二重整形には、まぶたを裏返すような施術があるのでしょうか?
埋没法の二重まぶたはひっくり返すとばれる?

二重整形には、施術時にまぶたを裏返す埋没法と施術時にまぶたを裏返さない切開法がごさいます。埋没法は、まぶたの裏と表を糸で縫い合わせる手術であり、麻酔の注射と糸を通す工程、まぶたの裏を確認する工程でまぶたを何度かひっくり返します。まぶたを裏返す際は、指を使って行う場合と四爪こう(漢字)などの専用の器具を使用する場合がございます。裏返し方や器具を使うかどうかは、術式、ドクター、施設によっても多少変わってきます。
切開法は皮膚を切開して、皮膚の表面とまぶたの裏に近い層とに癒着を作って、重瞼線を作る手術です。表側にしか麻酔をしませんし、糸も裏側には通さないので、まぶたを裏返す工程は一切ございません。

埋没法の二重であっても、まぶたをひっくり返して、まぶたの裏を見ただけでは、過去にオペを行ったかは分かりません。表面、裏面ともに何の傷も残らないからです。つまり、埋没法の二重まぶたはひっくり返してもバレません。

このQAを監修したドクター

安本 匠

TCBの「特別指導医」として活躍。
患者様の理想に近づけるための治療プランを複数提案し、術式や予算、リスクについてご納得いただいた上でお選びいただけるよう、丁寧な説明を心がけています。
日本外科学会認定専門医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中