一重まぶたにもいくつか種類があるというのは本当ですか?二重にする方法も違うのでしょうか?

「一重です」とおっしゃる患者様はだいたい2パターンにわかれます。ひとつは本当にうまれつき一重でまったく皮膚の折れ込みがないパターン、もうひとつは奥二重の方。またはコンディションによってそのふたつが変化する方もいらっしゃいます。

二重にする方法は概ねはかわらないですが、もともと本当の一重のかたは脂肪が厚いことが多く、TCB二重術などは向きにくいです。また、脂肪取りが適応になるパターンも多いですし、一重に対してずっとアイプチをしていると、本来二重のかたに比べると皮膚に負担がかかるため皮膚の伸びが顕著なこともあります。

ひとついえるのは、一重のかたはもともとの蒙古ひだが隠れている場合が多いので、完成形が末広になるか並行になるかは分かりづらいことが多いです。
その場合はシュミレーションをしてみないとわからないことがあります。

このQAを監修したドクター

梅田 知樹

横浜駅前院 医師

梅田 知樹

認定医。普段から丁寧なカウンセリングを心がけ、話しやすい環境づくりに努めています。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中