マッサージで二重になれるって本当?
効果的なまぶたのお手入れ方法とは

マッサージで二重になれるって本当?効果的なまぶたのお手入れ方法とは

「まぶたのマッサージで二重になれる」と聞いたことはありませんか?
もしマッサージだけで自力で二重になれる方法があるとすれば、一重に悩まれている方にとっては嬉しいことですよね。
そこで今回は、二重マッサージのやり方はもちろんのこと、効果やリスク・注意点などについてお伝えいたします。一重まぶたの「厚いまぶた」や「眠たそうな目」にお悩みの方は、参考にしてみてください。
また、二重マッサージよりも、効率の良い一重まぶたから二重まぶたにする方法も記載していますので、ぜひ最後まで目をお通しください。

二重マッサージは本当に効果があるの?

二重マッサージは本当に効果があるの?

そもそも「マッサージで本当に二重になれるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。結論から申し上げますと、全ての一重まぶたがマッサージで二重になれるというわけではありません。
二重マッサージは、まぶたの血行を促進させたり、眼輪筋を鍛えたりすることで、二重に改善できるマッサージですので、「まぶたに脂肪が多く、むくんでいる」場合や、「目の周りの筋肉(眼輪筋)の力が弱い」場合であれば、二重に改善できる可能性があります。これらの条件に当てはまる一重まぶたは、「腫れぼったいまぶた」や「たるんだまぶた」に多くみられます。時間こそかかるかもしれませんが、マッサージを毎日行うことで、二重になりやすい目を作ることができます。

二重マッサージのやり方

二重マッサージのやり方

二重マッサージのやり方をご説明いたします。
ここで紹介するやり方は「血行を促進させる方法」と「目の周りの筋肉を鍛える」方法です。
どちらもシンプルでとても簡単ですので、リラックスタイムのお風呂の中や、むくみが気になる朝などに、1日2回を目安に行ってみてください。

血行を促進させる二重マッサージのやり方

  1. ①目尻側のまぶたを10秒ほど揉みほぐします
  2. ②目頭側のまぶたを10秒ほど揉みほぐします
  3. ③まぶたを目頭から目尻に向かって指の腹で優しくさすります
  4. ④まぶたを目尻から目頭に向かって指の腹で優しくさすります
  5. ⑤二重ラインを付けたい箇所を、目頭側から目尻側に向かって指の腹で優しくなぞります

目の周りの筋肉を鍛える二重マッサージのやり方

  1. ①まぶたと眉毛の中間付近をつまんで持ち上げます
  2. ②そのまま軽く左右に動かします
  3. ③まぶたと眉毛の中間付近を指で抑えたまま目を開閉します

効果的に二重マッサージを行うには?

効果的に二重マッサージを行うには?

二重マッサージをもっと効果的に行いたい方は、「蒸した温かいタオル」と「冷たいタオル」を使うことをおすすめします。
やり方は至ってシンプルです。まずは温かいタオルを顔全体を包むように3分~5分ほど乗せた状態をキープします。その後、冷たいタオルに交換して1分ほど乗せます。
この一連の動作を繰り返すことで、顔にあるツボを刺激し、むくみやたるみを改善することができます。血行も促進されますので、マッサージを行う前、もしくは直後に温冷タオルを試してみてください。

二重マッサージのリスクと注意点

まぶたの皮膚はとても薄くデリケートな部分ですので、強くこすりすぎないように注意しましょう。
また、爪先で無理やりまぶたに二重の線をクセ付けしてしまうと、不自然な二重ラインになってしまいます。

まぶたが荒れてしまう

まぶたが荒れてしまう

マッサージをやりすぎてしまうと、まぶたが赤くなったり、カサカサになってしまう可能性があります。クリームなどの潤滑剤を付けることで、まぶたにかかる負担を少なくすることができますが、まぶたが荒れるリスクが伴う以上、過度なマッサージはお控えください。
また、肌の体質に合わないクリームを使ってしまうと、クリームが原因で肌荒れを引き起こすこともありますのでご注意ください。

腫れぼったい目になってしまう

もっと腫れぼったい目になってしまう

強い力でマッサージを頻繁に行うと、まぶたの皮膚が分厚くなってしまう恐れがあります。
まぶたが分厚くなると、腫れぼったい目になってしまい、すっきりした二重を目指していたはずなのに、真逆の状態になりかねません。
力強くマッサージすれば効果が大きくなるわけではありませんので、自分が気持ち良いと感じる力加減で行いましょう。

