怪我をしてまぶたを切ってしまいましたが、縫う必要がありますか?

2021/11/22 公開

2021/11/25 更新

基本的には、創部が深く切縁が離れているのであれば縫合の対象となります。

まぶたは比較的傷が早く綺麗に治る部位ですが、切創が深く離れた状態の場合、傷跡が綺麗に残ってしまう場所でもあります。すなわち、縫合するかどうかは切創の深さと切縁の離れ具合によります。

基本的には、創部が深く切縁が離れているのであれば縫合の対象となります。

ただし、傷が残るリスクを許容可能で自力で治すという場合には、なるべく切創を寄せてサージカルテープで留めて下さい。1週間ほど毎日2~3回ほど創部を綺麗に洗いながらサージカルテープを交換できるのであれば、縫合したのと同様に創部は綺麗に治すことは可能です。その間、切縁が離れている時間が長い場合、高確率で傷は残ってしまいますので、確実に寄せている状態を維持できなくてはいけません。なお、洗浄後に消毒は不要です。水洗いのみで可です。

このQAを監修したドクター

村田 大典

新宿三丁目院 医師

村田 大典

美しい仕上がりはもちろんのこと、施術を受けた患者さんの人生が幸せに変化する事を目指す。
全国から指名が殺到するリピーター率トップクラスの予約困難ドクター。

経歴
杏林大学 卒業
東京女子医科大学 形成外科・皮膚科・麻酔科等
東京中央美容外科 宇都宮院 院長
東京中央美容外科 新宿三丁目院 院長
東京中央美容外科
備考
日本美容外科学会(JSAS) 会員
日本抗加齢医学会 会員
日本アンチエイジング外科学会 会員
日本静脈学会 会員

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

電話予約受付時間:10:00~23:00
診療時間:
10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE