二重埋没法で生じる癒着とは?
抜糸した後も癒着は残るの?

糸で留めた部分の皮膚と筋肉が完全に癒着すると二重ラインを維持でき、全くに癒着が起きなければ二重ラインがすぐに消えてしまうといわれています。

二重埋没法にはさまざまな施術方法(糸の結び方)があり、施術方法により癒着のしやすさは異なります。
輪を作るように糸を複雑に絡ませてラインを固定する方法は、癒着が起こりやすいといわれています。しっかり癒着が起きれば、万が一糸が取れてしまっても二重ラインを維持しやすいため半永久的に二重を維持することが可能です。

一方、縫合が簡単な埋没法だと癒着が起こりにくいといわれており、時間の経過とともに糸が緩んで二重ラインが薄くなったり消えたりして、再度の施術が必要になることがあります。
なんらかの理由によって抜糸したいと思ったときに、埋没法は抜糸するだけで、簡単に元のまぶたに戻せる点もメリットといえます。通常、施術直後~術後1か月においては、埋没法の糸を抜糸すればはやければその場もしくは翌日には元の目にもどります。しかし埋没法によって一度強い癒着が起きてしまうと元のまぶたに戻したいと思って、抜糸しても完全に一重に戻らない場合もあります。また施術後その二重ラインが長く維持されていると、癒着が起きて二重ラインがクセづき、元のまぶたに戻したいと思っても元に戻すのが難しいことがあります。

何度も埋没法を行っても、元に戻ってしまう方は、切開法を選択したほうがよいケースが多いです。切開法は皮膚を切開し、皮下組織の癒着を強固に起こすよう処置するので、抜歯後も理想の二重ラインで元のまぶたに戻ることは少なくなります。

まぶたが分厚い方などは埋没法で二重ラインを作っても糸が取れやすいといわれています。糸が緩むたびに埋没法を繰り返し行うと糸がまぶたに残ることがあり、美しい二重ラインを維持できない、まぶたに違和感を覚えるといったデメリット・リスクがあります。
そのため埋没法を何回か繰り返しても糸が取れたり緩んだりする方は、切開法で二重ラインを形成したほうが良い可能性がありますので医師に相談しましょう。

このQAを監修したドクター

安本 匠

TCBの「特別指導医」として活躍。
患者様の理想に近づけるための治療プランを複数提案し、術式や予算、リスクについてご納得いただいた上でお選びいただけるよう、丁寧な説明を心がけています。
日本外科学会認定専門医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中