自力で二重まぶたにしようと思いますが、危険でしょうか?

まず、結論から申し上げて、「自力で二重まぶたにする」ということは不可能です。元々、一重まぶたの方を二重にする方法は手術以外にはありません。

時々、アイプチやアイテープで二重のクセが付いたとか、幼い頃は一重まぶただったのに、だんだん二重まぶたになったという方もいますよね。まず、アイプチなどの使用の有無に関わらず二重まぶたになるケースは、遺伝的に元々二重になる素因がある方、つまり、そもそも二重まぶたになる予定だった方です。あるいは、加齢によって皮膚が伸びて自然に折り重なったことで二重になる方もいます。

また、遺伝的素因や加齢以外でアイプチ・アイテープで二重になる要因として、慢性的な炎症が挙げられます。炎症によって皮膚のたるみや、シワが形成されてまぶたに重瞼線のようなものが出来た状態と考えられます。シワやたるみで皮膚が折り重なった状態が、自分の希望するデザイン、幅の二重まぶたと言えるでしょうか?

アイプチ・アイテープのリスク・危険性としては、慢性的な炎症で皮膚のかぶれ・ただれ、出血、皮膚の硬化、色素沈着などがあり、美容外科医としておすすめできるものではありません。

このQAを監修したドクター

安本 匠

TCBの「特別指導医」として活躍。
患者様の理想に近づけるための治療プランを複数提案し、術式や予算、リスクについてご納得いただいた上でお選びいただけるよう、丁寧な説明を心がけています。
日本外科学会認定専門医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中