな印象を与えることに繋がります。TCBでは、糸リフトや医療用HIFU、ヒアルロン酸注射など豊富な治療プランをご用意しております。顔のたるみを取りたい、小顔になりたい方はぜひ一度ご相談ください。患者様にご納得いただける結果が得られるよう、担当医師が全力でサポートいたします。

東京中央美容外科
【TCB大宮西口院】
院長 樅山 真紀

樅山 真紀 医師

経歴

2003年
福島県立医科大学 形成外科
2010年
日本形成外科学会 専門医 取得
2010年
寿泉堂綜合病院 形成外科 科長
2012年
福島県立医科大学 形成外科学講座 助手
2017年
東京中央美容外科
2018年
東京中央美容外科 福島院 院長
2018年
東京中央美容外科 郡山院 院長
2020年
東京中央美容外科 大宮院 院長
2021年
東京中央美容外科 郡山院 院長
2022年
東京中央美容外科 大宮院 院長
2023年
東京中央美容外科 大宮西口院 院長

備考

ボトックスビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® バイクロス 認定医
日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科分野指導医
日本形成外科手術手技学会 正会員
日本マイクロサージャリー学会 正会員
日本創傷外科学会 専門医
日本頭蓋顎顔面外科学会 正会員

さまざまな学会の専門医・会員が在籍

TCB東京中央美容外科は、下記の資格を持つ医師が在籍しています。

日本美容外科学会(JSAS)正会員、日本形成外科学会(JSAPS)専門医・正会員、日本形成外科手術手技学会会員、日本外科学会会員・専門医、日本整形外科学会会員・専門医、日本皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会正会員、日本アンチエイジング外科学会会員、乳房再建エキスパンダーインプラント責任医師、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会正会員、日本静脈学会会員、日本脈管学会専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医、日本創傷外科学会会員・専門医、日本熱傷学会会員・専門医、日本創傷治癒学会会員、皮膚腫瘍外科分野指導医・領域指導医、日本Acute Care Surgery学会会員、日本整容脳神経外科学会会員、日本頭蓋額顔面外科学会正会員、日本口蓋裂学会正会員、日本ペインクリニック学会正会員、日本マイクロサージャリー学会会員、日本麻酔科学会正会員、麻酔科認定医、麻酔科標榜医、臨床研修指導医、日本臨床外科学会会員、医学博士

医療広告ガイドラインについて

TCB東京中央美容外科では、医師監修のもと「医療広告ガイドライン」に従い、以下の2点についてホームページの見直し・改善を適宜行っております。

  1. ①体験談の削除
  2. ②症例写真を掲載する際、施術内容・施術のリスク・施術の価格などの記載

患者様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV・CM放映情報

TCB東京中央美容外科がTVやCMで放映された
情報についてご紹介します。

2023/1/26 テレビ

テレビ愛知2023/1/26放送「はちまるご」に金山院院長の成田先生が出演しました。

2023/1/8 テレビ

関西テレビ2023/1/8放送「発見たまご!ころころコロンブス」に西梅田院院長の池田先生が出演しました。

2022/12/31 テレビ

朝日放送テレビ2022/12/31放送「探偵!ナイトスクープ」の番組コラボCMに梅田大阪駅前院院長の寺西先生が出演しました。

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE