眠くないのにまぶたが重く、目が開けづらいのですが、どのような治療法がありますか?

2021/11/02 公開

2022/05/12 更新

二重整形や眼瞼下垂手術、まぶたの脂肪取りなどがあげられますが、まぶたが重くなっている原因によって治療法が異なります。

一言で「まぶたが重い」といっても、原因はさまざまです。この記事では、まぶたが重い原因と原因別の治療法についてご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

まぶたが重くなる原因・治療法

まぶたが重く目が開きづらくなる主な原因として、以下のことがあげられます。

まぶたを開く力が足りない

眼瞼下垂の症状がある場合は、目を開く力を外科的な治療で助ける必要があります。その場合はまぶたを切開し、眼瞼挙筋と瞼板を縫いつけることで目を開きやすくする「眼瞼挙筋前転術切開法」で症状を改善することができます。

一重や二重幅が狭い

二重を作ることによっても改善は可能です。二重を作る方法は埋没法と切開法があります。
埋没法は超極細の針と糸を使用し、まぶたを点で縫い留めることで二重ラインを作ります。メスを使用しないためダウンタイムが短く、傷跡も目立ちにくいというのが大きなメリットです。
切開法はまぶたを切開し、二重の仕組みを再現することで二重ラインが半永久的に持続します。まぶたが厚い方や皮膚のたるみが強い方におすすめの二重整形です。

老化やまぶたのたるみ

加齢などによるまぶたの皮膚のたるみが原因でまぶたが重い場合は、たるんだ皮膚を切除する「目の上のたるみ取り」や、眉毛の下の皮膚の厚い部位を切除し、縫い縮めることでまぶたの重さを解消する「眉下リフト」などが有効です。
目の上のたるみ取りも眉下リフトも皮膚を切開するため、手術直後は傷跡が目立つこともありますが、数ヶ月経てばほとんどわからなくなります。

まぶたの脂肪が厚い

まぶたが重く感じる原因の一つに、まぶたの脂肪の多さがあります。
まぶたの脂肪には皮下脂肪と眼窩脂肪の2種類があり、皮下脂肪に関してはまぶたへの「脂肪溶解注射」、眼窩脂肪に関しては「まぶたの脂肪取り」が有効です。まぶたの脂肪取りは埋没法の二重整形と併せて行うことが多く、同時に行うことでダウンタイムも二重整形単体と変わりないうえに、二重ラインをキープしやすくなるというメリットがあります。

まずはカウンセリングにお越しください

まぶたが重い原因によって、治療法は異なります。
原因を自分で見分けるのは難しいので、一度無料カウンセリングにお越しください。医師が患者様のまぶたの状態に合わせて、適切な治療プランをご提案いたします。

無料カウンセリング

この質問に関連するTCBの施術

このQAを監修したドクター

小西 恒

心斎橋御堂筋院 院長

小西 恒

TCB技術指導医、外科医歴10年以上、産婦人科専門医
仕上がりが美しく、難易度が高い手術もできる医師。
一人ひとりにあった施術方法を、どこまでも追求します。

経歴
2008年
自治医科大学医学部 医学科 卒業
2010年
大阪府立急性期総合医療センター 産婦人科
2014年
大阪府障害者福祉事業団 重症心身障害児(者)施設すくよか 一般内科・婦人科 医療部長
2015年
大阪府 健康医療部 保健医療室 地域保健課 主査
2015年
大阪府 健康医療部 藤井寺保健所 地域保健課 主査
2017年
愛賛会 浜田病院 産婦人科
2020年
東京中央美容外科
2021年
東京中央美容外科 小倉院 院長
2021年
東京中央美容外科 心斎橋御堂筋院 院長
備考
ボトックスビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® 認定医
ジュビダームビスタ® バイクロス 認定医
日本美容外科学会(JSAS)
会員
日本産科婦人科学会
専門医
日本医師会認定産業医

関連したご質問

  • Web予約をする
  • お電話・クリニック一覧
  • LINE相談・予約

電話予約受付時間:10:00~23:00
診療時間:
10:00~19:00(不定休)
※一部クリニックは異なります。
LINE相談・Web予約24時間受付中

公式SNS
Twitter
Youtube
LINE