アイプチはまぶたによくないのでしょうか?炎症が起きる可能性があるって本当ですか?

長期的な使用は瞼に良くないです。

結論から言うと、長期的なアイプチの使用は瞼にとって良くありません。
瞼の皮膚は厚みがわずか0.6mm程度しかなく体の中で最も薄い部分の一つでありとてもデリケートなパーツです。
アイプチは、のりで皮膚をずっと引き延ばしている状態なので炎症が起きる可能性はもちろんあります。
慢性的に炎症が続くとまぶたの皮膚が硬くなったり、元のお目元より腫れぼったくなってしまいます。さらに、皮膚がたるんでしまい、中途半端にクセづくとシワと二重ラインが重なり三重の状態になってしまいます。
また、毎日アイプチをオフする際に引っ張ったり擦ったり、炎症が起きたまぶたをかいたりすることにより、眼瞼下垂を引き起こす可能性もあります。

このQAを監修したドクター

村田 大典

新宿三丁目院 院長

村田 大典

美しい仕上がりはもちろんのこと、施術を受けた患者さんの人生が幸せに変化する事を目指す。
全国から指名が殺到するリピーター率トップクラスの予約困難ドクター。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中