マッサージで二重にならない理由

マッサージで二重にならない理由

マッサージで目の周りの筋肉や、まぶたの血行を良くしても二重にならない場合は、まぶたの構造をに問題があるかもしれません。実は、二重まぶたと一重まぶたの構造には大きな違いがあります。
二重まぶたは、「眼瞼挙筋」(がんけんきょきん)が「瞼板」(けんばん)と、「眼輪筋」(がんりんきん)に枝分かれして皮膚に繋がっています。目を開くと、枝分かれしている「眼瞼挙筋」が同時に引っ張られるため、皮膚が全体的に折り込まれることで、二重ラインができます。
一方、一重まぶたは、「眼瞼挙筋」の枝分かれする部分が、皮膚と繋がっていませんので、二重ラインが作られることはありません。
つまり一重と二重の人では、まぶたの構造がそもそも別物ですので、元々一重まぶたの方がマッサージだけで二重になることは難しいです。
ただし元々二重だったのに、むくみやたるみによって一重になってしまった方は、単純にマッサージの継続が足りていないというケースがほとんどです。目元を傷つけない程度に優しく続けていきましょう。

二重整形(埋没法)

二重整形(埋没法)

「マッサージで二重にならない」、「毎日のマッサージはめんどくさい」、「整形は怖くて勇気が出ない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。
そんな方には、TCBの二重整形(埋没法)をおすすめします。
埋没法は、切開を行わず、特殊な医療用の縫合糸を使用して二重を形成するプチ整形です。まぶたを切開しないので、整形において不安要素となる「痛み」や「腫れ」がほとんどありません。
翌日からメイクが可能なほど、ダウンタイムが少ないため、その日の内に一重から自然な二重になることができます。万が一、元に戻したくなっても、縫合した糸を取り除けば元の一重まぶたに戻すことが可能です。
また、医師が患者様のお身体を考慮した施術を行いますので、マッサージとは異なり、まぶたに無理な負担がかる心配もありません。
10分ほどの施術でお手軽に二重になることができますので、「毎日のマッサージが煩わしい」とお考えの方や、「マッサージで二重にならない」とお悩みの方はぜひご検討ください。

TCB式 1dayクイックアイ

”TCB式1dayクイックアイ

「TCB式1dayクイックアイ」は、TCBの埋没法メニューの1つで、患者様のご希望に合わせてさまざまなグレードをご用意しております。
「周りにバレずに二重にしたい」「幅狭・幅広二重などのデザインにこだわりたい」「長期間二重まぶたを維持したい」など、患者様のご要望に沿って最適な施術方法を提案いたします。
また、ご自身に似合う二重のデザインが分からないという場合は、施術前にカウンセリングをご用意しておりますので、気兼ねなくご相談ください。

二重整形(埋没法)の詳細はこちら

まとめ

一重の人が二重になる方法をご紹介いたしました。
二重マッサージの効果が現れやすい方は、「まぶたに脂肪が多く、むくんでいる」方や、「目の周りの筋肉(眼輪筋)の力が弱い」方です。毎日のマッサージを続けることで、一重の人が二重になる可能性はありますが、確実に二重になれるわけではありません。また、まぶたが赤くなったり、荒れたりするリスクがある以上、あまりおすすめはできません。
どうしても二重にしたいという方は、理想の二重まぶたを簡単に手に入れることができる、二重整形(埋没法)をおすすめします。TCBの埋没法は、デザインにこだわることはもちろんのこと、「半永久的に二重をキープできる」施術方法もご用意しており、種類の多い二重整形術の中でも、1番人気の施術方法です。また、万が一のトラブルにもすぐ対応できるよう、万全のアフターケアを整えておりますので、ご安心ください。
最適な整形を施せる医師が、患者様一人ひとりの希望を叶えますので、少しでも二重整形に興味を持たれた方は、ぜひ一度、TCBの無料カウンセリングにお越しください。
アフターケアが充実しているTCBで、「ぱっちり二重の可愛い大きな目」を手に入れてみませんか?

無料カウンセリング予約

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中