二重整形後にマツエクやメイクをしても大丈夫?

二重整形後にマツエクやメイクを行っても大丈夫かどうか? 二重整形後にマツエクやメイクを行っても大丈夫かどうか?

美意識の高い女子にとって、二重整形後”いつからマツエクやメイクができるの?”
と思う方はきっと多いことでしょう。
人によっては、「二重整形埋没法は切らないから、まぶたが腫れてなければ、マツエクやメイクはすぐできるよね」と思う方がいらっしゃるかもしれません。
逆に心配性の人は、「数ヶ月以上経たないとどちらもできないのでは?」と思う方もいらしゃるかもしれません。

ここでは二重整形後、マツエク・メイクがいつからできるのか?をお伝えしたいと思います。
正しい情報を得て、安全にオシャレを楽しみましょう。

二重整形後のマツエクはいつからできる?

二重整形後のマツエクはいつからできるの?

二重整形の施術直後はマツエクは控える

二重整形後になぜマツエクをしてはいけないのか?を説明いたします。

1つ目は、まぶたが腫れているために、どうしてもマツエクが取れやすくなってしまうためです。
2つ目は、マツエクをまつげの付け根に装着する際、接着剤を塗りますが、この接着剤が施術直後のまぶたが腫れている状態に付くことで、痒み・腫れといった炎症を引き起こす可能性があるためです。

また炎症が起きなかったとしても、腫れたまぶたにマツエクがつくことで、皮膚が引っ張られる状態となり、それが原因で二重のラインがずれたり、酷い場合は二重のラインが消えてしまう場合もあります。

以上のリスクを踏まえて、二重整形の直後にマツエクをすることは控えましょう。

マツエクは埋没法なら術後1週間、切開法は術後1ヶ月は控える

二重整形後のマツエクをするタイミングですが、ダウンタイムが過ぎて、強い腫れが引いた後に行うことでトラブルを回避することができます。

目安で言うと、

  • 埋没法…術後1週間~
  • 切開法…術後1ヶ月~

になります。

上記日数はあくまで目安ですので、日数が過ぎた後でもまだ腫れや痛みなど気になる症状があれば、落ち着くまでマツエクは控えてください。

マツエクを継続したい方は、二重整形(切開法)がおすすめ

二重整形埋没法の場合、腫れが引いたあとでも何度もマツエクをすることで、二重ラインが綺麗な状態を保持できなくなる可能性があります。

そのため、マツエクを継続し続けたい方は、思い切って”二重整形(切開法)”の手術を選択するのも一つの手です。
ただし、注意していただきたいのは、切開法の場合は名前の通り、二重ラインをメスで切開しますので、最初は術後最低1ヶ月はマツエクができないということです。
その代わり、ある程度落ち着くとマツエクをいくら施しても二重ラインが変わったり消えたりする心配がなくなりますし、半永久的に理想の二重で過ごせるといったメリットもあります。

二重整形(切開法)の詳細はこちら

二重のラインに影響を与えない、塗るつけまつげ【ルミガン(まつ毛育毛剤)】

塗るつけまつげ”ルミガン(まつ毛育毛剤)

塗るつけまつげ”ルミガン(まつ毛育毛剤)

日頃からマツエクを愛用している方に、二重整形と同時におすすめしたい施術があります。
それは塗るつけまつげ”ルミガン(まつ毛育毛剤)”です。
ルミガンとは、まつ毛の付け根に塗る点眼液のことで、1日1回塗ることで今のまつげを”長く・濃く・太く”する効果をもたらします。
毎日ご自身で塗るだけで、約1ヶ月を過ぎてからまつ毛が長く濃くなるのを実感します。
継続することで、まつ毛の長さや濃さを調整できるといったメリットがあります。
マツエクの場合、日にちが経つと人工まつ毛が抜けたり、定期的にメンテナンスをしたり、メイクを落とすときも気を使いますが、ルミガンなら自分のまつ毛が長くなりますので、仕上がりが自然で面倒なメンテナンスも不要です。

ルミガン(まつ毛育毛剤)の詳細はこちら

二重整形後のメイクはいつからできる?

