保湿ケアはまぶたのたるみや二重に効果的ですか?

まぶたがたるんでしまうと、皮膚が伸びるため一重になってしまうリスクがあります。
一重になってしまう要因にまぶたの脂肪の量も挙げられますが、多くはまぶたの構造的特徴や加齢によるものです。

まぶたは非常に乾燥しやすい部分なので、保湿することでまぶたのハリを維持し、しわをできる限り防ぐよう保湿に努めることで、二重まぶたを維持することができます。
そのため、保湿ケアはまぶたのたるみや二重に効果的であるといえるでしょう。

しかし、まぶたの保湿を継続したからといって必ず二重になるわけではありません。
元々のまぶたの構造上、脂肪組織が厚く腫れぼったいまぶたや、目頭が蒙古ヒダに強く引かれているまぶたは一重まぶたになりやすいと言われています。

まぶたの構造上二重になりにくい方は、アイプチ等使用してまぶたのたるみを助長する前に、なるべく早く二重整形を受けることをお勧めします。

このQAを監修したドクター

沖津 勇気

池袋東口院 医師

沖津 勇気

TCBの「技術認定医」として活躍。患者様の理想に近づけるための治療プランを複数提案し、術式や予算、リスクについてご納得いただいた上でお選びいただけるよう、丁寧な説明を心がけています。

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

受付・診療時間 10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中