二重整形後のメイクはいつからできるの?

メイクは埋没法なら術後1週間、切開法は術後2週間は控える

二重整形(埋没法・切開法)も、施術直後にメイクは可能です。
しかし、まぶたが腫れた状態でメイクを施すことで、ダウンタイムが長引いたり、二重のラインに影響がでる可能性がありますので、以下の目安を参考にしてください。

  • 埋没法…(アイメイク以外のメイク)3日後~、(アイメイクを含めたメイク)1週間後~
  • 切開法…(アイメイク以外のメイク)3日後~、(アイメイクを含めたメイク)2週間後~

になります。

腫れが残る場合は上記の日程が過ぎてもメイクをお控えください。
もし術後にメイクをする必要がなければ、なるべくメイクをせずに腫れを引かせることを優先してください。早く二重を落ち着かせることで、二重の仕上がりがより美しくなります。

メイクを落とす際は、目元を傷つけないよう慎重に行いましょう

二重整形後ダウンタイムのある期間は、目をこすらないことが重要です。
もし目を強くこすってしまうと、その摩擦によって傷口に菌が入ってしまい、炎症を引き起こし、より腫れが酷くなってしまいます。

また埋没法の場合だと、目を強くこすってしまうことで、しっかりと留めた糸がゆるんだり・外れたりする可能性もあります。

そのため、メイクが可能になってからも、完全に二重が落ち着くまで、洗顔をする際はゴシゴシ洗いをせず、慎重に優しくなでるように洗うことを心がけましょう。

アイメイクができない期間にオススメの対策

額縁メガネやサングラスでカモフラージュ

                           
アイメイクができない期間はメガネで隠す

アイメイクができない期間は、メガネやサングラスを利用して、物理的に目元を隠すことをおすすめします。
ただ、困ったことに授業中や仕事中はサングラスが利用できないことです…。
代わりに役に立つのが、額縁が太いメガネです。
縁が太いと目立つため、視線が額縁にいきやすくなり、目の腫れがバレにくくなります。
ただし、日頃メガネを利用していない方がいきなりメガネをかけてしまうと、逆に目立ってしまいます。二重整形をする前から、メガネをかけるクセをつけてください。
いざ二重整形が終わってからメガネをかけても、周りから違和感をもたれなくなります。

前髪を伸ばして目元を隠す

目元にかかるくらい前髪を伸ばして隠す
                                       

前髪を伸ばすことで、二重ラインが隠されて周りから整形したことが目立ちにくくなります。この方法を試す際は、なるべく衛生面を考えて、目の中に髪の毛が入らないように気をつけましょう。
一番おすすめの前髪は、重ための前髪パッツンです。
さらにメガネをあわせると、より目立たなくなります。

目の腫れを指摘されたらごまかす

もし目の腫れを指摘された場合、患者様がよく言うのが「ものもらいにかかってしまった」、「逆さまつげで目が傷ついてしまったので腫れてる」、「前日に泣いてしまった」、「アイプチ(アイテープ)でまぶたが荒れてしまった」と言っているようです。
ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

二重整形後のマツエクに関して

◎マツエクができる日にち

  • 埋没法…術後1週間~
  • 切開法…術後1ヶ月~

◎ずっとマツエクを行いたい方は、二重整形切開法がおすすめ

◎塗るつけまつげ”ルミガン”を使用することで、マツエク不要・二重ラインを綺麗に維持できる

二重整形後のメイクに関して

◎メイクができる日にち

  • 埋没法…(アイメイク以外のメイク)3日後~、(アイメイクを含めたメイク)1週間後~
  • 切開法…(アイメイク以外のメイク)3日後~、(アイメイクを含めたメイク)2週間後~

◎メイクを落とす際は目元を傷つけないよう慎重に行う

アイメイクができない期間に二重整形がバレないためのオススメ対策

                                      

◎縁の太いメガネやサングラスを使って、目元を隠す

◎前髪を伸ばして目元を隠す

◎目の腫れを指摘されたら、「ものもらい」、「昨日泣きすぎた」などでごまかす

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中